毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵の背後の壁に女性の生き霊か!?山田純大との会食夜に

 

 

スポンサーリンク

 

 

ころもです。

 

恐ろしいものを見てしまいました。

見れば見るほど、くっきりと浮かび上がるその染みは、阿鼻叫喚の女性の表情で今にもその苦しみの悲鳴が聞こえてきそうなほど。

 

そんな怖い壁の染みの左横でカメラ目線で写っている人、それは海老蔵さん。

 

果たしてこの染みは誰なのか。

大きく目を見開き、両手で頬を抑えて叫んでいるようにも見えるし、その手がロングヘアに見えないこともない。ただれたような顔が浮き出ているそんな壁の前で、山田純大さんと海老蔵さん、子供達、そしておそらくもう一人誰かがいる模様です。

 

女性の生き霊に見えるけど、まさか‥‥

「今夜は楽しみ」と発言した麻央さんはその後ブログ更新なし。

そして、結果ハワイ旅行で一緒だった仲良しの山田純大さんに招かれて海老蔵さんと子供達はお出かけしたようですが、おそらくこの場所に一緒にいたであろう麻耶さんについては「一切」何も触れていません。

 

でも、おかしいな。

4人掛けのテーブルなのに、お誕生日席に海老蔵さんが座っています。つまり、4人じゃないからでしょう。合計5人ということだと思います。

 

だとすればその内訳は、

お招きした 山田純大さん、

お招きされた 海老蔵さん、レイカちゃん、カンゲンくん

だけでは4人ですから、あと一人、おそらく、

 

今夜は楽しみなことがあるので
ワクワクです!!

 

とブログ更新していた、麻耶さんと見るのが妥当でしょう。

 

そうでなければ、4人席なのだから誕生席に海老蔵さんが飛び出るようにして座る必要はないですから。

 

食事が終わって帰宅した海老蔵さんの家のリビングには山田純大さんが座っていました。もちろん、ここでも麻耶さんの「ま」の字も出ません。

 

でも、山田純大さんのブログにそれはあった

純大さん、食後に海老蔵さんとの写真を自分のブログにしっかりアップしていました。

 (※ 画像は山田純大さんのブログ タイトル『賑やかに、』を参照)

 

そこには

 

今夜は、

みんなでワイワイ

 

とあります。

海老蔵さんと、じゃなく、海老蔵さんと子供達と、でもなく、

みんなで、というところに何か含みを感じますね。

 

誕生日席の海老蔵さんがカメラに入り込もうと少し体を乗り出し気味にし、純大さんが左手におそらくスマホを持って自分も入るようにして撮影しているのですが‥‥

 

そこに、おそらく麻耶さんがいましたよね、という痕跡のある席と物が写っていました。

海老蔵さんと純大さんの間、純大さんの右側の席といったほうがいいかな、その席が空いているのですが、その椅子のテーブルの上には麻耶さんがしているっぽいサングラスと少しだけコップに残っているオレンジジュースがのっているのです。

 

もしやこれは純大さんのサングラスか? 運転するからオレンジジュースを頼んだのか?

そうも取れなくもありません。でもよく見ると、そのコップには細いストローが入っていたのです。

 

これは男性は使いませんね。口紅が落ちるのは嫌がる女性がする行為です。ピンときました。

 

麻耶さん、不在にしたことでかえってその存在を強調する結果になりましたね。というか、あからさまには登場できないけど、私はこの場にいたんですよという自己主張をしっかりしておきたかったのかもしれません。

 

でも、それら姑息な演出も吹き飛んでしまうようなものをころもは見つけてしまいました。

 

海老蔵さんの背後の壁に、怨念がこもった表情でうめいているような、泣いているような、口を縦に開け目を大きく見開いた女性のような染みが浮かんでいたから。

(※ 画像は山田純大さんのブログ タイトル『賑やかに、』を参照)

 

生き霊でしょうか。

誰なのかはわかりません、わからないほうがいいかもしれません。

 

ただ、その壁の染みは見つめれば見つめるほど、女性の嘆き悲しむ表情に見えてきてならないのです。

 

両手で頬を押さえ込み、悲鳴をあげているようなその顔、まるで楳図かずおさんの中に出てくる女性が恐怖に顔をゆがめているときのような表情で写っている壁の染み。

 

もしこの席に麻耶さんも一緒にいたとしたら、この二人は昨夜はれいかちゃんの初料理のもてなし、今夜は純大さんからのもてなしということで、二夜連続で過ごしていることになります。

 

そろそろ、本当に麻耶さんとけじめのある関係に戻ったほうがいいのじゃないでしょうか。妹が亡くなってからの麻耶さんのパワーみなぎる感じは、元気になって良かったのレベルをはるかに超えた、一般人には理解不能な領域になってきました。

 

海老蔵さんのブログ写真のなかで、左ひざをぎゅっと掴むどこの世界から出ているのかわからない”不気味な手”とこの壁の染みには何か関係があるのでしょうか。

(※ 画像は 海老蔵さんのブログ 8/29『マネってみた』というブログの中の最後、4枚目の写真参照)

 

海老蔵さんのブログだけじゃなく、純大さんのブログの中でも海老蔵さんが写る写真には出てしまうのだとしたら、これはただの染みというよりは何か警鐘めいた意味合いがあるのでしょうか。

 

見える人にだけは見える染みなのかもしれませんが、他の人にも見てもらって「そう見える」といってもらえたので、ころもだけの気のせいではないかもです。

 

怖いので、明日の朝また見てみようっと。

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら