毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻央が不憫すぎる!麻耶のはしゃぎすぎブログに違和感の声急増

 

 

ころもです。

 

不謹慎(慎みがなくて控えめにしてない状態)という言葉は、今の麻耶さんにぴったりですね。

 

麻央さんが亡くなったら麻耶さんは一体どうなってしまうんだろう、そう心配する声もだいぶありました。

こんなに妹を想い、愛していると公言しているのに、麻央さんがこの世からいなくなったら麻耶さんは‥‥

 

でも、そんな心配全く無用でした。

すっかり通常モード、ハワイ休暇を満喫したようです。

 

しかも、麻央さんが誰よりも一緒にいたかった旦那さんと一緒。ハワイで迎えた二度目の月命日には麻央さんの愛する旦那さんと一緒にちゃっかりハワイの夕陽を楽しむことも忘れてません。

 

誤魔化せないほどに喜びが溢れている!?

幼い頃から一緒だった麻央さんがいなくなった悲しみはもちろんあるでしょう。でも同時に、とてつもない解放感を味わっていることも否めないと思います。

 

それが悪いといってるのじゃなく、表現が稚拙で露骨すぎることに対する嫌悪感が多くの人をイラつかせ、憤らせているのだということに彼女は気づいていないのです。

 

良くも悪くも麻央さんのブログは多くの方々の目に触れました。読みたい人が読みに行けばいいはずのブログが、ヤフーニュースを開けばもれなく麻央さんブログの関連記事がアップされていた時期が長くありました。

 

記事を読めば、そこに麻耶さんも登場します。献身的に妹をサポートする麻耶さんの姿ばかりが強調され、一時的にせよ世間の空気は「麻耶さん、今まで誤解していました、ごめんなさい。ただのぶりっ子かと思ってました。妹思いの優しいお姉さんだったのですね」に変わっていきましたね。

 

でも、麻央さんが亡くなってからの信じがたいほどのメンタル回復の早さ、必要以上の明るさとはしゃぎぶり、極めつけは海老蔵さん宅での意味不明の同居にハワイ旅行。

 

 

あれ、あれれれ?

 

 

ブログ大好きの海老蔵さんと麻耶さんが、ハワイ旅行のときだけは互いの存在を消すような動きをし、隠しきれずに海老蔵さんが小出しに紹介はしたものの、旅行メンバーの山田純大さんが帰国するときにはそのことに触れているのに、麻耶さんが一足早く帰国するときにはブログに麻耶さんの「ま」の字も触れない。

 

やっぱり、やましいと思ってるからじゃないのか。

 

誹謗中傷されるのが嫌なだけでしょうという擁護はあまりに苦しいです。そもそも、そんなことを気にかける人は妹の旦那と妹の死後に暮らさないし、妻の姉とハワイ旅行に行ったりしないでしょう。

 

 

騙されるものか、世間の潮目も変わりました

麻耶さんのハワイ旅行についての世間の見方も、だいぶ麻央さん闘病中とはトーンが変わってきました。

 

・麻耶さんは早々立ち直れないと思ってた。まさか死後2ヶ月足らずてハワイではしゃぐ姿は想像も出来なかった。

 

・普通はありえないよ 妻亡きあと子供と妻の姉と海外旅行なんて

 

・摩耶さん 可愛い姪っ子甥っ子の為と匂わせていますが本当は自分の為なんじゃ?
姪っ子甥っ子…をダシにして自分が海老蔵の側にいたいんじゃないの⁇

 

・みんな喜んでますが私はマジでドン引きです。
やっぱり死ぬのを待ってました!って感じになっちゃいましたね。

 

・妹が死んでもハワイで楽しめる元気と、パニック障害?どころか、飛行機乗れるような元気も、うんざり

 

・まだ亡くなって間もないのに…。故人の希望だったらまだ救われるが、そうでなかったら、本当に残酷な家族だと思う。おぞましい。

 

・海老蔵も妹も亡くなる前は、人生ドン底で這い上がれないアピールすごかったのに、亡くなったら逆に元気になったように見える。真央さんとことん利用された感じがしてしまう。

(転載元:ヤフコメ) 

 

まともな感覚ならこのような気持ちになるものだし、それを「非難するな、批判するな」と擁護するほうに、むしろ闇を感じます。

 

喪に服す、服さない、そんな目に見える非常識だけを憂いているのじゃありません。感覚として、とてもではないけれども受け入れがたい「得体のしれないおぞましさ」をみんながそれぞれに感じているのでしょう。

 

麻央さんのファンでも何でもないころもですら、麻央さんの無念の気持ちに何か言わずにはいられない感情になるぐらい、オカルト的な怖さを麻耶さんから感じてならないのです。

 

人間は一人一人違う。だから、笑いながら心で泣いているかもしれないじゃないか。笑顔全開、元気百倍だからって、それはカラ元気かもしれないじゃないかという擁護派の方々の反論も聞こえてきそうですが、そんな表層的なものじゃない、もっと根深い「何か」を感じるのです。

 

いずれ時が教えてくれるのでしょう。

 

麻耶さん、ハワイ写真から感じていたことですが、だんだん麻央さんの雰囲気に寄せてきていますね。なぜかな?

 

これは心の声。

海老蔵さん、心の声を叫びましたよ。

 

ころもでした。

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら