毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

観月あこは「悪い娘」錦織圭の父が断言!結婚猛反対の黒歴史

スポンサードリンク

ころもです。

 

まったくいい話が出てこない錦織圭の恋人、観月あこさんが「結婚はしたい」と週刊新潮の取材に答えました。

錦織ファンにしてみたら、綺麗でもない、可愛くもない、スタイルがいいわけでもない痩せぎすの魅力のかけらも感じないこの女性になぜ錦織選手が振り回されているのか。

 

ブラックカードまで持たせて、早く目を醒ましなさい!

 

の大合唱ですが、何もこの2人の交際に苛立ちを覚えているのはファンだけじゃないのです。というより、身内こそ、錦織選手に親密な人たちほど観月さんを嫌っているのだから凄いです。

そこまでして別れない理由は何なのか。ここまで嫌われ、ふさわしくないと言われながら交際続行どころか「結婚はしたい」というおぞましい言葉を口にするこの観月あこという女性は一体何者なのか、調べるほどに、錦織選手の未来が心配になってきました。

 

悪い噂しか聞かないし「悪い娘」と錦織選手の父が断言

観月あこさんを見て、「ああ、この子なら騙されても付き合いたいよね」という子ならここまで言われないのかもしれない。

 

でも、申し訳ないぐらい「なぜこの子じゃなきゃダメなわけ?」と思わせる魅力のなさ。凹凸のない体に年老いた顔、綺麗どころか、可愛さも感じない。一体何があれば、世の魅力的な女性に目をくれることもなく、こんな鶏ガラのような女性にご執心になれるのか、それこそ世界の七不思議です。

 

輝かしい功績が観月あこさんとの交際スタートからどんどん下降。黒歴史が暴かれていった経緯には、そんな錦織選手の成績がふるわなくなった原因の追求がまずあったのでしょう。

なにせ、交際前までは2014年の全米オープンで準優勝。世界ランクも5位という日本人とは思えぬ偉業を成し遂げ、グランドスラム制覇も時間の問題と言われていたのだから。

それが観月さんとの交際以降は世界ランクが5位から4つ下がって9位。試合も振るわず、何に苛立っているのか試合中にラケットを地面に叩きつけて壊したり、情緒不安定になって周囲を驚かせたり。

 

実力を発揮するスポーツ選手のほとんどは、その技術向上と同等かそれ以上にメンタルを鍛え、伸ばすことに熱心だしその重要性をよくわかっているだけに、この不安定な錦織選手のメンタルの暴落にはコーチも両親もチームもファンも苛立ちを隠せないのですよ。

 

成績が悪くなっていくときと観月さんとの交際時が重なっていることは調べればすぐわかること。本当にこの女性、いろいろと胡散臭い話が次から次に出てくるのです。

 

少しもぱっとしない芸能人が一流すぎるアスリートをゲット!?

それが世間の観月あこさんへの印象じゃないでしょうか。

世界のスポーツ選手の長者番付では日本人最高の26位入り。1年間の収入は約37億円。一介のモデルが生涯どころか、来世、再来世かかっても稼ぎきれない金額をたった1年で稼ぎ出す男性に死に物狂いで執着するのは、理解はできます。

 

ただ、この子だけはやめてほしいと思っている人の執念というのも、また凄まじいものがあるように思うし、ころももまたそのうちの一人です。

錦織選手の父親も週刊新潮が交際についてインタビューすると、

 

「(結婚については)うーん‥‥わからねぇなあ。そんなもん全然想像したくもない。彼女(観月)が悪いっていうのはいっぱい聞くし。周りからね。まあ、悪いことしか聞かないからね」(引用:週刊新潮8/17号)

と歯に衣着せぬ正直さを今回初めて見せたといいます。

 

さらに、

「(コーチの)マイケル・チャンだけが心配しているんじゃなくて、皆が心配している。(錦織のマネージメントをしている)IMGにしろ誰にしろみんな。それは真実。だって、良いこと聞かないもん。噂‥‥噂じゃないと思うもん、調べれば。悪いでしょ。悪い娘だと思うよ。でも、俺が嫌だとしても、あっちの親御さんに対して、そんなこと言えないしね‥‥」

(引用元:週刊新潮8/17号)

なかなかの答えですね。悪い娘、良い噂を聞かないし、結婚なんて想像したくもないという交際相手の父親に明言されてしまう観月あこさんって、いろいろな意味で凄いですね。

 

「お金とか名誉を持つとね、それが目的の人しか寄ってこない」 

 まるで観月あこさんがその寄ってきた人であるといわんばかりにお父さんは続けます。周囲から聞かされる観月さんの様子から「もう、出たくてしょうがないんだな、前に」と呆れているのがわかる発言もしていました。

