毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 アメブロ総合ランキング1位→6位に陥落がショック!?

 

 

 

ころもです。

 

麻耶さん、最後のブログ更新から丸2日経ちました。

 

どうしたのでしょうか。

ハワイ帰国後、1日も欠かさずブログ更新していたというのに。

 

アメブロの総合ランキングが1位から6位に陥落してましたね。

まさか、そんなことでショックを受けて寝込んでしまったとか?

 

それはないかな…。

こうなってくると、昨日の海老蔵さんの「病院へ」というタイトルブログがより意味深になってきます。

それとも……、まさか米倉涼子さんとの復縁の噂に機嫌を損ねたとか!?

 行事が近づくと”異変が起こる!?”

先月も、海老蔵さん一家とハワイに行く前日はブログ更新がありませんでした。

さんざんブログファンの皆さんが心配したことについて、「体調、心配かけてしまい申し訳ありません。ありがとうございます」とハワイに来てからのブログで詫びていましたが、今回もそういうことでしょうか。

 

行事に並々ならぬ情熱、執念を燃やされる方なので、今回のクリスマスの準備にあまりに集中しすぎてブログがおろそかになっているのか、あるいは、精力的に動きすぎてクリスマスを迎える前にダウンしてしまったのか。

 

ひとつ前のブログでも同じような推測をしたのですが、その推測のなかのひとつ、

海老蔵さんの「病院へ」というブログの中身がやはり気になります。

 

もしかしたら、本当に、この病院へと言うのは海老蔵さんでもなく、愛犬ラブちゃんでもなく、麻耶さんだったりするかもしれないですね。

 

というのは、海老蔵さんの場合というのは直前に髭剃りで顔も剃っちゃったといっていたから可能性はあるかと思ったのですが、その後の自撮り写真は怪我の様子はなく、絆創膏のひとつも貼っていないということ。

なので、病院へわざわざ行く必要は微塵も感じないということ。

 

そして、これが愛犬黒ラブちゃんの様子を見に行ったのなら、そのことを隠す意味がわからない。むしろ、世間の声によって病状を伝えてきた経緯から考えれば、このようにちゃんとお見舞いに行ってるし、退院は予定より遅れるが、こんな状態ですよと病状のひとつも書いてくれるはず。

 

でも、もしこれがそのどちらでもなく、麻耶さんの見舞いだったとしたら……

 

ブログには書きにくいですよね

 

病状も、ましてや理由など絶対書けない可能性が高い。

 

 

じゃあ、なんで「病院へ」と思わせぶりなタイトルブログを投稿するのかという疑問が即座に湧くわけですが、

 

 

それはいわゆる、あのときと同じなのではないかなと推察してしまいました。

 

それは、11月27日 午後3時49分 更新の海老蔵さんのブログ、タイトルは、

「まったりとしてます」の記述です。(以下、市川海老蔵ブログより引用)

朝、
友達が突発的に記憶を失った事から今日が始まり
たまたま電話した事により発覚、
これにて朝は予定全てキャンセルから始まりまして笑
今まで
アタフタな一日です。
 
しかし
たまたま電話して
そんな事になっていて
私もなんとか調整がつけられる環境の日で本当に良かった。
すごくそう思います。
普段はしっかりしている人なのに
探しに行って
見つけた時
地面に絵を描いて
ざわついていたので本当に驚きました、
世の中なにが起こるか
なにがあるか
わからない
事を改めて知りました。
 
皆が平和である事を強く望んだ朝でした。

 全ての予定をキャンセルしてでも駆けつけなければならなかった相手とは、結局、誰だったのでしょう。

たまたま電話して、とありますが、たまたま電話するぐらい気安い相手なのに、自分のその日の予定をすべてキャンセルしても駆けつけなくてはいけなかった人というのは一体誰だったのか。

 

歌舞伎役者なら、お弟子さんなり家族なり誰かしらそばにいるだろうし、同業者でシングルファーザーの大変な状況の海老蔵さんが何を差し置いても駆けつけるということはちょっと考えにくい。

危篤ならいざ知らず。

 

でも、その人がもし一人暮らしで誰も駆けつける人が見当たらなかったら?
普段はしっかりしている人といっているのは、その人の「たまの姿」ではなく、日々の姿をよく見ている場合に使う言い回しですが、それは家族じゃなくても、身内という判断をしてもいい言い方ですよね。

 

だからこそ、その日の予定の全てをキャンセルしてまで駆けつけた。

それって、麻耶さんだったのでしょうか。

 

 

ちなみに、この日の麻耶さんはブログを3回更新していました。

 

一回目は11月27日午前11時。

「幸せについて」というタイトルで、読者からの相談に「幸せは、感じるものである」などとコメントしていて特に異常は感じられない。

 

二回目は11月27日 午後3時49分。

「任務完了!」というタイトルで、幼稚園のお迎えが終わったことを報告し、無事に届けられたことにホッとする反面、緊張感ありますと報告。

 

三回目は11月27日 午後10時22分。

「献血ラジオ」というタイトルで、

12月28日をもって、9年間放送してきた献血推進ラジオ『LOVE in Action』が幕を閉じることを報告。とても寂しいとコメント。

気になるのは、三回目の長年携わってきたお仕事が終了する内容ですね。そして、偶然でしょうか、翌日はブログを一切更新していません。

 

なにか見えてくるものがあるようにも感じますし、まるでお門違いの推察をしている可能性もあります。

 

ただ、海老蔵さん一家の行事が近づくとこういった麻耶さんの不思議な「不在の気配」や「不調の気配」があるので、多くの人たちはその理由がなんであるかを各々想像してしまうんですよね。

 

そして散々心配したあとに更新されるブログでは、海老蔵さん一家との楽しい旅行や行事が待っているということがこれまでのパターン。

 

それとも、米倉涼子さんとの復縁説が記事になった日に更新をしないということが、海老蔵さんへの一番の「雄弁な抗議」だったりするのでしょうか。

 

2人にしかわからない暗黙のルールというのか、掛け合いのようなものがブログにあるように思えるので、そういうこともあったりするのか…。

 

 

アメブロ総合ランキングも黙って1位に君臨していられるほど、読者は優しくないようです。

 

デザートや夕陽の画像、ちょっとしたコメントだけで1位にいられたのも、何もかも麻央さんの功績の余韻だったことを思えばあまりにも想定内のことだらけなのですが、黙っていても多くの収入をもたらすブログに甘えすぎているのかもしれないですね。

 

海老蔵さんは優柔不断で利己主義的なところもまだまだありますが、それでも日々の生活をそれなりに充実させられるよう努力している片鱗が見られます。

 

昨日の眉間にシワの寄った珍しい自撮りで、海老蔵さんは何を訴えたかったのでしょうか。察してください、というふうに読めたのはころもだけでしょうか。

ではまた。

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら