毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶 開き直りで同居アピール!海老蔵またハワイ行き示唆か

 

 

 

ころもです。

 

海老蔵さんのファンでも麻央さんのファンでもないけれど‥‥

 

麻耶さんのありえないほどの妹に対する裏切り、海老蔵さん欲しさのあざとさに、麻央さんに代わって何か言わずにはいられない境地になっています。

人として、この方は侵してはいけない領域に入っている。

間違いが過ぎている。

 

麻央さんがいなくなったことがそんなに嬉しいですか。

そんな言葉が自然と出るほど。

 

麻央さんの置き土産は麻耶さんの欲しいものばかりだったから、それも仕方ないのかもしれないですね。

一番欲しかった海老蔵さんと公然と逢える今、逢えるどころか同じ屋根の下で暮らしている今このとき。妹の死なんて、大好きな人との暮らしと天秤にかけたらなんのことはなかったと、そう思っているかもしれないですね。

同居を隠さなくなったその裏に何があった!?

これまで海老蔵さんと麻耶さん、その母の同居は週刊誌も記事で断言していたほど既成の事実でした。

 

でも、麻耶さんも海老蔵さんもうまく読者を騙したつもりか、ゲーム感覚で妖しい画像や言葉でアクセスアップにつなげようとし、何が真実なのか知りたい読者にこれでもかというほどのフラストレーションを与え続け、それを楽しんでいるように見えます。

 

そんな二人に何があったのか。

どんな取り決め、約束が交わされたのか。

 

もう隠すことはやめたのですか、麻耶さん。

 

今日の自身のブログで麻耶さんは自分自身が海老蔵さんの家で過ごしていることをアピールするような言葉と画像を続けてアップしました。

 

金沢のお土産をいただきました。 

 

そう言って”金箔入りのドリップコーヒー”が入ったコーヒーカップをアップしていましたが、その場所はどこですか。海老蔵さんの家では?

 

『金澤美人珈琲』2杯入り

 

2枚目の写真にはそう書かれた「金箔入りドリップコーヒー」の袋がUPされており、その下に、

 

妹はあまり珈琲を飲まなかったので

オレンジジュース

妹のお部屋でお茶タイムです。

 

やっぱり。

 

海老蔵さんの家ですか。

 

しかも、あろうことか聖域といってもいい麻央さんの部屋でお茶タイム?

そういう人を世間では泥棒猫というのです。

 

麻央さんのためなら「命も差し出せる」といった姉が、泣く泣くこの世を去った妹が一番愛した男性とのうのうと暮らし、その妻だった妹の部屋の痕跡を消そうとするかのように土足で踏み込む。

 

死ぬということは悲しいですね。

ここまで好き放題にされてしまうのだから。

 

そこには麻央さんの残り香もあったことでしょう。泣きはらした夜に見上げた天井や悔しさのあまり睨んだ壁もあったかもしれません。

 

そんな繊細で侵してはならない、せめてもの妹の生きてきた痕跡の残る部屋で、妹が好きじゃなかったコーヒーの香りをくゆらせ、のんきにお茶タイム?

 

まともな神経では考えられない暴挙です。

 

妹が恋しいからそうしているわけじゃないことは、読者のほとんどが見透かしています。海老蔵さんから離れたくないから、ようやく自分の思うようになったから好き放題に振舞っているのでしょう。

 

いつだったか麻央さんが、この姉にマッサージをしてもらったことをブログに書き、その中で、いつからこんなにマッサージが上手になったのか的なことを言っていましたね。

 

あれは、感心したのではなく、疑念を投げかけていたのですね。そして、読者へは告発していたのでしょう、姉が影で何か妖しい動きをしているということに自分は勘付いているということを。

 

再びのハワイ旅行催促に答えたということか

唐突だなと思ったのは、

「とりあえずシャワー浴びて」というタイトルのブログ内で海老蔵さんが、

 

また
常夏に向かおう

 

そんな事を決心する朝です

 

と書いたこと。

 

非難轟々のハワイ旅行から帰国後、そんな世間の空気など一ミリも感じていないように麻耶さんがまたハワイに行きたいようなことを言ってました。

 

その要望に対する答えをブログでお知らせしたのですか。

 

麻耶さん、本当に楽しそう。

日々ルンルンなのでしょうね、嬉しくて嬉しくてたまらない、狂気に満ちた喜びが伝わってきます。

 

在宅で闘病しているときに、壁一枚隔てた向こうで楽しげにしているどんな声を麻央さんは聞いていたのでしょう。

 

麻央さんは本当のところ、この姉をどう思っていたのでしょうか。

闘病においては感謝することもあったでしょうが、同時にとてつもなくストレスの対象だったのじゃないかと意地悪く推測してしまいます。

 

海老蔵さん、最近いろいろ決心して、それを言葉にしてますね。

”また 常夏に向かおう”

もそうですが、

 

残り今年四ヶ月ゆっくり過ごして
今後の人生について
考えたいと思ってます。

 

という、「メンテナンスおえて」というタイトルのブログ内にあった言葉が特に意味深ですね。

 

今後の人生について考えたい

 

そこに麻耶さんをどう取り入れていくかということでしょうか。

後妻なのか、徹頭徹尾おばさんとしてなのか。

 

 

子供達にとっては、母親の場所に座ろうとする人は、とくに逢いたくて仕方ない愛する母親の場所に座ろうとする人は誰であっても「キライ」だろうなということ。

 

ましてやそれが、母親の姉だったとしたら人間不信になってしまうかもしれない。明日から幼稚園ということで、また送迎のためなんだから同居している写真をアップしても不謹慎じゃないと、麻耶さんはそう思っているのでしょうね。

 

新しい仔犬のラブちゃん、ホワホワの、麻耶さんが麻央さんの葬儀のときに持っていたと同じぐらいのショッキングピンクのハートのおもちゃと一緒に写っています。

 

麻耶さんが、このラブちゃんの画像を自分のブログでアップしました。

「ラブ♡」

というタイトルで。

 

愛してるとブログでいえないから、それで新しいワンチャンに「ラブ」と名付けて、それを多用して互いに楽しんでいるのだとしたら、もう麻央さんは成仏どころの騒ぎじゃないですね。

 

今の麻耶さんのはしゃぎぶりを見ていると、二ヶ月ちょっと前に妹を亡くした姉というよりは、婚約発表間近の花嫁といったほうが近い感じ。

 

そんな風に感じる読者もいることを、少しは感じたほうがいいと思います。

 

 

ころもでした。

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら