毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 寝坊で仕事ぎりぎりでも自撮りupってどんだけ

 

 

 

ころもです。

 

麻耶さん、弱そうでいて凄くタフですよね。

麻央さんが亡くなってすぐに自分の誕生日をお祝いしてもらっている事実がありながら、まるでそんなことがなかったかのように四ヶ月遅れでお祝いしてくれた友人を褒め称え、感謝、感動。

 

普通、命を差し出してもいいと思える最愛の人がなくなって翌月に、自分の誕生日があるからといって嬉々としてやりますか。

沈んだ気持ちでやったのよ、と仮に弁解されても全く説得力なし。

とてもではないけれど食事が喉を通らない、虚無感で虚脱状態になってしまう。

ま、確実に個人差の問題だけど…

 そうまでして顔を出したい

麻耶さんの昨日のブログは、大寝坊ということでいかにドタバタだったかということが綴られていました。

 

更新は夕方17時15分。

 

koyumiさんに誕生会を祝われて、次はクリスマスだとばかりに人生を謳歌する意味を履き違えて世間に叩かれ、炎上しまくっているというのに、この方にはそういう世間の空気など無関係ということです。

 

実際、批判や嫌われることを気にしないで生きていこう的なことを最近ブログ投稿したばかりですから、仕方ないというかこんなものでしょう。

 

姪っ子甥っ子に依存しすぎている麻耶さんをもてあましていると言っていると解釈していい「女性セブン」の海老蔵さんに関する記事があったのに、その記事が薄れぬさなかにもう海老蔵さん宅でクッキーを作ったり、またお留守番伯母さんになっていたりする。

 

もう、つける薬はないということでしょうか。

 

呆れる

 

それしかない。

本当に、どうかしてる(友近風に…)

 

話は寝坊に戻って、12時間も眠っていたらしい麻耶さんは12時出発予定だったのにマネージャーからの電話に気づいたのが12時20分。

 

「今までの人生で一番はやい準備でした。笑」

 

とコメントし、なんとそんな最中であるというのに左手のおでこに手をあて、前髪をヤワラちゃんのように結い上げおでこを出して困った顔の自撮りをup。

 

こんなときに出さなくていいですよ、仕事急いで下さいと思うのですがどうしても出したいのですね、自撮り。

 

13時開始の仕事に何とか間に合ったようですが、なんとも不思議な方です。

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら