毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵ブログ写真に心霊現象か謎の手映る!?麻央の無念か

 

 

ころもです。

 

何度見ても気持ち悪い写真です。

海老蔵さんのブログにあった写真の一枚が気になって気になって、やっぱり気になって今日も見返してみました。

何度見ても、

 

海老蔵さんの左足の膝をぎゅっと下から握っている”誰かの右手”が映っているように見えてならないのです。

 

納得して亡くなった人のほうが世の中少ないわけですが、34歳の若さでこの世を去った麻央さんの無念はいかばかりかと思うとき、こういう写真を「そう見えるだけじゃない」で終わることもできるかもしれないけれど、それだけじゃない可能性も「あるだろうなぁ」と思ってしまうのです。

 

なにせ、理不尽な現実が繰り広げられているわけですから‥‥

 

生き霊だとしたらもっと怖いかも

8/29更新の『マネってみた』というブログの中の最後、4枚目の写真にそれは映っていました。

なんだかんだ言ってついつい見てしまう自分がいやですが、見てしまったからには気になって仕方ないのです。

 

最近足がヘンテコに写るなぁ〜〜

笑笑 

 

写真の下には、そう海老蔵さんがコメントをしています。

つまり、これが初めてじゃないということです。

 

初めてこの写真を見たときは、

なんだか風神雷神みたいなボコボコした筋肉質の足になってる。トレーニングばかりしているとこんな足になっちゃうのか、ぐらいにしか思いませんでした。

 

でも、

 

足がヘンテコに写るなぁ〜〜

 

というコメントを見てもう一度その写真に目をやると、

 

あれ、いや、おかしいでしょこれ‥‥

 

となったのです。

 

映っているのは灰色のコンクリートに、グレーの半ズボンが見える左足一本のみ。

 

ビーチサンダルもグレーで、グレーグレーの写真の中で唯一血の気の感じられるのが足のベージュなのだけど、この足の膝周辺がどうにもボコボコしている。

 

自分の顔を右に90度傾けて、自分が海老蔵さんの体になったつもりでその足を見下ろしてみると、自分の左ひざを誰かの右手がぐいっと掴んでいるように見える。

 

右親指は膝小僧の左側、残り4本の指は膝小僧の右側を。

 

とにかく表現としては、膝小僧をぎゅっと右手で握られた形、なのです。

 

上から見ると、膝がただボコボコしてるだけの違和感なのですが、足先からの視線で見ると、海老蔵さんの左足首が”誰のものかわからない右手のちょうど手首に相当している”感じで、足首からにょきっと右手が出てきて膝をぎゅっと掴んでいるように見えるのです。

よく、人が溺れて亡くなった河原とかで写真をとるとこんな写真が撮られることがありますが、思えば全くありえない話じゃないのかなと思ってみたり。

 

男性の手にも女性の手にも見えるけれど、爪の印象やマニキュアも映っているわけではないので、見る人によってはどうにでも見えるような感じ。

 

ただ、昨今のハワイ旅行でのはしゃぎぶりや、望んでいないだろうと思われる姉のでしゃばりすぎの様子からしても、麻央さんの無念の想いが形になって海老蔵さんの暴走を止めようとしているのかなと勝手に憶測してみたり、亡くなったお父様が何か教えてくれているのかなと思ってみたり、あるいは海老蔵さんについている生き霊の仕業なのかと思ってみたり、想像力をたくましくしています。

 

 

いずれにしても、

 

海老蔵さん本人が「最近足がヘンテコに写るなぁ〜〜」と言っていることが全てですね。

 

ヘンテコな形になった足がヘンテコに写っているとするなら、こんな言い方にはならないはず。

 

自分の目からは少しもおかしくは見えない足なのに、写真に写すとヘンテコに写ってしまう、なんでだろう、という表現に思います。

 

あの世にいる麻央さんは今頃どう思っているのでしょう。

自分が生きているときから計画されていたハワイ旅行。夏休みが決まってから計画したのでしょうから、生前とはいえ、すでに麻央さんとしてはハワイどころかベランダでさえ遠い異国に思えるほどの距離だった頃でしょう。

 

そんなときに、今の自分では絶対に行くことのできないハワイ旅行で盛り上がる姉や夫の様子は、無念を超える言葉が生み出されないと、とても表現し尽くせるものではなかったことでしょうね。

 

他人の自分でも想像がつきます。

麻耶さんも海老蔵さんも「麻央さんへの愛」という言葉を隠れ蓑に、ずいぶんと残酷なことをしてきたものだとつくづく思います。

 

なので、これからも奇妙な写真は増えるでしょうね。

ころもでした。

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら