毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

女子アナはなぜノースリーブの衣裳を着るのか違和感の声

 

 

ころもです。

 

女子アナという言葉に嫌悪感しかないですが、その前に違和感の話です。

なぜ、あの方々は季節に関係なく暴力的なまでにノースリーブを着るのでしょうか。

 

脇の下を見せたい。
二の腕に自身がある。

セクシーでありたい。
上司からの命令である。
局の方針だ。

衣装代が安くあがる。

 

いろいろありそうですが、視聴者側からいわせてもらえれば、影響力のあるテレビで季節感のまるでない服装をされると違和感しかありません。

本当のところ、なぜあの方々は真冬でもノースリーブを着ているのか。

 季節なんて、どこ吹く風でいいのか

大げさでもなんでもなく、本当に多くの女子アナが季節を全く無視してノースリーブを着ています。

これ、何なんですかね。

夏ならまだわかる。

 

秋から冬、一枚だけでは寒くて羽織り物も必要な季節、場合によってはダウンさえ持ち出すような日なのに、笑顔でノースリーブを着ている彼女たちを見ていると、バカなんじゃないかと思ってしまいます。

ちょっと、言い過ぎました。

 

頭が良くないんじゃないかと思うだけならまだしも、あまりにも「あざといな」「いやらしいな」という感情が込み上げてならないんですね。

 

グラドルやタレントですら露出を控え、季節にふさわしいコーディネートをしているというのに、一介のサラリーマンである彼女たちが色気を出すためとしか思えないノースリーブ姿で笑っている。まともに原稿も読めないのに、そこばかり強調するかのごとく張り切っている姿は痛々しいです。

 

そんなに脇の下を見せたいの? 不特定多数の人たちに。

そんなに二の腕を見せたいの? 細いのが好きな人ばかりじゃないのに。

 

おそらく、そんな個人的な理由ではないだろうなということは、あまりに多すぎる女子アナたちの意味不明なノースリーブ姿を見ているうちに推測できるようになりました。

 

それは、この方の発言によってさらに裏付けされたものです。

 

今年の8月に『好きか嫌いか言う時間』という番組内で、もとミヤネ屋にいた川田アナがこんなことを言っていたのです。

 

「私が局アナだった時代は『ノースリーブはダメ』とか、そういうのは言われました」

 

 やはりか。

 

TPOという言葉どおり、どんな職場にもその場にふさわしいスタイルというものがあるわけですが、それが現在の女子アナにとっては「ノースリーブ着用」ということになっているということでしょうか。

だとしたら、これは相当な人権問題という感じがしますね。露出する、それによって男性視聴者の何かをくすぐり視聴率獲得につなげる。

お酌を強要されるOLの方々の、女子アナ版というところでしょうか。

気持ち悪い世界だし、超過労働も含めて本当にブラックな世界だなと思います。

なにかと古いですね、このテレビ業界という世界は。

 

もちろん全員ではありません。

ただ、非常に高確率でこの女子アナたちはノースリーブを着用しています。他のコメンテーターが秋の装い、冬のコーデをしようが関係ありません。

 

とことん、ノースリーブです。

 

見ている側がコタツに入り、あるいはストーブをたいていようがそんな情緒も現実もおかまいなし。局側の言いなりになるしかないのでしょう、残念ですね。

 

何が残念て、何を話しても信頼できない感じにとられてしまうし、女性を年がら年中意識しているということは、男性の眼ばかり気にしているということを自ら表明していることになるわけですから、女性からの反感は間違いなし。

 

人類の半分は女性ですから、大げさな話、多くの反感を招く要因を原稿を読む前から整えていることになるわけですから。

 

しかしそんな面倒な理由じゃなく、端的に冬にノースリーブでいられたら、見ているこちらが寒くなって落ち着かないんですよね。

 

まだ、女子アナ一人ならそれでも百歩譲ってありとしましょう。

 

他のゲストがハイネックのセーターやジャケットを羽織っている時にノースリーブって、一体スタジオの温度は何度に設定してあるのですかと聞きたくなってしまう。

 

ノースリーブで男性視聴者を惹きつけることが番組側の目的のひとつなら、このノースリーブ女子に温度設定を合わせることになるわけで、そうとなれば季節を考えてきた他のゲストやコメンテーターたちは汗をかきかきノースリーブ主軸の番組に合わせなければいけないことになる。

 

そりゃあ、コメントも振るわないわけですよ

 

先述の番組では、

 

日本で暮らす外国人からは「女性アナウンサーがセクシーすぎる」という意見が飛び出した。ニュース番組で女性アナウンサーが足を露出していることに違和感があるとのこと。海外のニュース番組を紹介するVTRでは、女性アナウンサーの足元は一切目に入らないように工夫されているようだ。

 と、日本と海外のテレビの比較もしていたようです。

面白いですね。

 

海外が正しいということではないけれど、やはり日本の女性アナウンサーの格好は非常におかしい。

 

何が目的なの? あなたはアイドルなの? 何になりたかったの?

 

というものばかり。

不幸なニュースの方が多いのに、今夜はこのまま合コンですかと言いたくなるような長いイヤリングや派手なピアスをして、後毛を派手に出していたり。

 

報道ステーションの女性アナウンサーはその辺がしっかり教育されているのか、眼に余る服装というのは今も過去もなかったように思います。

 

季節感というのは報道に携わる物として非常に大切にして欲しいなと、単純にそう願います。