毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶「自分の在り方を何にするか」意味深ブログ更新の意図は

 

 

 

ころもです。

 

麻耶さん、意味深なブログを更新しましたね。

 

物事をどう捉えるか
◆ 自分の在り方を何にするか
 
自分次第で、世界は変わりますね。

 

今朝初のブログは、 この方にとってみればかなり長文。だけど内容はいつものように薄い。ただ、一点のみ、今後の伏線のように感じられた箇所が上の文章です。

どんぐり拾いや鬼ごっこ、楽しく麻央さんの子供たちと遊ぶ伯母さん。だいぶマメにこの子供たちの様子を海老蔵さんに画像送信しているのだろうことも、舞台やトレーニングで子供達と一緒にいない海老蔵さんが逐一把握しており、子供達の写真を画像アップしている様子からたやすく伺えます。

 

 たしかに、便利な伯母さんです

いろいろな方と日々会い、さまざまな意見を耳にするにつけ、この麻耶さんと海老蔵さんの同居生活がいかに不可解、不謹慎、不道徳かということが明確になっていきます。

 

ただ一方で‥‥

 

この麻耶さんという方、海老蔵さんにとっては本当に都合のいい女性、使いやすい伯母さんなのかなと、最近つくづく思うようにもなってきました。

 

母親の器でないことは誰が見ても一目瞭然。妻としても、料理ひとつ満足にできないようでは問題外でしょう。

ましてや梨園の妻はありえない。梨園の妻には「気品」がいる。残念ながらこの方にはそれも望めそうもない。

 

自分の幸せだけを”絶対価値”として生きる人に、人間として尊敬の念など持てるはずもなく、故人を裏切り続けているとしか思えない姿勢から学ぶこともない。

 

かくしてこの方は、単なるカメラマン、お留守番の伯母さんとしてのみ今後も活躍していくのでしょう。

 

自分の在り方を何にするか? むむむ

 

ただ、今朝のブログの一文は個人的に意味深なものを感じました。

 

物事をどう捉えるか

◆ 自分の在り方を何にするか

 

自分次第で、世界は変わりますね。

 

今の麻耶さんの生活の中心は数少ない芸能界のお仕事ではなく、妹の家庭で繰り広げられている伯母さんとしての中途半端で意味不明な生活です。

 

だとすると、この「物事をどう捉えるか」という言葉が何をさしているのかというのも押して測れそうなもの。

 

自分が置かれている今の立場、状況をどう捉えるか、という風にとれそうです。

 

また、

 

「自分の在り方を何にするか」という言葉も、伯母としての立場で居候をし続けるのか、それとも奥さんだった妹の立場に自分が何としてでも座るべきなのかを逡巡しているようにもとれる。

 

いずれにしても、今の彼女が口にするには意味深ですね。

 

自分次第で、世界は変わりますね。

 

というのは、通常は非常にポジティブで明晰な頭脳を感じさせる言葉なのですが、麻耶さんがそれを使うと、今以上の自己本位、自分勝手な未来を築こうとしているのかと辟易してしまいます。

 

一刀両断に言ってしまえば、

 

伯母など必要ないのです。

 

ましてや、疑似家族などもってのほか。

子供たちの未来は当然のこと、衰退していくだけの歌舞伎をさらに斜陽にしていくだけになってしまいます。

 

本当の愛には「引き算」もある。

 

自分次第で、世界は変わりますね。

 

 

という言葉は、その意味では当たりです。成田屋、ひいては歌舞伎役者としての市川海老蔵さんの悪評をどこで止めるか。

 

麻耶さん、あなた次第なのです。

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら