毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶と海老蔵 ブログに同じ虹写真をUP!示し合わせたか

 

 

 

ころもです。

 

とうとう、摩耶さんと海老蔵さん、全く同じ視点の景色をアップしました!

水平線にかかる虹の写真。

 

摩耶さんのブログのタイトル「アロハー」の中にそれはありました。

「今日も心地がいいです!」

の出だしで始まったこの記事の、上から3枚目の海の写真。

水平線の上にうっすら浮かび上がる虹。特徴的な雲が水平線の真上にひとつ。そして画面右上にも大きな雲がある写真。

日付は 8-19 11:55:09 とあります。

 

 

一緒に観てたの?転送でもらったのをUPしたの!?

 

そして、この写真と同じ虹の写真が海老蔵さんのブログにもアップされているではありませんか。

 

海老蔵さんのブログのタイトル「初めて繋がった虹を見ました」の中にそれはあり、

「いつもは半分なんだなぁ〜」

の出だしで始まっています。こちらは一番上に、摩耶さんと同じ虹写真を掲載してますね。

日付は 8-20 02:51:46 とあります。

 

とても繊細な虹、そして、それ以上に端々がたなびいていて、刻一刻と変わりゆく繊細な雲。

 

同じ時刻、同じ場所にいなければこの繊細な景色をキャッチすることはできないのではないでしょうか。それほどに雲の切れ端までもが一緒の写真。それを二人がUPした、してしまった、することにした? のだから深読みしてしまいますよね。

 

麻央さん、どう思いますか

 

時系列からすれば、摩耶さんのほうがこの写真を先にUPしたのですから、海老蔵さんは全く知らずに一緒の場所で撮影したこの写真を遅れてUPしてしまったのか、それとも美しい虹が出ていたので海老蔵さんに摩耶さんがその写真を転送し、それを麻耶さんもUPしてしまうとは思わずに、自分が見たものとして海老蔵さんがUPしたのか。

あるいはタイマーUPしてあえて海老蔵さんが摩耶さんと時間をずらしたのか。

 

もっと正確に観察するなら、見える景色は全く同じだけれど、同じ写真を焼き増ししたという意味での「同じ」じゃなく、同じ場所でシャッターをそれぞれが切ったという感じ。

隣同士に座っているカップルがそれぞれにスマホで同じ景色を写したがためフレーム内に映る一切合切がまったく一緒ということではなく、視線の先にある風景が全く一緒というほうがより正確かもしれません。

 

虹、そのたもとの芸術的な雲の形、写真右上を覆い尽くす繊細な雲。それが全く一緒ということになります。

 

でも同時刻であることは、その繊細な雲の先っぽのたなびきによってもわかる。よりにもよって同じ写真をUPしてしまったのですね。

 

偶然なのか、示し合わせたのか、それはわかりません。

 

でも、こんな恋人同士の戯れてるような感じのやりとり、よくやりますね、麻耶さん、海老蔵さん。

 

麻央さんのことを忘れてるのじゃないですか、と言われることを予測してか、麻耶さんは、ひとつ前の記事に

 

妹の話をしながら、
泣いたり、笑ったり、しています。

 

という一文を入れてはいますが、正直、それが本当だとしても、麻央さんの心はこのハワイの空ほどに晴れ渡っているとは到底思えません。

 

麻央さんの口癖を麻耶さん、忘れましたか。

海老蔵さんがブログで言ってましたよ、

「ジェラシー」だって。

 

やきもち焼きなんです、麻央さんは。赤の他人じゃなきゃいいって問題じゃないです。むしろ、赤の他人のほうがまだよかったかもしれないくらい。

 

麻央さんを、麻央さんの人柄をわからない人が海老蔵さんと一緒にいたがるならまだそのほうがわかるのです。

 

麻央さんの、麻央さんの人柄を誰よりわかっていると思われる摩耶さんが海老蔵さんと一緒にいたがる、そしてその状態を誰よりも幸福と思っている。

 

それが罪深いのですよ。

 

麻央さんは心の広い方だからこの状況を喜んでいるという方がいるけれど、本来なら自分がいたかった場所に違う女性がこの上なく幸せそうな笑みで座っていたとしたら、それがたとえ実の姉であっても、いや、実の姉であればこそ、嫌な気持ちになるはず。

 

ジェラシー。

 

天国から麻央さんの声が聞こえるようです。

 

かわいそうと思われたくない、生前に麻央さんはそういってブログを始めましたね。

なのに、今多くの読者は心の中で「麻央さん、かわいそう」と思っています。口にするかしないかだけの差で。

 

ころもでした。

 

 

 

小林麻耶の関連記事一覧はこちら