毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

ひるおび 恵の中継はイライラするし遮ってウザいの声

 

 

ころもです。

 

「ひるおび」を観るたびにイライラします。

恵さん、何なんですかね。

 

どうして最後まで人の話を聞けないのでしょう。

ことに中継のときはひどい。

 

現場まで足を運んでいる人のリポートに耳を傾けたいのに、必ず途中で遮ったり、くだらない相槌の打ち方で流れを切ってしまうあのやり方。

 

それは「恵の中継はイライラする」という声が多いわけです。

 

ぬくぬくとしたスタジオにいるのだから、きつい、きびしい現場でリポートする人の声を一言一句邪魔せずまずは聞こうじゃないかという姿勢にどうしてならないのか。

 長く勤めたものの弊害が出ている

なんというのか、相槌にも心がこもってないように感じてしまうことが多々あります。聞いている風に見える、思える、感じられる「やり方」を身に付けただけの感じ。

 

本当に相手の話を聞いていたら、そんな語尾の長い「〜ねぇ〜」という感じの浪花節調の相槌にはならないのでは?

 

この番組を担当して今年で10年。

長すぎたかな。

 

こなれすぎて、回してる僕という感じだけが突出していて脇役になることが下手。その点で上手なのは羽鳥慎一さんかもしれない。

 

彼はいるのかいないのかわからないぐらいがちょうどいい、と存在をあまり目立たせないようなMCを心がけているようなことを何かで言っていたように思います。

 

でも恵さんは違う。

 

それは中継のときが一番よくわかるし、本当に10年もやっていてどうしてこのタイミングで口を挟むかなということばかり。

 

想像力があれば、

 

全国各地に飛び回ってリポートしている方々の苦労もわかるし、決して心地いいとはいえない現場から必死のリポートをしているのだから、せめて現場でキャッチした声を真摯に受け止めようと思うはず。

 

まだ話している最中に、今じゃなくてもいいですよね、リポートを聞き終わってから聞いても遅くはないですよね、という質問を不躾に入れてくる。

流れを遮られたリポーターは調子が狂ってしまって、続きを読み上げるにもなんだか本調子じゃなさそう。

 

いつスタジオからまた質問されたり、中断されたりするかわからないから急いでリポートしちゃえという慌ただしさが感じられる。

 

要は途中で恵さんがチャチャを入れるから、それに周りが翻弄されてしまっているわけですよ。

 

これ、本当にどうにかしたほうがいい。

 

リポーターはスタジオの恵さんや数人のコメンテーターだけに伝えているわけじゃなく、視聴者にその声、情報を届けようとしているのだから、それを遮ったら誰が一番迷惑するのかを真剣に制作サイドも考えて頂きたい。

 

同じ現場で同じことを長くやり続けていると、いろいろ勘違いというものは出てくるので、番組編成のときに入れ替えることは本当に正しいことかも。

 

最近は黒柳さんの滑舌の悪さが気になって仕方ないですが、今回はこの辺で。

 

▶週刊新潮「食べてはいけない国産食品」リストに驚愕!第4弾