毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵マンション付近で米倉涼子目撃情報!元カノと再婚浮上か

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

小林麻央さんが亡くなりシングルファーザーとなった市川海老蔵さん。

 

そして…

 

3年前に2歳下の実業家と結婚もすぐに離婚してやはりシングルとなった米倉涼子さん。

この2人が元恋人同士だったことは周知の事実です。

 

図らずも別の相手を選び、独身に舞い戻ってしまった2人に復縁説が浮上。

さて真相はいかに?

 嫌いで別れたわけじゃない人!?

「niftyニュース」の記事に、

市川海老蔵の「再婚相手」米倉涼子が急浮上

というものが12月21日付けで掲載されていました。

 

記事の中で芸能リポーターは、

「子供やスタッフ連れで2度、ハワイ旅行をしている。12月のハワイ旅行では麻耶の両親もいました。結婚の話し合いではないかと報じた女性誌もあったほどです」

とコメント。

 

しかし、そのことは限定公開ではあっても海老蔵が再婚説を否定していると、記事は語ります。

 

前述の芸能リポーターは、

「結婚はお互いが好きかどうかの問題。いくら麻央さんが残した子供がかわいくても、それで結婚するというのはおかしな話です。やはり気持ちが向き合っていないと結婚はないと思います」

と重ねてコメントしています。

 

つまり、いくら麻耶さん子供をダシに海老蔵に攻め寄ったところで海老蔵さんにその気がないのだから再婚するはずがないでしょ、ということでしょう。

 

幼稚園の送迎や運動会だけが夫婦生活ならまだしも、子供なんてすぐに成長してあと10年もすれば早い子なら親から独立して暮らす場合もあるわけで、その後の長い人生を好きでもない人と暮らすにはあまりに不合理、不条理、不可思議ですからね、子供を思っての再婚などというのは。

 

前述のリポーターは隠し子が発覚したときの海老蔵さんの冷たい態度、あれこそが海老蔵さんの真の姿だと思っている人は未だに多い、とも記事の中で語っています。

 

逃した魚は大きかった!?

海老蔵さんは小林麻央さんと結婚する前は社長令嬢と交際をしていたと言われてましたが、それ以上にふさわしい人物の名前が出てきたといい、それが

 

海老蔵さんの元カノ、米倉涼子さん

 

だと週刊誌の女性記者はいいます。

「海老蔵は米倉に未練があるままフラレたので、再び結婚を申し込む可能性はあります。米倉の性格だったら隠し子のことも気にしないでしょう」

 

確かに12月6日の『日刊大衆』では、米倉さんは捌けた性格の女優なので、海老蔵さんと別れた後も近況報告し合う”友人関係”だと報じていました。

 

それでも「2人の子供らと暮らす部屋に上がり込むというのはないと思う」と言いながら、今のマンションが3年前には米倉さんが結婚の新居として住んでいたマンションと同じであることも含め、不思議な縁があると語るのは芸能プロダクション関係者。

 

わずか2か月でそのマンションを結婚終了と共に後にした米倉さん。その米倉さんが今年の2月末から住んでいる市川海老蔵さんの渋谷区の高級マンション付近で最近目撃されているのだと、今度は写真誌の記者が語ります。

 

もちろん、あれほど利便性のいい高級マンションなので芸能人同士が同じマンションの住人であったり、たまたま恋人同士が前後して住人になるということも皆無ではないでしょう。

 

ただいっぽうで、東京には沢山のマンションがあるため、その気になればいくらでも違うマンションを選び出すことはできる。

 

そういう観点からこの記事を読んでいけば、恋人同士ではなくなった後も、いろいろな面で互いが連絡をとることがあり、たとえば、プライバシーが守れて自然豊か、公園にもそのままマンションから行けるようなところはないかなと海老蔵さんがもし悩んでいたら、あるいは相談をしていたとしたら、米倉さんが「2か月しか住んでいなかったけど」あそこは便利だったからオススメかもとアドバイスしてもおかしくないし、そうでなければなかなかピンポイントで元恋人同士が入れ代わり立ち代わり同じマンションの住人になるというのもなかなかないかもしれないですね。

 

いずれにしろ、歴然とした事実は2人は元恋人だったということ。

そして、今現在は結果としてふたりともまた1人に戻ってしまったということ。

2人とも第一線で活躍していて、世間的にも注目度が高いこと。

何より、襲名までに再婚の必要を周囲から迫られている海老蔵さんの現実が差し迫っているという現実があるということ。

 

ぶっちぎりの独り勝ち状態だった『ドクターX』の成功もあって、今や米倉さんの女優としての存在価値はうなぎのぼりですが、一方では昔よくライバル視された藤原紀香さんが梨園に入り、その妻として活躍している姿も耳にはしているでしょう。

 

また、梨園の妻になっても人によっては女優業を継続できるという姿も知ってしまったとなっては、気持ちに多少の変化が出てくる可能性もある。

 

そこにきて、嫌いで別れたわけじゃない海老蔵さんが妻を病気で亡くしシングルになったということが加われば、どちらかが積極的にアクションを起こそうものなら、それこそ焼けぼっくりに火がつくという可能性も全く絵空事ではなくなる。

 

そう、ころもは思います。

 

麻耶さんは徹頭徹尾、都合のいい、子供たちにとっての優しい伯母様。恋愛、ましてや結婚は海老蔵さんは自分が決めるといっているのですから、なおさらですね。

 

ではまた。

 

(参考元:日刊大衆、まいじつ、nifty)

 

 

小林麻耶の最新・関連記事はこちら