毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

斉藤由貴パンツ写真流出者「家庭に戻って欲しい」の一心で

 

 

スポンサーリンク

 

ころもです。

 

斉藤由貴さん、イメージ最悪です。再ブレイクも束の間、「僕の作品」と一緒にシラを切っていたA医師ともども世間の笑いのタネ。

 

それはでも‥‥

 

仕方ない。キス写真もさることながら、あのA医師の頭にかぶったパンツ姿。互いに伴侶がいるというのに、斉藤さんの自宅でこんなふざけた写真を撮りあって悦に入っていたのなら人として終わってます。

お粗末なのは、最初の会見で嘘をついたこと。A医師にいたってはキス写真流出の際、コラージュ(合成写真)だと言ってまで逃げ切ろうとしたのに、結局はそれ以上の写真が「FLASH」に掲載されることを知ってようやく認めたという往生際の悪さと保身の醜さ。

長さとは裏腹のあっけない解散劇。所詮、火遊びでしかなかったということか。にしては、大きなツケを斉藤さん側が払うことになりましたね。

 キス写真流出で初めて不倫を認める 

ベッキーの不倫騒動に似てます。

いち早く会見を開いたのはいいけれど、結局嘘、隠蔽、独りよがりの一方的な会見でした。

質疑応答があったじゃないかとはいえ、マイクは一本、一人一問。

 

ただでさえスッカスカの会見構成に加え、あの、独特の否定とも肯定ともとれる、時間稼ぎともとられかねないのらりくらりとした斉藤さんの応答。

反省の色も見られず、疲弊仕切った自分を演じ、くたびれ落ち窪んだ精彩のない眼で空を見つめる。

 

あなた、いまどこで何を話しているかわかってますか。

 

そう喝を入れたくなるほどの開き直り感。これがこの人なのですよね。ほとんどの女性には見抜かれていたわざとほつれさせたあの髪、何個開けようかなとしっかり計算したのだろうなと思われる胸元のボタン。スケスケになることが誰でも想像できるオフホワイトのシャツワンピース。

 

あざといです、本当に。

 

赤の他人でファンでもなんでもない人間すら「男好き、反省の色なし」と思った会見。関係者たちがどんな気持ちでこの会見、言葉のひとつひとつを聞いていたかと思えば、キス写真流出も想像の範囲内ではありました。

 

先日の会見では、本当のことをお話できず、誠に申し訳ありませんでした。子供達が眼にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、私にはどうしても出来ませんでした

(引用元:女性セブン9/28号)

 

まるで自分が良き母親であるかのような発言を、不倫を認めるコメントとしてファックスしたようですが、そんな子供のメンタルを心配できる人は家庭があるのに不倫相手を家に招きパンツ写真は撮影しないし、そもそも夫を裏切らない。

 

今更感が半端ない、とにかく保身しか考えてない。というか、本能で生きる以外何も考えてないと思われても仕方ない人。

 

凝りてない、この人。

 

そう思う人ならトドメの写真を突きつけたいと思うでしょうね。

実際、不倫の二人が事実を認めたのはキス写真が流出した後。

お粗末です。

 

で、その写真を誰が流出させたのか

キス写真についても「記憶があいまい」と斉藤由貴さんはとぼけたまま。キスだけならいざ知らず、写真まで残す「ひと手間」をかけているのだから、よほどのことがない限りそう簡単には忘れないはずなのに、墓穴を掘りましたね。

結婚後、夫以外の男性とキスをしているのに記憶があいまいということは、この人の病的なだらしなさをさらに強調、誇張する材料にしかなりませんでしたから。

 

「本当のことをお話したい」

 

キス写真をコラージュだと否定していたA医師が手のひらをかえしたように不倫を認めたのは、パンツ写真が『FLASH』に掲載される連絡を受けたから。

 

でなければ、この二人は未だに不倫を続けていたことは間違いないでしょう。発覚してからも認めず、認めたのは不可抗力の写真掲載があってからですから。

 

さて、そんなこんなでラジオ降板、CM降板となっていく斉藤さんですが、謎だったのは、そんな写真を撮った間抜けな人間はもういいとして、誰が写真週刊誌にそれを出したのかということになります。

 

これについては、9/28号の『女性セブン』の記事によれば、

 

もともと斉藤さんの不倫疑惑というものは『週刊文春』と『FLASH』両誌が追っていて、A医師に極めて近い人物など複数の関係者が事情を知っていて情報や写真を提供していたというのです。

 

決定的な張り込み写真を撮った文春が報じたわけですが、二人は主治医と患者の関係と言い張って認めない。

 

”早く不倫を認めて反省し、家庭に戻ってほしい”

 

という気持ちだったのに、二人には反省の色もない。

情報提供者は納得できず、改心して欲しいという一心で当初は明らかにするつもりはなかった写真を『FLASH』に提供したという経緯のようです。

 

出処はつまり、

A医師に極めて近い人物で、家庭に戻って欲しい、と願う人物。

 

ということになりますか。

それが誰かは、それぞれにお任せしますということでしょうね。

 

やはりそうだったかと、思いました。

斉藤さん、眼がいっちゃってますね。

 

嘘をつく人の挙動を大変よく知ることのできた不倫釈明会見は、新たに斉藤さんの代表作に加わること間違いなしですね。

 

 

斉藤由貴のパンツ写真がとどめ!?家族写真横にA医師の醜態 New♪

斉藤由貴の不倫キス写真3枚をFLASH掲載!A医師と医院

斉藤由貴が劣化!魔性の女というより「不潔ふしだら」の汚名か

斉藤由貴に不倫疑惑発覚!週刊文春報道に本人否定も2度の前科 

斉藤由貴が不倫釈明会見でシャツを胸元まで開き眼も半開き  

斉藤由貴も手繋ぎダブル不倫!開業医と週4度の背徳密会