毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 裏切り旅行でも「キャハ♡」海老蔵とハワイに笑い止まらず

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

とうとう、◯◯の皮が剥がれました。

麻耶さん、自分のブログに笑顔全開、「キャハ♡」と、同じブログ収入up仲間であるヨガトレッチのkoyumiさんと登場です!

 

その行間から漏れ出す喜び、解放感、ヴィクトリー感!

麻央さん、見てますか。

姉の麻耶さんがあなたのご主人とハワイでこの世の”常夏”を満喫中ですよ!

 あの手この手で海老蔵さんから離れない怖さ

帰国後のこともさすがに視野に入れ、koyumiさんを日本から呼び出したのでしょう。どこに誰の眼があるかわからない。

 

文春か、新潮か、フライデーなのかフラッシュなのか。

 

きっとどこかで記者は虎視眈々とそのときを待っているはず。忖度するのは時期だけで、あとは事実集めに余念なく。

 

そんなところじゃないでしょうか。

 

あの方に、会えましたー!!

 しらじらしいですね。

つい先日、高級ホテルのレストランで誕生祝いをしてもらったばかりじゃないですか。日本ですぐにも会える二人がわざわざ時差のあるハワイで合流する意味があるわけない。

あるとすればアリバイ作りか、体裁づくり。

海老蔵さんの追っかけと思われないように、新たな既成事実を構築するためでしょ。

 

ほんとに、女性が一番キライなタイプの人ですね、いやいや、男性でも知性と理性のある人はひっかからない、そういう人には真っ先に遠慮されるタイプです。

 

遺族なら何でも許されるとでも?

不謹慎、非常識きわまりない、亡き妹の旦那との婚前旅行まがいの2度のハワイ旅行

それでも麻耶さんを応援する人々は、「遺族の気持ちに寄り添って」「身内が亡くなったんだから気晴らしも大事」と擁護し続けるのでしょうか。

 

この世に生きている人間は時間の長短の違いがあるだけで、すべからく「誰かの遺族」ですよ。

 

遺族だからこそ、今があるんです。

たった一人で生まれて、関わる誰も死ななかった人間なんてただの一人もいない。だからといって、それを理由にやりたい放題、好き放題やっているかって話です。

 

 
あの方に、会えましたー!!
ゆ、ゆ、ゆみお ぉぉぉー!
爆笑してる笑
 
そして、振り返ったら、
撮られたぁーーーーーー!!!

 

いつもの麻耶さんにすでに戻ったようですね、このコメント。

 

光源がありすぎて眼と口以外は見えない自撮り画像をup。

自然の女優ライトを浴びて、シワも何も見えなくなっているので満面の笑みです。

 

麻耶さん、ハワイに行ってから撮りたくて仕方なかった自撮りをupできて本当に嬉しそう、ついでにいえば、麻央さんの闘病から解放されたことに心底喜んでる感じ。

 

大好きな海老蔵さんがシングルに戻り、麻央さんが残した子供たち二人ももれなくついてきて、婚活も妊活も飛び越えて飛びまくって、笑いが止まらないのでしょうね。

 

笑っていればいいですよ、ずっと。

 

歌舞伎も滅ぶでしょう。

伝統芸能なんて、今回の日馬富士暴行事件と同様でろくなものじゃないということがわかったのだから、なくなったって全く生活に支障もない。

 

まじめな話、海老蔵さんも麻耶さんもこの先どうしていくつもりなんですかね。

再婚なんてことになったら、世の中にどれだけ人間不信とふしだら感を撒き散らすことになるのか。

 

「感謝」という誰にでも受け入れてもらいやすい言葉で裏切りの二日間を乗り切ったあとは、これですよ。
 
これが本当の心、姿。
 
海老蔵さんがいくら川の字で寝たと疑念を晴らそうとしても、穴のあいたバケツに必死で水を入れているようなもの。
 
情報がダダ漏れです。
 
同じホテル、そしてもし同じ部屋だとしたら、これはもう今井絵理子さんや山尾志桜里さんのように法的に言い逃れができない、一線を越えたか超えないかレベルじゃなく本妻から訴えられるレベル。
 
ただ一番のネックは、訴えるべき本妻の麻央さんがすでにこの世にいないこと。
 
だから「キャハ♡」なのですね、麻耶さん。