毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 ブログ読者離れ加速も相変わらずの頂きもの自慢!?

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

もうね。

どうしたらこんなに中身のないブログしか書けないのか、不思議ですよ。

 

これじゃ、麻耶さんのブログ読者がじわじわ減っていくのも納得です。

 

こんなこと、世間に発表する意味がわからない。自慢ブログ、商品カタログとして観るなら一見の価値はあるかもですが、それにしたって情報量がなさすぎ。

 

昨日の麻耶さんのブログは、とうとうゴディバのチョコレート自慢だけになってしまいました。

 はいはい、お高いチョコレートですね

昨日の麻耶さんのブログは、

尊敬している女性の方から
クリスマスチョコレートを
いただきましたー!!

 というコメントと共に、赤い箱にリボンがかかり、中央に”GODIVA”と書かれた外箱の画像と、蓋を開けて中のチョコレートが見える状態の画像の2枚が掲載されていました。

 

これ、レンヌ ドゥ ノエル アソートメント 

といって、13粒入ったお値段が税込みで3,999円のチョコですよね。

ひと粒、300円弱のチョコレート。

 

今時は珍しい値段じゃないし、クリスマスバージョンなので普段用とは違うといっても、わざわざ載せる必要があるのでしょうか。

 

そりゃぁ、載せてもいいですよ、究極は個人ブログですからね。

 

でも、”やっつけ仕事、やっつけブログ” なんだなといかにも感じる、面白くもおかしくもないブログだと、つくづく感じました。

 

それは読者も砂時計のように1人抜け、2人抜けと減っていくわけです。ここ数日だけでも200人以上の読者が読者登録を解除しているようですね。

 

少ないように見えても、チリも積もればで、気がつけば「あの人は今」状態になるかもしれない。

もちろん、本人も多少の危惧はあるでしょう。

だからこそ、堀越一家との接点を失いたくないと必死なのでしょうから。

 

ただ………

 

海老蔵さんは麻耶さんが思っている以上に、ビジネスライクな方だと思います。麻央さんを愛していたということに嘘はないと思いたいですが、「美しいものが好きです」と最近のブログの中でも言っていたのが忘れられません。

 

なぜって、

 

麻央さん自身が病気で次第に痩せていき、髪が抜け、自分自身もその姿を見て悲しみに襲われるほどの状態の中にあって、「美しいものが好きです」という価値観の海老蔵さんの麻央さんへ対する感情、愛情がどう移り変わっていったかが何とはなく想像できる気がするから。

 

赤の他人で一面識のないころもですらそう思うのですから、夫婦として日々ともに暮らした麻央さんは、夫、海老蔵さんのわずかな心境の変化にも敏感になり、何かを気づいていたかもしれないですね。

 

美しいものが好きな夫

 

それを維持しつづけられない不可抗力の中にあった麻央さんの闘病生活。

なんだか…切ない。

 

話は麻耶さんが頂いたというチョコに戻りますが、チョコの箱と中身の画像のあとは、

 

実は、お店で見て、
このGODIVAのチョコレート
食べたかったんですッ。

う、うれしい。

 とコメントして締めていました。

 

たったこれだけの情報ですが、いろいろ読み取れますね。

 

尊敬していた女性が、東京の数え切れないスイーツの店の、麻耶さんがたまたま食べたいと思っていたチョコレートをドンピシャリで贈ることは、まず、不可能に近いです。

 

でも、

 

麻耶さんが「クリスマスプレゼント何が欲しい?」と言われて、

GODIVAの レンヌ ドゥ ノエル アソートメント  が前から食べたいと思っていたと話したら?

 

それは欲しかったチョコがどんぴしゃり手に入るでしょうね。

 

あるいは、

 

その尊敬する女性とその店に行き、「これ、食べたいなぁ」とピンポイントで口にしたなら、それをプレゼントされる可能性はあります。

 

何が言いたいのかといえば、

 

これ、偶然プレゼントされたものじゃないだろうな、ということ。
事前に何らかの情報、先述したような「チョコレートの名前の告知」、あるいは「同行した際に、これ美味しそうとかそういったピンポイントの言葉」がなければ、なかなか広い東京で、その人が食べたいと思っていたチョコレートを贈ることはできないという推察です。

 

おねだり、したのかな?

 

それとも、相手の考えていることが映像で見えてしまう凄い人だからこそ、

その女性を”尊敬している”? のかな。

 

無邪気な投稿のようで、非常に怖い内容に読めました。

 

ではまた。

 

小林麻耶の最新・関連記事はこちら