毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 白々しい!?壁の蝶の絵を見て「応援してくれていますね」

 

 

ころもです。

 

なんていうのでしょうか。

この方からは生活感というものが全く感じられない。

 

食べるものはデザートや外食。

何も生み出さない、何も創り出せない。

 

全て表面的な「見た目」だけを磨くことに終始しているように見えるのは、浅薄過ぎる判断でしょうか。

 やはりブログが生活の柱か!?

本日、麻耶さんはすでに4記事更新。

二度目のハワイ旅行へ行く前とは大違い。

 

一体何があったかと振り返り外野にわかることといえば、芸能界復帰もできず仕事がほとんどない状態のため、ブログが生活費を稼ぐ生命線になっているという記事が『女性セブン』に掲載されてからのいきなりの変化ということぐらい。

よほど悔しかったのか。

それとも暴露されてしまったなら隠す必要もないと思ったのか、週刊誌での暴露以来、海老蔵さんに追いつけ追い越せの勢いでブログ更新しています。

 

しかし、そのブログ内容は似て非なり。

 

海老蔵さんは優柔不断だし、ブログも信じられないぐらいの細切れで内容も他愛ない薄いものだけれども、まだそこには「生活の断片」「生活の匂い」がある。

 

けれどもそれが麻耶さんには全くといっていいほどない。

 

あるのは、自分に少しでも批判的な人々へ対する挑戦状のような言葉の羅列や、外食や加工して目と口以外の輪郭がわからないぐらい光を当てた自撮りばかり。

 

十代二十代前半なら、それでもまだ何とか見逃してもらえるでしょうが、今日の3本目のブログタイトル「終了!」では、これでもかというほど両眼を見開き、アヒル口をした姿をアップ。

アプリで髪にスマイルマークを耳にみたてたような光のカチューシャをつけ、両眼のサイドには星型のマークをプラスして目が大きくなったのを強調。

 

なるだけ謎を多くするほうがブログアクセスが増えるという手法を誰から教わったからなのか、久々に入った仕事の内容をもったいぶって話さない。

いよいよブロガーへの道に向かってる感じですね。

 

今さらそんなこと言っても…

本日二度目のブログタイトル「あ!」では、メイク室の壁に描かれている白い蝶々を画像アップし、

 

メイク室の壁に蝶がいました♡
応援してくれていますね!

 

とコメント。

 

はぁ? 応援!?

自分の旦那さんと二度もハワイに行く姉の何を応援すればいいのでしょう。

どんな奇特な人間なら自分が愛してやまなかった夫といつまでも離れようとせず、ハワイでもマウイでもついていく姉を応援できるというのでしょう。

 

麻央さんは、そこまでのことを恐怖の思いで想像はしていたでしょうが、応援はおろか、どうにかして自分亡きあと、この姉が自分の旦那さんを諦めてくれるかを苦しいなか考えあぐねていたのじゃないでしょうか。

 

お姉ちゃんにはお姉ちゃんの人生があるんだよ

 

と言った麻央さんの言葉は、間違っても私の旦那さんや子供と一緒に暮らしてね、生きてね、という言葉じゃない。

 

そこだけはやめてねと、そう聞こえてならないです。

 

ではまた。

 

 

小林麻耶の最新・関連記事はこちら