毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

とくダネ!新人の海老原優香アナが目立たず地味すぎる

 

 

ころもです。

 

10月から『とくダネ!』に入った海老原優香アナウンサーですが、どうしたものでしょう。

菊川怜さんが何だかんだ言っても話題満載だっただけに、穏やかに番組入りしたのはいいものの、本当に毒にも薬にもならない、正直いって存在感が薄すぎるのが気がかりです。

一番驚いたのは、その席でした。

てっきり菊川怜さんの座っていた小倉智昭アナウンサーの右、視聴者側からすれば小倉さんの左手に座するのかとばかり思っていたのですが、探してもすぐには見つからない。

どこだろうとしばらく視聴していてようやくカメラが引いたその先にポツリ、座っているじゃないですか

その席、従来の梅津さんのさらに右側。広いデスクに本当に一人きり。

なんだかそうまでして新人を入れる必要があったのかなと思うほどの扱い。

プレゼン強化だから、これでいいのか

『とくダネ!』は10月以降はVTRやスタジオでのプレゼンを強化し、より丁寧にわかりやすく視聴者に情報を届けることに意欲を燃やしているようです。

 

なるほど、そういうことであるなら新しく加わった海老原さんがプレゼンしやすい、つまりは立ったり座ったりがあまりテレビ画面に影響しない右端の席になった理由というのもわかります。

そもそも海老原アナの紹介記事でも、MCアシスタントとして番組進行の補佐をするほか、「現場取材、スタジオでのプレゼン、朝に発生したニュース」にもフットワークよく対応。

 

とあるのだから、一度座ったら二度と立ちません的な小倉さんの両脇座りは向いてないというのはわかります。

 

これまで菊川怜さんがいたときには、コメントをするときか、カメラが引いているときにしか映らなかった橋口いくよさんや、中江有里さん、デーブスペクターさんたちが菊川怜さんの席、小倉さんのすぐ左側の席に座るようになって、少しだけ緊張というのか嬉しそうに見えるのは気のせいか。

 

何より、盤石な梅津さんが今後どこの席になっていくのかが個人的には気がかりというのか、興味の的です。

 

何かといえば「れいちゃん、怜ちゃん」と菊川さんばかり可愛がっていた小倉さんの右側で、たまにつぶやく言葉もスルーされることが多かった梅津さん。

 

そんな梅津さんが菊川さんが卒業する最終回のときにも涙を見せなかったことがとても印象的でした。

 

結構長く一緒にやっていたし、決して涙を見せないという人でもなかったのに、そんな梅津さんが悲しみというよりは、どこか振り切った表情で最終回を迎えていたのが忘れられません。

 

淡々とこなしていた、非常に冷静に映った。少なくともころもにはそう見えました。

 

秋も徐々に深まり、というか相当急激に深まり、スタジオでも秋物の衣装しか映らないなかで、新人アナの海老原アナが白い半袖のワンピースを着ていた今日ほど、なんだか見ているこちらがいたたまれない気持ちになったことはありません。

 

まだ番組に入って間もない海老原アナには助言してくれる人もいないのか。あまりにも寒々しい、季節感のない服装に、なんだか今の海老原アナの戸惑いと孤独を感じたものでした。

 

まだまだ先が長いですから、今後の活躍をもう少し見る必要がありそうです。海老原アナがいつ小倉さんの左隣の席に移るのか。

 

その頃には小倉さんが卒業になってしまうのか。

見守っていきましょう。

 

 

 

 

とくダネ海老原アナは喋らないし嫌い、要らないの声

古市憲寿がまた炎上!とくダネで赤ちゃんパンダ「可愛くない」

川怜の旦那はバツイチで婚外子3人!?文春砲に小倉さんも驚愕か 

 

菊川怜とくダネ卒業に号泣!続投意思も「隠し子騒動」で降板に 

菊川怜「つらいです」旦那の婚外子知らず!?結婚も未だ同居せず

 

とくダネ!梅津さんが明るく陽気になった!?菊川怜のおかげか 

菊川怜の結婚は失敗!? 旦那に4人目の婚外子に小倉も茫然か 

菊川怜の旦那はバツイチで婚外子3人!?文春砲に小倉さんも驚愕か