毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶マウイ島から満面の笑み!同じホテル宿泊を画像で主張

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

麻耶さん、海老蔵さんたちと同じ場所にいます!と言いたくて言いたくてたまらなかったようですね。

本日、3本のブログを更新。

 

その最後のブログでは、

カモフラージュのように日本からわざわざ呼びだしたkoyumiさんと、それはそれは嬉しそうな笑顔のツーショット画像をup!

 

koyumiさんが画面右手前で大写しになっている後ろで画面中心といっていい場所に満面の笑みで映っています。

麻央さんがいなくなってから、本当に楽しくて楽しくて仕方ないという笑顔が続いてますね、行事も。

「繊細」…… なるほど。

 わざわざそこに置く神経がすごい!

 

繊細どころか、とにかく根が勝ち気なのでしょうね。

 

一緒にハワイ旅行をしていることも、その後マウイ島(おそらく)移動にも同行していることも本当は言いたくて言いたくてウズウズしていたので、海老蔵さんが自分たちの仲を噂されていることを否定した途端、タガが外れたようにこれみよがしの画像をupし始めています。

 

一番わかりやすかったのは、

 

朝、宿泊ホテルのテラスで勸玄くんが座っていた、そのホテル独特の柄といってもいい幾何学的な柄のクッションののっている白い一人がけソファと全く同じソファを、自分の本日2個めのブログ「穏やかな時間」に画像upしていること。

 

ソファだけではさすがにあざとすぎると思ったのか、どうでもいい、ホワイトトリュフ味のポテトチップスの袋をクッションの上に載せるという演出つき。

 

これ、相当ですよ。

 

ポテトチップスの袋に印刷されている「CHIPS」という文字が、「挑戦状」という文字に見えたほど。

 

「ポテチも、絵になります!」

食べ物を人物なしで、わざわざ勧玄くんが座っていた同じソファに乗せて写真撮影。そして、ブログを見ているみんなに自分は今も同じホテルですが、何か? と言わんばかりの画像をご丁寧にupするのですから、「繊細」という言葉とは真逆の神経ですね。

 

大した方です。

 

海老蔵さんのことが好きというより、そんな自分が大好きということなのでしょう。

本当に相手のことが好きで大事なら、その人の商売に傷がつくような素行はとらないはず。自分がいちばん大事なら、やりたいことをやる! 他人に嫌われようと批判されようとも、とブログで以前公言していたとおりの行動もおかしくない。

 

クリスマスも一緒でしょうね

 

海老蔵さん、最後のクリスマスを一緒に過ごせなかった麻央さんのブログの内容に対し、

 

うん。

そうだね!

皆んなでクリスマスしようね。

麻央と共に過ごせているようなクリスマスにしたい。

そう思っています。

 

と、伏線をはるようなコメントをしていました。

 

また!? 

 

義理の姉、麻耶さんも一緒に参加すると予告しているのですね。

 

これはもう……、

 

麻耶さんが誰かと結婚でもしないかぎり半永久的に続くでしょうね。

なんやかやと言い訳して、ずっと行事を家族同然に楽しむということなのでしょう。奥さんでもないのに、麻耶さんが結婚しないばかりに、仕事も激減で暇すぎるがゆえに全ての行事に参加できてしまう。

 

いつぞやの週刊誌で、海老蔵さんが子供たちが麻耶さんの人生のすべてのようになっていることを懸念していて、その距離感に悩んでいるような、そんな内容のものがありましたが、これはもう抜け出せない状況に入り込んでいるとみました。

 

クリスマスも一緒に過ごせることがわかり、なおのこと嬉しさあまってハワイ同行とわかる写真を解放感たっぷりにupしたのでしょう。

 

結婚はしない。伯母だから。

同居は時々する。伯母だから。

 

最強の立場ですね、少なくとも麻耶さんにとっては最高の”武器”、その名は「オバ」。

 

オバは最強!と、

姪甥にいつの日かほんの少しでも
思ってもらえたら
こんな幸せなことはないです。

 

 10月のブログの中で麻耶さん本人が、そうコメントしていましたね、そういえば。

まさにマウイで、その想いを噛み締めていることでしょう。

 

ではまた。

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら