毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵「麗禾はなんだか色っぽくなってきてる」の危険度

 

 

スポンサーリンク

 

 

ころもです。

 

精力的にテレビ出演を果たしている海老蔵さん。

まるでハワイ旅行の罪滅ぼしのようにすら見える活躍ぶり。

 

もちろん最初から入っていた予定でしょうから、現実はその逆で、これだけの予定があるから今のうちハワイに行かなきゃという遊び方なのでしょうが、とにかくわかりやすい人です。

 

麻耶さんの生活感のない、人生の表層的な部分しか語っていないブログに対して、カレー作りや庭の水撒きなど、多少は生活感を匂わせている分、海老蔵さんのブログは麻耶さんの読者数が着実に減っているのとは対照的に僅かずつですが増えていますね。

応援ということじゃなく、興味本位の読者登録が多いだろうとは思いますが。

それにしても、そろそろ麗禾ちゃんをブログに出すのはやめたほうがいいのでは?

 父親が娘に使う言葉じゃない、気持ち悪すぎ

 

正月番組があるためかシングルファーザーぶりを発揮している海老蔵さんブログ。

今朝は得意料理となったカレーライスやら、風邪をひかないための特製スープを作ったりと、結果はどうあれ挑戦はしているようですね。

 

それに比較して麻耶さんは根性論や理想論ばかりで、一向に地に足がついてないような浮遊感漂う、グルメブログときらきら語りばかり。

 

それは一週間で600人以上もの人が読者登録を「解除」してしまうわけです。着実に、砂時計の砂がおちるように読者数がじわじわと減ってきていますね、麻耶さんのブログ。

 

所詮、麻央さん経由の暫定的なブログ観覧だったわけですから、麻央さんが大事にされていない、麻央さんのことや、ガン闘病に役に立つ何も書いてないブログですし、長居は無用ということなのでしょう。

実際、たい焼きやら、怪しげな本の紹介やら、言っていることは立派でも、行動の稚拙さが悪目立ちするばかりのブログになってますね。

 

それでも少しでも海老蔵さんに愛された妹の特徴を真似しようとしている努力は垣間見れます。それもだいぶ顕著に。

 

とうとう髪も伸ばしはじめましたね。

麻央さんはロングヘアのイメージなので、そこも真似ていこうかということなのか。

 

とここまで書いて、ハタと気づきました。

脱線してますね、話が…。

 

今朝の海老蔵さんのブログ、タイトル「麗禾はなんだか」の中に麗禾ちゃんが膝を開いた状態で座っている画像が一枚。

 

そして、

 

麗禾はなんだかいろっぽくなってきているような……

 

という海老蔵さんのコメントが入っているのですが、これって、そろそろ気をつけて欲しいなと。

 

続けて海老蔵さんは、

気のせいであってほしい。。。
親心、

と、語っていますが、これってどういう意味でしょう。

 

娘、麗禾ちゃんはまだ6歳ですよね。

これを世界に発信しますか。

 

世間を賑わすさまざまなニュースをまるで他人事だと思っているのがわかります。

父親が娘を女性として見ていると思えてしまう「色っぽい」という言葉のチョイス。

 

そういう眼で世間に見て欲しいのですか、麗禾ちゃんを。

どこの誰がどんな目的でこのブログを見ているかわからないのに、小さい女の子が大好きな危険な人物など1人としてこの日本には住んでいないとでも信じてますか。

 

気をつけましょうよ。

 

海老蔵さんが麗禾ちゃんの画像をUPしなければ、

海老蔵さんが色っぽくなってきたといわなければ、

 

もしかしたら誰にも気づかれることなくスルーされて安全だったかもしれない日常が、不如意な親の一言で危険にさらされるかもしれないことを、もっと真剣に考えたほうがいいです。

 

危機意識のかけらもない!?

 

悪い人間ばかりじゃない。

そんな眼で見るほうがいやらしい。

 

そうですか。

そんなにこの人間社会は性善説で成り立つ出来事、人ばかりでしょうか。

 

危機管理というのは、人が善人であることを前提に作ったのでは意味をなさないんです。もしかしたら…の、危険な場合を想定して、それに備える。それこそが危機管理の真髄ですよ。

 

釈由美子さんがブログに子供を掲載する危険を考慮した記事を読みましたか。あれですら遅い判断ですが、それでもまだ気づいただけ良かった。

 

麗禾ちゃんは来月には舞台にも立つほどに成長しているわけです。

好きな男の子だっているかもしれない。

 

寝起きのボサボサ頭や、親が画像UPしなければ決して見られることのないパジャマ姿など、本当に子供を愛する人なら、自分の利益以上に子供の不利益について先に考える賢明さが欲しいものです。

 

また余計なこと言っちゃいましたかね。

 

ではまた。

 

小林麻耶の最新・関連記事はこちら