毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵ブログに5人分のスイカ登場で麻耶親子同居確定か

 

 

ころもです。

 

 

麻耶さん親子、やはりハワイから帰宅後も海老蔵さんのマンションにいる感じですね。

 

かなり疑わしい写真が海老蔵さんのブログにアップされていました。

 

タイトル「スイカ!」の記事です。

 

隠せるのに、隠さない。

海老蔵さん、そういうことですか。

 

言葉では言えないから、ダヴィンチの「モナリザ」、あるいは「最後の晩餐」のように写真にヒント、答えを散りばめたのですか。

 

5人分のスイカの皿が写っている

海老蔵さんもハワイから帰国しました。

そして、変わらず多くの想い、写真をブログにアップしています。

 

その中に‥‥

 

多くの人が苛立ちと不気味さを持って気にかけていた、

麻耶さん親子の所在を示すような書き込み、映り込みがありました。

 

5人分のスイカのお皿です。

 

タイトルは「スイカ!」

長テーブルに、三角形のスイカが2切れずつのっている写真が一枚掲載され、

 

その下に、

 

「みんなでスイカ時間

 

 幸せ‥‥

 

 単純に幸せです。」

 

と書いてあります。

 

みんなで

 

そして、そのひょろ長いテーブルの写真中央には顔をモシャモシャと隠されている子供の前にスイカがのっている白いお皿が一枚。これはおそらくレイカちゃんでしょう。

 

右側には姿は映ってないけれど二人分のお皿が並んでいて、奥のお皿は青く小さいものでスイカもそれに合わせて少しだけのっている感じなので、これはカンカンのスイカと思われます。

 

次に、

 

 

長テーブルの左側にはボーダーの半袖を着た大人らしき人物の上半身と手が少し写っていて、この方の前にやはり2切れのスイカがのっている白いお皿が1枚。誰なのかは判別できませんでした。

 

あれ、全部で4皿?

 

いえいえ、さらに視線を画面手前に向けると、同じ柄が入っている白いお皿がわずかに、ほんとにわずかに写り込んでいるのです。そして、スイカの先端が奇跡的にちょっとだけ入り込んでいるのが見えます。

 

映ってしまった、最後のお皿。

 

計、5皿。

 

5人分?

 

5人といえば‥‥

 

海老蔵さん、子供2人、麻耶さん、麻耶さんのお母様

 

ですよね!?

 

海老蔵さんからのメッセージか

見落としてしまいそうなほど、最後のお皿は微妙にほんのちょっとだけ写り込んでいました。

 

つまり、それを映さないという撮り方もできたはず。完全に除去できるのに、5枚目のお皿をわずかとはいえフレーム内に入れた。

 

いえいえ、もっといえば、この写真をアップせず、ただ単にスイカのアップだけでも十分だろうに、あえて長テーブルに全員揃っている雰囲気、スイカの皿の数が数えられるような写真をアップしたことは偶然ではないと思います。

 

しかも写真の三分の一以上をしめるほどに大きく雑誌の裏表紙が写り込んでいるのですが、そこには、

 

「ヒハツのヒミツ」

 

という文字が印刷されているじゃないですか。妄想しすぎと言われても意味深な文字に読み取ってしまいます。

 

海老蔵さん、この写真をブログにアップすることで何を言いたかったのか。察する人は察してください、ということでしょうか。

 

だとしたら、麻耶さん、麻耶さんのお母さんが同居しているということを自分は隠すつもりはないということですね。

 

同居していることを隠したがっている麻耶さんがブログで同居の事実を話すことはないだろうから、自分がみんなに教えてあげますということでしょうか。

 

 

だとしたら、これによって当然巻き起こる「麻耶さん批判を誘発しようとしている」のでしょうか。

自分の口からは「そろそろ出て行って欲しい」とは口が裂けても言えないから、世論によって二人に気づかせようとしているのですか。

 

でも、そうだとすると不可解なのが

「幸せ‥‥

 単純に幸せです」

という言葉です。

 

自分たち親子が日本に帰国して、我が家に麻耶さん親子がいることにまさか安心感、安堵感を感じてるということでしょうか。

 

妄想が止まりません。

 

いや、これは妄想というよりは現実の分析です。

憶測というよりは、状況証拠の分析です。

 

この記事の約30分後に更新された記事に、

 

「そうか、

 もう麻央はいないんだと、」

 

という言葉がありました。

 

いろいろと意味深ですね。

それにしてもスイカ、スイカがおしゃべりでした。

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら