毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

斉藤由貴のパンツ写真がとどめ!?家族写真横にA医師の醜態

 

 

ころもです。

 

斉藤由貴さん、タイガーウッズさんと同じ症状が出ているということでしょうか。もしかしたら、本気で医療関係の人に助けを求めてもいいレベルなのかもしれないですね。

 

それを芸能人だから、元アイドルだから、有名人だからという理由でなんとなく納得ということであれば、これからも同じように犠牲になってしまう家族が出てしまう可能性もあります。

 

それほどに、斉藤さんは言動不一致で、学習ができないということを自他ともに再認識させる写真を残してしまいました。

 

パンツ写真です。

 

百歩譲って、なぜ写真に残すのか

もちろん写真に残さなければ許されるものでは当然ありません。

それは大前提ですが、仮にもCMに映画にドラマと多くの人やお金が関わっている”商品”である自分の存在を過小評価しすぎてますね。

 

人を好きになるのはある意味事故のようなものですから、そこまでは多くの人が理解を示すかもしれません。

 

しかしながら‥‥、

 

そこには多くの支払うべき代償があるということを、彼女は明らかになっているだけでも二度の不倫から学んだはずなのです。

 

結婚もしました。

子供も作りました。

 

でも、悪い病気が再発したのと同じように細胞が疼いてきたのでしょうか。この生活に何かが足りない、あるいは充足され尽くしたと見切りをつけたのかしれませんが、キス写真だけでも呆れ果てるのに、不倫相手が自分のパンツを頭に被って、あろうことか、家族写真の横で果物を食べている写真を撮影、保存するなど、もう理解を超えて病気としか思えません。

 

斉藤由貴さんときくと、「ふしだら」という言葉が脳裏をよぎるようになりました。

こんなイメージを抱く人間は一人じゃないと思います。

 

多くの人が視聴するCMで使うには、あまりに不快を与えてしまう女優。

 

それでもまだ最初から不倫を認めていたなら多少は違っていたかもしれません。抑えきれない想いで堕ちるところまで堕ちる覚悟で、ということなら理解はされずともここまで失笑され軽蔑されることもなかったかもしれません。

 

でも彼女もA医師も嘘をついた

 

キス写真が流出しなければ、その嘘のまま今も視聴者やスポンサーを欺いていたかもしれません。

 

でも、母親役の多い斉藤さんの実態は、母親どころか、それら母親すべてを敵に回す人間であり、子供を悲しませるだけの不倫の当事者であったという事実。

 

これは重いです。

 

加えて今回の『FLASH』9/26号に掲載された不倫相手、A医師のパンツかぶり写真。

 

お粗末すぎます。

何かと言うと「記憶があいまい」といって逃げ腰の斉藤由貴さん。その記憶力でどうやってセリフを覚え女優業を継続してきたのでしょう。

 

都合の悪いことは忘れられる脳だとしたら、ちょっとだけ羨ましくさえあります。

 

2年前の春とはいえ、確実にその当時は不倫関係にあった二人。あろうことか斉藤さんの家族写真が飾られえているその右側で、斉藤さんのものと思われるパンツというか、パンティを頭から被って果物を口に運んでいるA医師。

 

ここは斉藤さんの自宅のようだと、記事の中にはありました。矢口真里さんほどではないにせよ、といいたいところですが、それすらわからなくなるような想像をさせる決定的写真のようにも思います。

 

嘘をつく人なんだ。

 

斉藤由貴さんについたのは「不倫女優」ということだけでなく「平気で嘘をつく人」というイメージです。

 

子供のことを考えて、公の場で本当のことを語ることは自分にはできなかった、みたいな言い訳をしていましたが、そんなことをちょっとでも考える母親ならそもそも5年もの長きに渡って家族を裏切り続けられるはずもありません。

 

言動不一致。

 

最初の会見の表情で、わかる人にはすべて見抜かれていたと思いますが、大目に見てあげようと思っていた人たちにも嫌悪感を与えた事と思います。

 

何より腹立たしいのは、不倫報道のせいで国民の命にかかわる大事なニュースのあれこれを報道する時間が短くなり隠れてしまうこと。

 

斉藤由貴さん、徐々にCMから姿を決していくことでしょう。

 

 

斉藤由貴パンツ写真流出者「家庭に戻って欲しい」の一心でNew♪

斉藤由貴の不倫キス写真3枚をFLASH掲載!A医師と医院  

斉藤由貴が劣化!魔性の女というより「不潔ふしだら」の汚名か

斉藤由貴に不倫疑惑発覚!週刊文春報道に本人否定も2度の前科 

斉藤由貴が不倫釈明会見でシャツを胸元まで開き眼も半開き  

斉藤由貴も手繋ぎダブル不倫!開業医と週4度の背徳密会