毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 ついにブログで悪女宣言!?「人生がまた変わります」

 

 

ころもです。

 

帰国の飛行機の中でしょうか。

麻耶さんがブログを更新しました。

 

完全に開き直った感じです。

 

そのブログ内容を読む限り、悪女宣言としか思えない内容でした。

その内容とは……

 これは海老蔵との未来への伏線か

麻耶さん、何かが吹っ切れたようですね。

悪い意味でパワーアップしています。

 

昨日もこれまでになく大量のブログ7記事更新。

「何か気持ちに大きな変化があったな」と思い、それを昨夜のブログにころもは書きましたが、今日のブログはちょっと怖くなるほどの吹っ切れ感、開き直りを感じました。

 

「旅」と題した今日のブログの中には、夕陽の写真が5枚。そのうちの最後の2枚は麻耶さんもシルエット状態ですが映っています。

 

それはいいとして、今回、自然の中に身を置いた麻耶さんは「脳がオフになり、直感が冴え いろいろなことが見えてきます」とコメントしたかと思うと、

そして、旅の前に読んだある本のお陰で、
また新しい自分に出会うことができました。

 と意味深なことを述べ、

その、”旅の前”に読んだという(←ここがポイントか)本のタイトルを紹介。

 

悪魔とのおしゃべり』楽しかった。

 

とコメント。

 

 

 

『嫌われる勇気』以来、久々に
ガツーンとやられました。

 

しばらくはこの本に
私の人生をひっぱってもらいます!

 

悪魔とのおしゃべり? タイトルからしてもう嫌な予感しかしないですが、あとで見てみようっと。

どんどん危ない方向へ行っている感じがしますね。ほんと危険。

 

しかし、怖さはこれからです。

 

正しさが大好きで
正しく生きたい
正しい人になりたい

そう思って一生懸命生きて来たのに…

 

怖い、怖すぎる、次になにがくるの〜〜

 

私のその強いこだわりは、
むしろ全く必要ないものだと
衝撃を受けました。

さとうみつろう氏、ありがとう。

ぇえっ!

なんでそうなるわけ。

要約してしまうと、正しい人で生きようと思っていたけど、や〜めた!ってことですよね。

行き着くとこまで行った感じですね、心が。

締めはこの言葉です、

この本に出会えたおかげで、
人生がまた変わります。 

もう、麻耶さんに怖いものなど何もないという感じですね。

旅の前にこの本を読み、正しい人であることをやめた麻耶さんは背徳の旅に出たという解釈がどうやらできそう。

そして、また帰りの飛行機の中でこの本を読み返したのか、あるいは反芻したのでしょう。

今度は、この旅に非難轟々の敵地日本に上陸する前の心構えとしてこの本を改めて読み返したのかもしれません。

 

この本のトップレビューが危険すぎる

 

どんな本なのかと、チラ見しました。

読んだ人の感想を見てみようと、トップレビューを読んだのですが、これは非常に危ない本のように思います。引用します。

 
 
2017年11月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、事実や史実とミックスするような感じで著者の思想
(著者自身が「私はこう思います。こう解釈します。」という
内容)もちりばめられているので、思想的な部分をひとつの
"考え方"(こういう考え方もあるんだねぇ。)と受け止められる
ぐらい成熟した方であれば問題ないと思うのですが、著者の
考え方が"正しい"と勘違いしてしまわれるような方にとっては、
危険なだなぁとは思いますね。。。


地位も名誉も財産も手に入れ、世間的に「成功者」と言われる
ぐらいまで成功したにも関わらず、「なのに不幸なのはなぜ?」
みたいに感じている人が読めばおおいに薬になる気がします。


もしくは純粋なエンタメとしての読み物として読むかですね。
エンタメとして考えれば、
ちょうど2時間ぐらいで読み終わって、映画1本分ぐらいの楽しみ
と考えれば、非常に良書ではないかと思います。


けれども、子供さんや(私のような)大人でもまだまだ未熟な方が
読むと、「勉強しなくてもOK、仕事しなくてもOK、人傷つけ
ても、迷惑かけてもOK」みたいな、単なる自己弁護と怠けの
道具に使う可能性があるのでお勧め出来ません。


参考までにですが、この著者の本ではないのですが、
私は数年前にこの本と共通点が多く感じられる本やセミナーに
はまり、自分が未熟だったばっかりに、短絡的な思考で会社を
辞め、自由人として好き勝手生きた結果、大変な目(最終的に
損害賠償請求され100万円支払う事で解決に至りました)
にあいました。(大いに反省して、今は社会復帰の途中です)


もちろん、あくまでも自分が未熟なための結果です。
この著者の本の影響ではありませんし、この本の著者がそんな
生き方を推奨している訳でもないと思います。私はそのぐらい
バカだったという事ですが、私みたいなのバカが読むと、その
ぐらい悪影響が出る可能性はゼロじゃないだろうなぁという感じ
はしますねぇ。。。

私みたいなバカが世界で私だけならいいのですが。。。

 

他にも、ここでは書けない内容が追記として書いてありましたので、
怖いのでここで止めておきます。
興味のある方は、上記レビュー以外のものも読まれるといいかも
しれません。

 

麻耶さん、この先どこまでいってしまうのでしょうか。

 

頭痛がしてきました。

では、また。

 

小林麻耶の最新・関連記事はこちら