毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶親子が計画か!?「また連れてってぇ」息子が海外おねだり

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

どうしてこうも胡散臭いのでしょう。

胡散臭いというか、何を画策してそうブログアップしているのかがすぐわかるような内容は、もう「大人の策略」とわかっても体裁さえ整えればそれでいいや。

 

ぐらいの、投げやりさと開き直りを感じます。

 

今朝の海老蔵ブログ「家に電話」タイトルの中で、また子供がいいように使われているなという一文がありました。

それは‥‥

この家族にとって子供は”魔法の杖”か

海老蔵さんが更新した「家に電話」というタイトルの最新ブログ。

 

もう、「それは見抜かれてるからやめたほうがいいのでは?」と失笑するしかない内容が書いてありました。

 

二人は朝ごはん中
です。
 
麗禾とおはよう
愛してるよ。
 
と会話して勸玄とは
意外な会話へ
 
パパぁ~
おはよう
おはよう
 
あのさぁ
 
パパぁ~
カンカンと麗禾をさ
また連れてってぇ~
外国にー
 
という会話です。
さて
 
どこに連れて行って、
と言ったと思いますか
 

(海老蔵ブログより引用)

 

昨夜遅く、海老蔵さんが不在のマンションで、モンブランケーキを食べながら親子で会話したということをブログアップしていた麻耶さん。

 

麻央さん逝去後、大人の都合で連れまわされっぱなしの子供達。

 

なのに、疲れ切った表情のほうが多く見受けられたカンカンが、外国にまた「連れてってぇ〜」とせがんだと海老蔵さんはブログで報告しているのです。

 

また、子供使いますか。

これならきっと許される、カンカンは人気があるから。

 

そんな表には決して出ない想いが行間から浮き立って見えるようです。

 

昨今の全く世間の空気を読まない、それどころか、世間を挑発するような麻耶さんのテンション、海老蔵さん不在の中でケーキを食べながら、昨夜小林さん親子でどんな会話がなされたのかを推察するときに、この再びの海外旅行への伏線の流れはむしろ想定内だという気分になってきました。

 

実際、レイカちゃんはハワイ旅行の際に東京のほうが好きだというニュアンスのことを確か海老蔵さんに話していたように憶えています。

 

だから矛盾のないよう、カンカンが「連れてってぇ、外国に」ということにしたのでしょう。

 

朝一で子供がそんなことを決していうことはない、赤の他人のことなのでそんなことはもちろん断言できません。

 

しかしながら、不自然きわまりない、また説明もない不可解な家族ごっこを続けてるこの家人たちなら、そういうこともありうる、つまり、子供が行きたがっているということにすれば世間は容認してくれるだろう。

 

大目に見てくれるだろう、ということ。

 

想像以上の人たち、親子かもしれない

 

どこに連れて行って、
と言ったと思いますか

と海老蔵さんは読者をもてあそぶように問いかけてますが、一番最後の文字が「笑」ということは、

 

性懲りも無く、あるいは、行ったばかりなのに、

 

またハワイ!

 

という結果になるのじゃないでしょうか、その答えは。 

 

わかりませんが、また世間に発言の場のない子供を使って大人たちのバカンスが予告されたと見ています。

 

昨夜は、モンブランを食べながら同居していることをさらに印象づけ、次の海老蔵さんの休暇への伏線を考え、それを朝一の海老蔵さんとの電話にて伝えたということになるでしょうか。

 

憶測の域は出ませんが、憶測とは言い換えれば「鋭い推察」であるともいえるわけで、実際、前回のハワイ旅行に麻耶さん親子が同行していたことも、最初は憶測だったことが事実と判明していった経緯があるわけです。

 

問題は、推察を繰り返す読者やファンにあるのではなく、自身の立場をわきまえず、収入のため、自分たちの享楽のために、無邪気な子供達を利用し続けている大人たちにこそある。

 

モンブラン、高い目標ですね。

次はエベレストを目指しますか。

 

笑ってしまうほど、わかりやすい未来予告のブログでした。