毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

浜崎あゆみ インスタが最後の砦!?裸の女王に憐れみ同情の声

 

 

 

ころもです。

 

近頃の浜崎あゆみさんはインスタでしかお目にかかれなくなった感じ。

スマホが苦手と久々のバラエティ番組で「なにもできないセレブな私」を演じて炎上したばかりだというのに、誰よりもスマホを使いこなしている感満載のインスタがとにかくイタい。

 

昔取った杵柄と言う言葉があるけれど、まさしくそれ。歌姫だった自分、ちやほやされていた自分。

でも、残ったのは嘘のちやほや、イエスマンばかりってとこか。おかしな衣装や言動をチェックする人もいなさそう。

信じがたい人数のスタッフをコバンザメのように連れ歩いても、誰も浜崎さんのおかしさを指摘していないのが、本番の発言やファッションを見れば一目瞭然でわかる。

堕ちた歌姫。裸の王様となった浜崎さん、露出狂にもなってきました。

 過去の栄光が眩しいほど影が濃くなる

アメリカのセレブも「どうしてそうなるかな」という感じの人が多いですよね。自力で歩けなくなってしまうほどに太ったマライアもそう。

 

浜崎さんはいっとき「白あゆ、黒あゆ」と、歌とファッションが相乗効果で魅力的な時代があったのに、今はその面影がまったくといってない。

同じく歌姫と言われた宇多田ヒカルさんや安室奈美恵さんが今も歌手としてドラマ主題歌にCMにと需要があるだけに、インスタへの強すぎるこだわりというのか必死さが命の彼女の悲惨さを強調してしまう。

 

もちろんそんな宇多田ヒカルさんや安室奈美恵さんの活躍が耳に入らないはずもないわけで、いったいどんな気持ちで活躍し続ける二人を見ているのかな。

 

履くわけでもない眺めるだけの靴やバッグをコレクションするのは個人の勝手ではあるけれどもあまり頭のいい趣味とはいえない。

 

そんなところを目指していたの?

高いものが買える自分。高いものをたくさん持っている自分。多くの使用人を雇える自分。

 

インスタでしかもう自己主張できない!?

 

金持ちであることを自慢するのは自由だけれど、あまりにそれはかっこ悪い。でも、それがかっこ悪いという自覚がなく、むしろ周囲の人間に未だおだてられ絶頂期だった自分を、「忘れないで、アリ〜ナ〜!」と叫んでいるみたいでこちらのほうが恥ずかしくなってくる。

 

すっぴん風の手の込んだ画像をアップしたり、しっかりと構図を考え抜いたはずなのに自然を装った寝顔とか、もう〜本当にそいういうのいいから。

 

寝顔って眠っている顔なわけだからタイマー撮影したわけじゃないのなら誰かに撮影を頼んだわけで、それを頼んでから定位置に戻って寝顔を作る。「いいよ、撮って」って感じでお願いしてるのかと想像すると興ざめです。

 

化粧をばっちりし、いよいよこれでOKということでマネージャーか誰かに頼んだ寝顔の写真。

 

バレバレです。

 

歌手ならやっぱり歌で勝負してください。物議を醸し出すためにインスタを駆使するのもいいですが、どうみても修正を加えましたよね、という写真が多すぎてテレビ出演の時との落差がありすぎます。

 

どこを目指しているのかますます混迷を極めてきた浜崎さん。増えすぎたお金を生涯に一度も使うことのない靴やカバンに費やすぐらいなら、寄付という選択肢もありますよ。

 

ころもでした。