毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

神田沙也加のあざといインスタが話題、若返りが痛いアラサー

スポンサードリンク

ころもです。

 

血は争えぬとはよくいったもの。

結婚後の神田沙也加さんのインスタが妙にイタイです。

 

おそらくデビュー当時に「顔が大きい」ということを言われ続け、松田聖子さんの娘というが全く似ていないという批判もトラウマになっていたのでしょうか。

そう解釈されてもおかしくないぐらい、今になって急に自撮りアップのインスタで忘れてきた自己顕示欲をくすぐることに喜びを見出しているように見えます。

正直、アラサーにもなってツインテールは気持ち悪いし、何が狙いなのか、意味がわかりません。

大変申し訳ないけれど、沙也加さんは昔からアイドル顔にはなれない顔の作りなのです。hanaがわし鼻なので、その時点でアイドルは断念すべきジャンルでした。

 

 

修正してまで何を期待しているのか

 

21日にアップされたインスタグラムの写真は彼女が演じる役柄のツインテール姿でだいぶ上から自撮りされたせいか、まるで宇宙人のよう。

 

顔は真っ白、目は目頭切開をしたのか明らかに昔とは違い必要以上に大きくなり、輪郭は顎にむかって急激に細くなってデビュー当時のぱつぱつの顔とは別人になってしまいました。

 

昔の写真が残っているので、非常に検証しやすいのがお気の毒です。

 

結婚前でもイタイですが、結婚してからもまだ「可愛い」が不特定多数の人から欲しいのでしょうか。ミュージカルの宣伝だけなら、ここまで自撮りアップをする必要はないですから、よほど自分の顔に自信があるのでしょう。

 

やはり、生まれながらの芸能人、自分大好きということなのか。

 

苦労人で常識人だと思っていたけれど

 

親の七光りをあまり使わず、他の二世にくらべたらある程度の挫折も体験、バイトもしたりと常識的な生き方を学んできたかなと高めに評価していました。

 

でも、記事になるインスタの画像の自己満足、自惚れの強さを見せつけられるにつけ、やはり「蛙の子は蛙」なのだなと実感。

変わりすぎた顔についてはノーコメントで通したい感じです。

 

どう見ても顔がもう別人。

 

細くなったから、年頃だから、そういうレベルの違いじゃなく、目の幅をそんなにまでして大きくしたいですか?と訊ねたい感じに、目頭がキレッキレになっている。

 

大きすぎるカラコンも、宇宙人になりたくて130回も整形を重ねたという「世界仰天ニュース」に出ていた少年のようで、なんとも薄気味悪い。

 

それより何より怖かったのは、そんな別人のような画像に対して「可愛い」や「こんなにツインテールの似合う大人の女性は沙也加さんだけだと思います」という絶賛コメントがあるという記事の内容。

 

人の価値観は本当にそれぞれなんだということを身にしみて感じる瞬間です。

 

ファンじゃない一般人のインスタを見た感想は、

 

・いつもより老けメイク、40手前に見える
・胡散臭い中国人のおばさんみたい
・白すぎファンでとデカすぎるカラコンが怖い
・気持ち悪い
・鈴木その子みたい

 

とさんざん。でも、ファンじゃなければ見たままの感想をいうしかないので誰にもそれは止められないし、責められない。

 

インスタで画面いっぱいに自分の顔だけを撮って世間に晒す人の本音、目的とはいったい何なのでしょうか。

 

どれほどのかまってちゃんなのでしょう。

 

可愛いと言って欲しいの? 若いと言って欲しいの? 素敵と言われたいの?

 

なんであれ、自分が一番大好きなんだろうなと思われるのがオチです。

少なくとも、ころもはいつもそう思ってます。