毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

米倉涼子 離婚もドクターXは以前高視聴率で異例のVIP待遇

 

 

ころもです。

 

単純に美しい方ですね、米倉涼子さん。

これほど嫌味なく芸能界をさらりと生き抜いている女優さんも珍しいです。

離婚後のダメージも多くを語らなかったことが功を奏したのかまるでない感じで、今はまた「私、失敗しないので」が蘇りました。

 

「黒革の手帳」で主演を努めていたときには、これが最高のはまり役と思われましたが、「ドクターX」で天才外科医を演じれば、これまたないほどにはまってしまう。

要は彼女が女優として魅力があるということに尽きるのか。さほど難しい演技をしているわけではないだろうに、なにかどの作品を見ても痛快に感じてしまうのは、本来の彼女の見せる自然体な言動のなせる技なのか。

すらりと伸びた肢体、厚化粧と感じたことが一度もないナチュラルメイクでありながら素材の良さで「女優としての華」も置き忘れていない。

いよ〜、お見事!

 1話1千万円にしても問題ない!?

「私、失敗しないので」をまさに地で行く米倉涼子さんの快進撃が続いています。

 

2017年の「タレント潜在視聴率&ギャラランキング:女優編」での1位は予想に違わず米倉涼子さんでした。

 

ギャラは最高ランク5Aでドラマ1話の金額が555万円〜、潜在視聴率は17.5%。

(この結果は2016年に出演したドラマ視聴率の期待値を数値化したもの)

拘束時間やら差し入れや台本を覚えることも含めればいろいろ大変なことだらけでしょうが、それにしたって1話のギャラがサラリーマンの平均年収を軽く超えてしまうのですから大したものです。

 

しかし米倉さんの凄さはその潜在視聴率をしっかりキープしているどころか、上回っていること。

 

スタッフへの差し入れも、高級弁当など300万円相当を何度もふるまうばかりか、ひとつ1万円はするメロンを一人一人にあげたりとスケールが大きい。

 

一般人とは桁が違う話ばかりですが、プレッシャーだろうと思われるこんな状況の中にあっても、今作シリーズ第5弾も滑り出しが好調。

初回が20.9%、第2話も19.6%と順調です。

 

これには上層部もご機嫌ということで、米倉さんの1話のギャラを1千万円にしても問題ないくらいだという声も出ているそう。

 

羨ましいですね。

 

年収1千万以上がいいわ、という巷の独身女性の言葉が虚しく聞こえるほどに1千万円の響きが軽く聞こえてきます。

 

本人は同じ役を何度もやりたくなかったらしい

これほどはまり役で人気のあるドラマであっても、いや、それだからこそか、米倉さんは同じ役を何度もやりたくないという思いがあるのだそうです。

でも気持ちを切り替えて出演しているということですから、破格のお金も少しは影響があるのか、別の理由かわかりませんが、とにかく結果をまた出し続けなくてはいけないという無言のプレッシャーも感じるでしょうね。

 

そんな米倉さんを思ってか、所属事務所はVIPな待遇を用意したといいます。

 

トヨタの高級ミニバン『アルファード』の最上級モデル『ロイヤルラウンジSP』を購入し、8人乗りをカスタマイズして、運転手と助手席以外にシートが2つしかないファーストクラスのような快適さをつくり、シートもマッサージチェアにして冷蔵庫も完備。運転席側と仕切ることもできるような仕様にして、少しでも米倉さんが移動中にリラックスして休めるようにしたというのです。

 

快適そうですね、なにせ内装も米倉さん好みのカラーにした世界に1台の特注専用車だそうですから、素晴らしい待遇です。

 

価格は1,500万円以上ということで思ったよりは高くない印象ですが、やはり車の値段としては相当のものですよね。

 

今後どこまで視聴率を伸ばせるのか、あるいはキープできるのかわかりませんが、視聴率が伸び悩んで予定より早く終わってしまうドラマすらあるような不調の中にあって、米倉涼子という素材が限りなく有難い存在であることは確かなようです。

 

 (参考元:女性自身11/7号)