毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

吉岡里帆はなぜ同性に嫌われる!?佐藤健より気になる発言は

 

 

ころもです。

 

好きでも嫌いでもないからこそ見えるものは世の中に数多くあります。

たとえば旬でありながら、あまり順当に脚光を浴びているように感じられない女優の吉岡里帆さん。

女性からあまり評判がよくないですね。

 

正直、とても平凡で薄い印象の女優だという印象は一貫して変わりません。

誰もが認める可愛さというよりは、わかる人にはわかる毒のない可愛さ、綺麗と呼ぶには平凡すぎるパーツだけど、ま、いいかぐらいの存在感。

しかしだからこそ売れるということも大いにある芸能界なので、そこはあまり重要じゃないのかもですが、いまいちなブレイクはやはり同性からの人気が不足しているからかもしれないです。

 この時期に”その人”のところへ堂々と行きますか

だいぶ鎮火しましたが、最近では竹内涼真さんがブレイク中にやらかしてしまいましたね。

熱愛スクープを見てすっかり気落ちし、その後の友達発言でさらに愛想を尽かしたファンも多いことでしょう。

 

なんだか吉岡さんも、そんな竹内さんと同じ臭いが‥‥。

 

いつのまにかメディアで「吉岡里帆」という文字をよく見かけるようになって、ようやく顔写真と名前が一致する頃になったかと思うやいなやCMにドラマにという、いきなりの出現にころもには思えたのですが、その矢先といってもいい時期に”あの人”の名前つきで週刊誌に激写されましたよね。

 

佐藤健さん。

 

この方、本当にいろいろな方と噂が立ちますね。

前田敦子さんのお姫様抱っこのときが一番印象に残ってますが、ま、この方の恋愛事情はいいとして、とにかく吉岡さん、大事な時期に佐藤建さんの高級マンションに出入りしている様子をキャッチされ、そのうちの一回はお風呂上がりかと思えるような濡れ髪だったことが非常に生々しかったです。

 

また双方の事務所の言い訳が「交際はありません。友人の一人」という常套句なものだから、笑うしかない。

 

濡れ髪といえば今井絵理子さんを彷彿とさせるわけで、一線を越えたのか越えないのか。そんな思惑を持たれても少しも弁明できない状況を作り出しておきながら、友人って、本当にファンありきの仕事についている自覚があるのか。

 

平凡すぎる容姿の彼女が旬と言われてもてはやされている現状を本気で有難いと思っているなら、とてもできない軽率な行為。

 

恋愛をするなと言っても無駄だけれど、それを隠す努力ぐらいは仕事のうちと心得よという気持ちが多くのファンのつぶやきじゃないかと思いますね。

 

本当に嫌な人は芸能界には行かない

 

吉岡さん、女性向けサイト『She is』でシンガーソングライターの吉澤嘉代子さんとの対談の中でかつてのグラビア時代を振り返り、一週間後には廃棄処分されてしまう、ワンコインで買える週刊誌で水着姿になることがいかにイヤだったかを語ったようですが‥‥、

 

それって、冷静に見てやはり嫌われる要素満載の方の発言ですね。

 

致し方なく、不本意ながらも仕方なかったということでしょうが、そもそもなのですよ。

 

そもそも水着になる可能性があるぐらい予想も覚悟もできそうなものだし、それが考えられる、可能性としてありうると予想できた時点で辞める選択もできたのでは?

 

水着にならなければ女優になれないということではないけれども、人前でキスシーンやベッドシーンを演じなければいけなくなる、そんな可能性は十二分にありすぎる女優というお仕事を選ぶぐらいの方がといっては失礼すぎるかもしれませんが、個人的な行いを人前で演技してお金をもらうことを生業としようと考える人がいう言葉には思えないですね。

 

「人は、脱いだ人を”脱いでる人が芝居している”って見るんですよ」

 

と語り、女優としマイナスに働くと力説したということですが、まったく考えが浅いなという思いを強くするばかり。

 

そう思うなら、芝居の世界にいかないぐらいの気概はなかったのか。
プライドはなかったのかと思ってしまいます。

 

それを乗り越えても女優になりたかったという、いわば彼女の貪欲さを脇に置いて、グラビアを生業にしている人々を蔑み自分は違うのに、といわんばかりの発言は、まったく違う世界から俯瞰して見ている者にしてみれば、滑稽でしかないです。

 

立派な女優になりたいといっても、水着姿以上に過激なラブシーンを今後演じることになるだろう未来についてはどう考えているのでしょう。

 

すぐに廃棄される安い週刊誌に載った水着姿の自分は軽蔑し、会ったばかりの好きでもない男優さんとラブシーンを演じる女優としての自分は高尚な人間というくくりなのでしょうか。

 

浅い人間観察、洞察ですね。

 

そういうところが女性のいやらしさを見抜く同性から見透かされ、見放されてしまう大きな要因のように思います。

 

こういう人、数年後に消えているケース多いですがどうなるかな。そういえば、水着姿になるのが本当にイヤだったといって芸能界を引退した人がいましたね。

 

懐かしいです。