毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵誕生日に日テレのリンゴマン登場!?疑惑も取材?

 

 

 

ころもです。

 

12月6日は海老蔵さんの誕生日。

けれども時差がありますから、まだ誕生日前日ということになりますか。

妻でも恋人でも妹でもない義理の姉の麻耶さんが、親子水入らずの早朝散歩に同行していたようです。

それともkoyumiさん?

いやいや、それは変、やはり麻耶さんだと考えるのが妥当でしょう。

少し先を歩く麗禾ちゃんと海老蔵さんの後ろ姿、つながれた手が大写しになっている画像。まるで打ち合わせされているかのような構図。

そんな役目を麻耶さんがいてkoyumiさんに頼むことは考えにくいし、麻耶さんが同行していないのにkoyumiさんだけが麻耶さんや勸玄くんをホテルに残し、海老蔵さんと麗禾ちゃんに同行して撮影というのはさらに考えにくい。

麻耶さんでしょうね。

もう、伯母さんの領域を越えすぎて一周回って戻ってきた感じぐらいの密着感です。

 日テレのカメラマン、リンゴマン登場!

今日の海老蔵さんのブログの中にある「遠路はるばる」というタイトルの中で、

遠路はるばる

リンゴマン

ご苦労様です

 ということで、そのリンゴマンなる人がハンディカムのカメラを持っている画像がupされていました。

 

この方、何度か海老蔵さんのブログに登場していたのでわかったのですが、日テレのカメラマンのようですね。男性です。

 

このハワイ旅行も密着されていたということでしょうか。

それとも誕生日目前にハワイ入りか。

 

もしかして海老蔵さんたちがハワイ入りしてから実はずっと密着していた!

 

ということなら最高ですね。

 

koyumiさんが隠れ蓑になるかも!?

 

このリンゴマンという方は何度か海老蔵さんのブログに登場してますから、よくも悪くも麻央さんがいたときの状況と、いなくなったときの状況の両面を見ているわけですよね? だとすれば、いろいろ個人的に想う、感じるところがあることでしょう。

 

最愛の妹と豪語していた姉が、今や妹の旦那と常夏のハワイ諸島を島から島へ移動しついてくる。家族同然に、それこそ妻同然に過ごしはしゃいでいる姿を目撃したら、非常に複雑な想いにとらわれるのじゃないか。

 

その後のブログでリンゴマンが海老蔵さんの宿泊しているホテルの部屋に入って椅子に腰掛け、カメラを握っている画像が出てきました。

 

ブログタイトルは「そしてバカンスですがお仕事」。

 

三十代最後の日、あと少しで四十代突入の海老蔵さんに密着ということなのでしょうが、せっかくそこまで出向いているのですから、麻耶さんがどんな状況なのか、しっかり取材をしてもらいたいです。

 

それにしても、

 

どこの世界に姪っ子甥っ子が可愛いからと、ハワイくんだりまでついてきて、それが当然のような顔で楽しむ伯母がいるでしょう。

 

亡き妹の旦那さんを人生の柱、目標、目的にしているなんて……怖すぎる。

 

物理的に可能でも、それをしないところに人間の知性と理性と美徳があるのに、そんなものはこの刹那的で享楽的なオバには通じないのでしょうね。

 

三十代最後の日、四十代最初の日。

 

その節目となる日、節目となる場所に、麻央さんじゃなく、全く無関係といってもいい義理の姉が当たり前のような顔でいることの不可解さ、不自然さが改めて感慨深いです。

 

麻耶さんはどんな誕生日プレゼントを用意しているのでしょうね。

義理の姉がどんな行事にもからんでくる。

 

伯母さん最強説、実行してるなぁ。

ではまた。

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら