毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶ペーパードライバー講習で自分に足りない2つを知るの巻

 

 

 

ころもです。

 

麻耶さん、ペーパードライバー講習を受けたことを昨夜報告していますね。

東京は交通の便がいいので免許を取ったはいいもの、よほどじゃない限り使わずに問題なく過ごせてしまうので、どうしてもペーパードライバーになりがち。

ほとんど免許は身分証明書代わりに使われるばかりでなかなか実用性がないうちにゴールド免許に、という方本当に多いです。

麻耶さんも、そうだったのでしょうか。

「夢への第一歩!!」ということで、楽しかった、最高だ、と駐車場のような場所での自撮りを相変わらずアップしていましたが、

 

しかしなぜ‥‥今さら‥‥

 

まさか‥‥

 姪っ子甥っ子の送迎を車でするつもりなのかな

麻央さんのおかげで棚ぼたとなったブログアクセスで相当の収入を得ているのだから、危険な都内での運転など今さらやめたほうがいいのに‥‥と思うのですが、

 

よくペーパードライバーの人が講習を受けるときのきっかけとして、

就職や転職で車を使う仕事についた場合や、通勤で必要となる場合、引っ越しで生活環境が変わったり、子供の送り迎えで必要になったり‥‥ 

 といったことがあげられることを考えたとき、

 

子供の送り迎え‥‥

 

という言葉が妙に引っかかりました。

 

まさか車を購入して、姪っ子甥っ子を自分の運転で送迎しようとしてる!?

それはないと考えたいですが、

相当体力気力使ったのか
帰宅後、すぐに、
ステーキ食べました笑。

と、海老蔵さんが大好きな「ステーキ」という言葉を入れてアピールするあたり、やはり変わらないなこの人という感じです。

 

とにかく誰かと「結ばれたい」ことは伝わってくる

前日のブログでは、「今月は特にご縁を大切にと思って過ごしてきたので出雲のお土産が届き、気持ちが高揚」とコメントし、結び甘酒 と ぜんざい のお土産を海老蔵さんの家だと思われる大理石のような場所に置いて画像アップしていましたが、なんだかんだいって、お泊まりが続いてるんですね。

 

本当にこのマンションには総勢何人の人間が住んでいるんでしょう。

そしてその内訳は?

 

なんだかお化け屋敷みたい。いろいろな人が出たり入ったりわけがわからない。

 

もし今年が国勢調査の年だったなら、海老蔵さんは家族構成をどう書くのでしょ。
麻耶さんは入るのか、入らないのか。義母は入るのか、入らないのか。

結局何人で住んでいるのか。

 

次の国勢調査までにはスッキリさせるのかもしれないですね、世間的にも。

 

と、話は戻って、その出雲のお土産の甘納豆のようなものをいくつか手のひらにのせて画像アップしたはいいけれど、「紅白の♡が入っていました!」と、白とピンクの砂糖菓子みたいなものと、小豆色の甘納豆を4粒、合計6粒をのせてまたアピール。

 

憶測では、白が海老蔵さん、ピンクが麻耶さん、4粒の小さな甘納豆は、

レイカちゃん、カンゲンくん、そして、ゆめちゃん、ラブちゃん。

 

こんな感じでしょうか。あえてのこの数は、きっとそうですよね。手のひらにのせて画像アップしようと思ってわざわざ撮影するのですから、そのぐらいのことは考えていそうです。

私の家族? そんな感じでひとりほくそ笑んでいるのでしょうか。亡くなった妹の姉がちゃっかり居座って、縁結びの甘納豆をもらってこんな画像を妹の旦那の家で撮影してブログアップする。

 

まあ、普通じゃないですね、なにをとってもこの感覚は。

 

いいことありそう。きゅん。で締めくくってますから、とにかく誰かと結ばれたいという気持ちは常にマックスということはわかりました。

 

まるで自分をわかっていない!?

昨日のペーパードライバー講習で車の先生に教えて頂いたことの中で、印象的だったという言葉を二つブログに書いていたのですが、

これまた、非常に「何がいいたいの?」と言いたくなるものでした。

 

その2つは、

・流れにのる 波にのる
・自分の存在を相手にアピールする

という言葉。

 

イヤな予感はしたのですが、すかさず麻耶さんは「人生においてもそうかもなぁー」とコメント。

 

その後説明として、

道路には道路それぞれの流れがあるからその流れにのることが大事! 

自分の存在をアピールすることで他の車や歩行者が、気づいてくれる。

 と補足のように言葉を添えているのですが、なんでしょうねぇ。

 

どうしても穿って見てしまう自分がいます。フラットに読みましょうと思っても、やはりこの不穏な予測は数秒で的中、

 

流れに身をまかせるのも
自分の存在を 人のために表現するのも
苦手分野なので、ドキッ。

 という麻耶さんの言葉が続いているではないですか。

 

やはりこの方、自分のことを全く客観的に見ることができないのか。

 

妹の闘病のために始まった同居生活を妹がいなくなった今も継続しているらしいことは、まさに”流れに身をまかせる”そのものの行動だし、

 

何より、”自分の存在を人のために表現するのも苦手分野なので”から一番遠いところにいる人といってもいいぐらい、日々あの手この手で妹のご主人に様々なアピールをしてご褒美を頂戴している事実をまるでわかっていない。見えていない。実感していない。

 

これほど自分をわかっていない方も、ほんっとに珍しい。

 

でも、なるほど、そういうことだから「あれやこれやの不可思議な言動」になるのかと、ひとつ大変勉強にもなりました。

 

今回のブログに、

自分だけ注意してても、
相手に見えなかったら危ないでしょ。

 という言葉があったのですが、これはまさか‥‥、

 

車の講習のことを話している風でありながら、その実、自分は必死に後妻になりたいアピールしているのに、海老蔵さんにそれが伝わらなければ全く意味がない。もっとアピールしなければ、なぁ〜んて風に聞こえてしまいました。

 

これは考えすぎかな?

 

と、いずれにしても人生そのものが「婚活」という感じですね。

ペーパードライバー講習の先生と「恋におちる」というのはどうでしょうか。

積極的に表に出て、早くいい人が見つかるといいですね。

 

ではでは。