毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶まるで失恋タイム!?リア充で淋しさ補充か

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

麻耶さん、開眼したのですかね。

どんなに尽くそうとアピールしようと、自分の存在が麻央さんを超えることはない、ましてや海老蔵さんに再婚相手として見てもらえることはないということに。

 

先日の『女性セブン』での、麻耶さんと姪っ子甥っ子との距離感を懸念している海老蔵さんの記事は、一見地味な内容のようでいて当事者には相当の爆発力があると感じましたから。

 

あれは、優しく冷酷な離縁状とでもいうような内容といってもいい。

麻耶さん、うちのことより自分の人生をちゃんと生きてねということを週刊誌を通じて伝えたようなものというのか。

それが回り回って、巡り巡って、あんな新恋人報道否定みたいなややこしいことになったといってもいいわけですよ。

 連日連夜、お見舞いのごとく励まされている印象

自業自得とはいえ、麻耶さんは失恋した女性のごとく周囲の友人知人に気を使われている印象がありますね、この数日。

 

久方ぶりの大学時代の親友ちゃんだったり、街のタリーズコーヒーの店員さんだったり、ミュージカル鑑賞だったり、ヨガトレッチのkoyumiさんとデートディナーから始まりイルミネーションまで楽しんだり。

 

したくてもできなかったことをこれぞとばかり実行しているのか。

淋しさや悔しさを紛らわせるために無理して外出しているのか。

これほどリア充なんだぞいうことを海老蔵さんへあてつけたいのか。

 

どのモチベーションかわからないですが、個人的には上の3つのどれも当てはまっているのではないかなと思ってます。

 

デートディナーがどこかは書いてないですが、ブログに投稿されている画像の夜景とテーブルを見る限り、これは……

 

「ザ・リッツ・カールトン東京」ですよね!

 

場所は六本木、乃木坂駅からだと3〜4分程度の場所にあるホテル。

画像にはこのホテルの45Fにある日本料理「ひのきざか」から見える夜景が映っています。

 

その後は同じフロア、「ザ・ロビーラウンジ&バー」と同じテーブルが映っているので、こっちでお茶を飲んだようですね。

 

ディナーは12000円〜なので、決してお安くないデートディナーをkoyumiさんと楽しんだようですが、リッチなシングルライフであることは間違いない感じ。

 

なにせ45Fのロビーラウンジ&バーですから、単純にお茶といっても高い。ブログ収入が相当あるのかな。あるいは自分へのご褒美なのかな。

 

koyumiさんを「ゆみ男」と称して顔つきで紹介していますが、その方、なかなかスピリッチュアルな柄のワンピース姿で、いまどき珍しい一重まぶたの女性です。

 

頻繁に麻耶さんのブログに出てくる女性ですが、ハッキリ顔を見たのはこれが初めて。星座の柄のワンピースですね、天空の45Fでのディナーにはピッタリ。

 

一体どんな話で盛り上がっているのか、リッチな夜を過ごしたことは間違いなさそうです。お茶だけでもゴージャスですからね、このホテル。

 

というわけで、その後イルミネーションも楽しんで画像もアップしたり、姪っ子甥っ子だけが私の人生のすべてじゃありません、と海老蔵さんに言いたげに受け取れます。

 

動機はどうあれ、こういう感じで自分の人生の中に楽しみを見つけていったほうがいいですね、時間軸や空間軸が麻央さん軸になっていたのですから、自分軸に立て直して、たまに伯母さんとして姪っ子甥っ子に接するのがいいと思います。

 

余計なお世話この上ないですが…。

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら