毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小山慶一郎の彼女!?新藤まなみが匂わせ交際を再燃か

 

 

 

ころもです。

 

小山慶一郎さんがあまりに”あの件”について触れないために、新藤まなみ(もと太田希望)さんが暴走している感がありますね。

 

報道番組のキャスター業と並行して10月20日からスタートするドラマ『重要参考人探偵』の撮影もしているということで、小山さんもだいぶ忙しいのでしょう。

 

でも、人気商売ですから疑惑を疑惑のままにして何も語らないというのは不誠実ですね。何もやましいことがなければ、沈黙は得策ではないと思うのに、なぜに何も語らないのか。

それはお相手とされる女性に矛先も向くわけです。

 忘れたいことほど、人は覚えているもの

売れないモデルやアイドルと売れっ子俳優、歌手。

こういう組み合わせすごく多いように思います。

 

そして、発覚後は女性が見事に切り捨てられる。これもまた王道。

 

週刊女性10/31号に掲載されていた小山慶一郎さんと、疑惑の彼女、新藤まなみさんの交際の件も、すぐにその「よくある熱愛、発覚」の末路を辿りそうなのに、どうして未だに火の粉がくすぶっているのか。

 

それはなにより渦中の本人である小山さんが「うんともすんとも」言わない、全くこの件について言及していないからでしょう。

 

否定も肯定もしない。

 

それって、ずるくないですか。

見たもの、聞こえたことを、幻覚だよ、幻聴だよということで完全スルーするというつもりでしょうか。

 

そりゃあ終わらないですよ、ファンにしてみれば「どうして黙ってるんだ」不実じゃないかということになります。

 

SNSで匂わせながら煮え切らない態度

交際を匂わせるようなSNSの投稿の数々。

これ、売れない側がよくやるやり方ですね。かつての嵐の大野さんの彼女さんもそんなやり方で炎上、そして結局は破局となったようですが、最近では竹内涼真さんの熱愛スクープがいい例かもしれません。

 

友達の一人ということで発言してしまうと、まず終わる。
むしろ武井咲さんとTAKAHIROさんの友達発言からの入籍というのは稀有な例。

 

交際の事実はない、あるいは、友人の一人、いずれにしてもこの続きを聞くことはあまりないです。とくに売れっ子の場合などは。

 

しかし厄介なのは売れていない方。有名人と付き合っていることをそこかしこで暴露したくて仕方ない。

 

この太田希望から新藤まなみに改名してまでタレント活動を再開した噂の女性も、自分が付き合っているということをどうにかして自慢したかったのか、ほのめかすことをSNSで楽しみすぎたようですね。

 

疑惑の投稿(3月末にハワイで撮影されたとされるツーショット写真の流出)で熱愛騒動へと発展し事務所を解雇されたにもかかわらず、小山さんがこの件について肯定も否定もしないことをいいことに、また匂わせ癖を再開した模様です。

 

それは9月28日の彼女のインスタで、自身の顔写真を投稿したもので、なんと首元が赤くなっていたというのです。発見したのはファン。

 

これはキスマークなのでは?

 

ということで拡散されたというのです。

おそらく、そうなんでしょう。誰のキスかはわからないですが、これまでの経緯を知っている人たちにだけでも匂わせが成功したのなら、それでよし、という魂胆がミエミエんのインスタアップですね。

 

別れてませんヨ〜ダ!

 

という意思表示なのか自慢なのか。

全く相手のことなど考えてない行為だし、こういう人は何度解雇されようとなおらないでしょう、自分が一番可愛いのでしょうから。

 

しかしこんな浅はかな女性より何より、そんな女性との熱愛疑惑がありながら沈黙を通す小山さんの神経がわからないです。

 

ファンあっての商売だというのに、この噂について何も語らず、噂とされる彼女の軽率なインスタ掲載などについても野放しにしているのだとしたら、ファンがこぞって離れていったとしても致し方ないのじゃないでしょうか。

 

ファンを敵に回してでも手に入れたい女性なら、はっきりと「大切な人です」といったほうがまだファンが多少は残るのじゃないでしょうか。

 

匂わせる軽薄な女性。匂わせてしまっていることを黙認している不実な男性。

 

いずれにしてもいい未来はなさそう。

 

炎上するような写真をアップしていながら、SNS上で誹謗中傷をしてくる小山さんのファンをブロックしているという新藤さん。

 

その新藤さんの所属事務所は、

「小山さんは仲のいい友達のひとりだと聞いておりますので、お付き合いをしているわけではありません。また、彼女は自宅に住んでいますから、同棲しているという事実もございません」

と弁明してますが、自宅に住んでいるからといってお付き合いができないわけじゃないし、同棲していなくても半同棲ということはあり得るわけなので、まったくどうにでもとれる曖昧な返答としかいいようがないですね。

 

彼女がいるいないという事以上に、ファンありきの仕事をしながら何も語らない不誠実さこそが、ファンを怒らせているということがなぜわからないのか。

 

しかし自分がファンなら、否定しなかったことがすべての答えと理解してファンをやめます。

 

(参考元:週刊女性10/31号)