 

本当に嫌われてますね、あこさん。

 

男好き、肉食の黒歴史が次々と暴露される

モデルという肩書きがあるも、まったくと言っていいほどパッとしない観月さんが芸能界で名前を売ることになったのは、この二つの出来事が大きいかもしれません。

 

一つは、ジャニーズ事務所キスマイの玉森裕太さんとの恋愛。

もう一つは、『杉良太郎「密室わいせつ演技指導」の口止め生録音テープ」という記事。

杉良太郎さんの件は、すぎさんが個人レッスンと称して22歳の清純派女優を呼び出し、無理やりキスをしたり胸をまさぐったりしたという内容のもので、そのときの清純派女優こそが「観月あこ」さんだったというものです。

この杉良太郎さんとの個人レッスンの一部始終をひそかに録音、週刊ポストに持ち込んだと言われる観月さん。

 

この記事は鮮明に覚えていますが、その女性が観月あこさんだったというのはころもも最近知ったばかり。後味の悪い記事の中心人物にこの女性がいたということを考えると、ますます嫌悪感が募り、早く逃げて!と錦織選手に言いたくなります。

 

錦織選手との交際発覚記事となった御殿場のアウトレットモールでのデート写真にしても、そのデート情報を女性セブンに流したのは観月あこさんではないかと言われています。

 

そう疑われる何かが彼女にはあるのでしょう。過去の実績といっては皮肉ですが、そういうことを”やりかねない子”というだけでも、十分に錦織選手の彼女としてはふさわしくない気がします。ましてや結婚相手なんて、本当に目を醒して!と叫びたくなるファンが大勢いるのじゃないでしょうか。

 

他にも刺青の入った男の人と一緒に写っている写真や、あやしげな写真会に参加したときの写真なども流出するなど、調べれば調べるほど黒歴史にあふれている。

 

錦織選手の父親もそういった自分なりのリサーチ力も駆使して観月さんとの交際を嫌っているのだろうし、断固として結婚を反対しているのでしょう。

当然です。

 

ネットでも、日本の錦織選手のファンならほとんどがこの観月あこさんとの交際に眉をしかめ、早く別れなさいという気持ちでその成り行きを見守っています。

 

親にも疎まれ、チームにも嫌がられ、コーチにも嫌われ、ファンにも大バッシングを浴びて嫌われている女性。

 

そんな女性をどうして好きでいられるのか、タデ食う虫も好き好きと百も承知ながら、心底錦織選手の気持ちがわからないです。

 

せめて、せめてどうしようもなく顔が可愛いとか、可愛さはないけど着物が似合う和服美人だとか、本当は節約家で人の見えないところでしっかり錦織選手の食事やメンタルの部分で他の人にはできないほどのサポートをしているとか、少しはいい面が見えてくるといいのですが、全くそういう話が耳に入ってこないのはどういうことか。

 

それどころか、錦織選手のブラックカードを使って豪遊三昧、自慢三昧、すでに女房気取りといった素行ばかりが報道されるのだから、これは日本の宝を守るためにみんなが躍起になるのも致し方ないかなと思うばかり。

 

シングルな二人なのに、これほど結婚のハードルが高いのも珍しいです。

そんな観月さんですが、週刊新潮のインタビューでネットで悪く書かれていることについてどう思っているかと訊ねると、

「見てないんで。あんまり興味がないです」

といい、錦織選手の父親が「悪い娘」と言っていることを伝えても、

「(そんなことは)言っていないと思います」

とのらりくらり。

これほどの鈍感力としたたかさがないと世の中厳しいのかもしれませんね。

「結婚はしたい(ですが)、彼に任せています」

と観月さんは言っているのだから、ファンとしても錦織選手を育ててきたすべての関係者は今錦織選手本人にこう懇願したいのじゃないでしょうか。

 

頼むから、結婚だけはやめてくれと。

 

(引用:参考元:週刊新潮8/17号)

 

上原多香子が夫を自死に追いやった鬼畜の不倫ライン公開 - 毒舌ころも

上原多香子も不倫発覚!自死した夫が弟に託した遺書の衝撃 - 毒舌ころも

紗栄子が破局!前澤社長やインスタより子供の海外留学優先の理由 - 毒舌ころも

紗栄子 大富豪との破局より優秀な子供たちの将来に賭ける - 毒舌ころも

錦織圭の彼女観月あこが全仏で大恥!?招かれざる客か - 毒舌ころも

錦織圭の疫病神!?観月あこの占い師「彼女はお金に困ってない」 - 毒舌ころも

今井絵理子のアゴが急成長!?不倫より目立つ鋭い横顔 - 毒舌ころも