毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 愛犬ゆめちゃん連れの母と合流を告白で別居を強調か!?

 

 

 

ころもです。

 

今朝の麻耶さんブログに、

 
幼稚園に無事に送り届け、
母と合流。
 
ワンちゃんも入れるカフェへ

 

 という一文と共に、バッグから上半身を出し、まだ目をつむってうなだれている感じの麻央さんの愛犬”ゆめちゃん”が大きく映った画像がアップされていました。

ゆめちゃんは普段、海老蔵さんの家で”ラブちゃん”と一緒に暮らしていますから、このラブちゃんは「ワンちゃんも入れるカフェ」に連れてこられたわけです。 

何が言いたいのかといえば、このラブちゃんを連れてきた人が海老蔵さんの家に未だ同居している人ということになるのだろうけど、

でも、もしかしたら‥‥

 

どうにでも、どっちにも取れる書き方だな

幼稚園に無事に送り届け、
母と合流。
 
ワンちゃんも入れるカフェへ

 

最初にこの文を読んだとき、
 
ああ、麻耶さんのお母さんは堀越家に残って海老蔵さん親子と未だ同居しているんだな。今日は、海老蔵さん宅にいるゆめちゃんを連れて、幼稚園に子供達を送った娘の麻耶さんとゆめちゃんを合わせるためカフェで合流したのだな、そう思いました。
 
でも‥‥
 
あれっ、
 
 
もしかしてこうも解釈できるかも。
 
 
未だ海老蔵さん宅で同居している麻耶さんがいったん姪っ子甥っ子を幼稚園に送り届け、その後帰宅してからゆめちゃんを連れて、すでに同居していない母親とカフェで合流したのかなと。
 
どちらにも取れる。
 
 
幼稚園に送り届け、ゆめちゃんを連れてきた母と合流、と書くか、
幼稚園に送り届け、ゆめちゃんを連れて母と合流、と書くか。
 
 
そういう書き方をするとまずいことがなにかあるのか。
 
意図してなのか、そうでないのか、いずれにしても曖昧にするこの書き方には二つのメリットがありそうですね。
 
ひとつは、自分が未だ同居しているとしたら、それを明確にせずにいられること。
もうひとつは、曖昧にすることで読者の興味を惹きつけアクセスアップに繋げられること。
 
どちらにしても、えげつないというのか、他の人がそうやってもいやらしくは感じないのに、この麻耶さんの麻央さん逝去後の言動からみると改めて「あざとい」と感じられてならないです。
 
ただこの内容は、確実にどちらかは同居していないということが伺えるものであり、同時に、確実にまだ麻耶さんかお母さんは海老蔵さん宅で居候を続けているということを意味するという点でおもしろい記述ですね。
 
もうひとつ、実は気になることがあるのですが‥‥
 
 

ひらがな表記とカタカナ表記を使い分ける意図は!?

 

海老蔵さん、「おはようございます」という朝一のブログのときには必ず最後に、

 

今日も多くの方々が幸せで
愛を感じることのできる
素敵な1日でありますように

 (海老蔵さんのブログより引用)

と付けているのですが、この
 
「愛を感じることのできる」部分が
 
「アイヲカンジルコトノデキル」
 
とカタカナ表記になるときもあるということ。
 
ずっと気になっていたのですが、ここに法則はあるのかないのか。あるとすればどういう目的、意図があってのことなのか。
 
 
すべての検証をしたわけじゃないけれど、これ、麻耶さんと会っているとき、会える日は「ひらがな」で書いているときが多いような‥‥。
 
麻耶さんと会えない、会えてない日は「カタカナ」で書かれていることが多いような気がします。
 
まさか、I miss you.  と言えないから、ここで告白しているのでしょうか。
 
I miss you.とは言うまでもなく、「あなたが恋しい」という意味ですから、会いたい人に逢えない、そんな場合にはことに使いたい言葉。
 
まさか、そんな暗号的なことをこの最後の定例文の中に組み込んで、互いに気持ちを伝え合っているなんてことはないですよね。
 
同じ内容の文の、あえて「愛を感じることのできる」という部分だけを変化させることに、なんの意味もないとは思えないです。
 
あえて、そこをイジってますよね。
そしてそれを確認する、させる相手は「麻耶さん」でしょうか。
 
だとしたら、とんでもない麻央さんへの裏切り行為になりますが真相はどうでしょう。アクセスに貢献したくないので、これ以上の確認はしたくないのでしません。
 
ただ、これからブログを訪れるときはそこの部分をちょっと注目していこうと思ってはいます。
 
海老蔵さんが船舶免許を取得しようと躍起になっていますが、それはなぜ?
 
まさか、東京オリンピックの開会式のときに東京湾から歌舞伎姿で登場なんて企画があるのでしょうか。いつだったか、ありましたよね、そんなシーンが五輪で。
 
それとも、確実な密室を欲したのでしょうか。パパラッチ対策としては確かに最適です。
 
多忙なはずの海老蔵さんがあえて今船舶免許を取る、そして幼子を置いて自由行動を多く取れる。
 
これは、単純にお手伝いさんがいるからという理由だけでしょうか。同居解消と週刊誌記事で報道されたはいいものの、その実まだ、小林麻耶さんかお母さん、あるいは両者とも、以前同居しているということはないですよね。
 
そこまで露骨に世間を欺いているとは思いたくないですが、まだまだあのブログの書き方ではわからないです。
 
世間の関心がある部分は隠し、どうでもいいキョンシーのカンカン鑑賞シーンばかりがツラツラとあるのですから、見ている自分がいうのもおかしな話ですが、なんともページ稼ぎなブログです。
 
ゆめちゃんが今何を思っているのか、見ているものも含めて「志村動物園」のハイジに見て欲しいかも。
 
 
 
 

海老蔵が麻耶に「お引き取り願い」いびつな関係解消に賢明の声

 

麻耶と海老蔵の当然の同居解消が「別離」と表現される理由

麻耶と海老蔵が別離!?小林親子マンション出た報道は本当か

海老蔵と麻耶の再婚話に武家社会”順縁婚”まで持ち出す異様さ

 

麻耶ひらき直り!?「既読スルーでいいかな」強調で本宣伝も! 

麻耶親子が計画か!?「また連れてってぇ」息子が海外おねだり