毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

今朝も愛犬ラブちゃん報告なし!海老蔵宅に異変か

 

 

スポンサーリンク

 

 

ころもです。

 

愛犬ラブちゃんのその後の報告がないですね。

通常ワンちゃんたちというのは家族の一員かそれ以上の大事な存在のはずなのに、海老蔵さんの家ではそうじゃないのかな。

「2017/12/22」タイトルブログでは、起きがけパジャマ姿の麗禾ちゃんと勸玄くんがトランポリンの上でドリンクを飲み、その間に「ゆめちゃん」の姿があります。

 

でも、黒い、あの顔がどこにあるのかわかりにくい「ラブちゃん」は未だ不在。

本当に脱臼?

 見えるのに「見えない家庭」それが海老蔵一家

 

脱臼癖があり……ということで読者限定で入院という話は一度あったけれど、そのときには「明後日ごろには退院になるかも」といった話があったのに、その日を経過しても戻って来ている様子も、退院が遅れてしまったとの報告もない。

 

そもそも…、家にお手伝いさんの役目をしている麻耶さんのお母さんの気配がない。幼稚園も休みになったので、実家か麻耶さんのところにいるのでしょうか。

 

ただ、「2017/12/22」タイトルのブログ投稿より30分前に投稿されているタイトルの「みんなも」という言葉が妙にひっかかります。

 

みんな?

 

普通、子供2人が起きてこないなら、「子供たちも」でいいのでは?
でも子供たち以外に誰かいるのなら、確かに「みんな」という言葉になる。基本、人間2人に対して、みんな、という表現はあまりしない。

 

3人以上ならする。そんな感じから、完全に親子3人暮らしになっているというのもまた違う気はするけれど……。

 

本当にその辺の曖昧さは天下一品。

ひとつの家に何人住んでいるのかがわからない、それも日本一といっていいぐらいにブログ更新し、生活を切り売りしているとまで言われている海老蔵さんの家庭だというのに、そこに誰が住んでいているのか、何人が住んでいるのかがいつもクイズのようにわからないという不思議。

 

このミステリーが、読者を惹きつけておくのに欠かせないのでしょうね。

 

「朝飯」というタイトルでは、

とりあえずカレーっす
すまん。

とあり、大きな口をあけてカレーを食べようとしている勧玄くんの画像。そして、その下には、「ごめんな、」とある。 

大人の事情を感じますね。

 

昨日の残り物で「ごめんな、」という意味と、朝飯を準備してくれる大人が今日はいなくて「ごめんな、」という意味もあるかもだし、母親のいない人生になってしまったこと全般に対する「ごめんな、」にもとれるし、朝から「カレー」であることに「ごめんな、」なのかもしれない。

 

いかようにもとれるけれども、通常ご飯を食べさせている姿に、「ごめんな」とは言う必要はないのだから、それらいずれかの大人の事情に巻き込まれている不憫な我が子に対しての「ごめんな、」という解釈が一番近いように思われます。

 

病院へ、って、自分の用事?それともラブちゃん?

気になるのは、「病院へ」というタイトルブログ。

今日の10:31更新のものです。

 

サングラスをしているけれども、珍しく眉間にシワが寄っている海老蔵さんの自撮り画像が一枚UPされているのですが、

コメントは、

 

行ってました。
さ!
これから撮影です。

 だけ。

 

タイトルの「病院へ」があるので、病院で自撮りされたものだと推察はできますが、問題はなぜ病院へ行ったのか。

 

その直前のブログ投稿の内容で、

「少し慌てて 髭剃りで顔まで剃ってしもうた笑笑」とコメントがあるので、そのために1時間後の「病院へ」というブログタイトルになって病院へ行ったのかと考えることも勿論できるのですが、

 

顔まで剃ってしもうた笑笑、と書いてあるコメントのすぐ上にある画像から顎にちょっと手先を当てて笑っている姿はあれど、病院へ行くほどの傷なんて全く見えないし、指先で隠しているのだとしたらかなり小さい傷だし、もしそうだとしたら、別にそのために病院でどんな処置をしてもらったのか、海老蔵さんなら書きそうなものなのにその記述もない。

 

ただ「病院へ」というタイトルがあって、「行ってました。さ!これから撮影です」とだけしかないということは、これってもしかして愛犬ラブちゃんの様子を見に病院へ行ったのじゃないでしょうか。

建物の中だというのにサングラスをかけているのは、その眉間のシワの寄り方から、結果があまり思わしくなく、それが表情に出るとまずいのでサングラスをかけて撮影したとか。

 

わかりません、すべて見えている情報からの推察に過ぎませんが、ラブちゃんが戻ってきていない、入院中という事実は実際あるわけですから、病院となれば、ラブちゃんの様子見というのもひとつ候補にあげてもおかしくはないですよね。

 

近いうちにまた報告があることでしょう。

それまで待つしかなさそうですね。

 

ではまた。

 

 

小林麻耶・海老蔵 最新・関連記事はこちら