毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

ものまね王座決定戦 クリカン「似てない」要らないの声続出

 

 

ころもです。

 

「ものまね王座決定戦」。

年末を感じさせる番組のひとつですよね。つい、観ちゃいました。

 

それにしても新しい人というのか、知らない人がいつのまにか増えていてびっくり!

しかも上手い!

 

だからなおのこと、クリカンの重鎮ぶりがイタイ。

ルパン三世の名残のある声が誰の真似をしてもチラリ出てしまうのはまだいいとして、奥さんへのモラハラが「とある番組」で放送されてから大嫌いです。

 ミラクルひかるに一番笑わせてもらった

いわゆるモノマネ四天王という人たちがだいぶ減って、すごく風通しがよくなりましたね、あの番組。

 

コロッケにしても清水アキラにしても、あまりにもネタが古くてちょっと観ていて辛いんだな、これが。歌も知らないだろう審査員が愛想笑いをしているのを観るのはさらに辛い。

 

お笑いっていろいろ楽しみ方があるけれど、「きっと面白いんだろうな」と考えさせるようなお笑いはやはり「面白くない」。

 

そういう意味では全力でおかしかったのが個人的にはキンタローの荻野目洋子と、ミラクルひかるの工藤静香だったな。

 

ミラクルひかるは本当に上手い。

そして面白い。

 

デフォルトの加減が絶妙だし、そもそも歌が上手いから安心して観ていられる。お腹を抱えて笑えたのは無条件でミラクルだったし、キンタローだった。

 

少なくとも昨夜はそう。

 

意外にもといっては何だけど、忙しすぎておざなりになるんじゃないかと思われた「みやぞん」が上手だったこと。

 

山崎アナとおばたのお兄さんはどうなる!?

 

ありえない絵面はやはり、山崎アナとオバタのお兄さんのツーショット。

 

あれ、やりにくくないのかな本人たち。

 

たとえ本人たちが「大丈夫です」といっても、周囲はきつい。

視聴者だって眼のやり場に困るというのか、何を見せられているんだろうという気になってしまう。

 

でも、当の本人たち、それも山崎アナが平然として司会をしたり、見守っている姿を見ていると、

 

時代は変わったな〜

 

と思うばかり。

 

それにしてもですよ。

優勝は物申したい。

 

エハラマサヒロさんが最後に歌い結局優勝したわけですが、似てましたか!?

 

似てなかったのにな〜〜、ミラクルひかるのチャラのモノマネのほうが秀逸だったけど、これって順番マジックか。

 

サイモンとガーファンクルのモノマネをした人たちも凄く良かったけど、決勝にも残らなかったのは残念。

 

何より審査員がどれだけ元の歌手や歌を知っているのかが甚だ疑問。

板野友美さんも昨夜は審査員になっていたけれど、どれだけ元の歌をわかって審査しているのか。

 

小林幸子さんのモノマネをした君島遼さんや、ビューティーこくぶさんをこれからは特に注目していきたいかな。

 

クリカンさん「似てない」の声がネットで続出も納得のレベルの高い「ものまね王座決定戦」でした。

 

山崎アナ、これでオバタのお兄さんと別れたらどうなっちゃうのかな…

余計なお世話か。

 

 

hachako1.hateblo.jp