毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

海老蔵が麻央の闘病中に密会疑惑浮上!?報道時期調整中の噂

 

 

 

ころもです。

 

昨日は生きていれば小林麻央さん35歳の誕生日。

明けて今日は、小林麻央さんが亡くなってちょうど一ヶ月の月命日。

 

そして奇しくも昨日は、日本一を争う二人のブロガーの元パートナーの誕生日だったのですから、なんとも皮肉ですよね。

 

アメブロで1位、2位を競い合う市川海老蔵さんの妻だった小林麻央さんと、時の人である松居一代さんのご主人である船越英一郎さん。

 

よりにもよってこの二人の誕生日が同じ、そしてこれ以上ない好奇な目の対象になっているのも同じなんて‥‥。

 

こればかりは、そうしようと思ってできることではないので何か運命のいたずらのようなものを感じずにいられません。

 

「持ち上げて落とす」が始まる予感

日課のように麻央さんを「愛している」とつぶやいてブログアップしている海老蔵さん。その愛妻家ぶりも、義理の姉である摩耶さんと未だに寝食をともにしていることで色あせてます。

 

心から愛している、そういって止まない気持ちはどこからくるのでしょう。愛は不特定多数の人間に宣言するものじゃなく、心のなかで温め、ときに囁くもの。

ましてや、相手が今生の人でないのならなおのこと。

それでも飽きることなく、誰に聞かせてアピールしたいのか意味不明の「愛してる」は、回を重ねるごとに「何かを隠蔽するための免罪符・呪文」のように聞こえてくるから不思議です。

 

なんでもやりすぎはダメ。

 

どんなに悲しみを取り繕っても、最愛だと言っていた妻が亡くなって一ヶ月も経たないうちに隠しきれない次なる展開への”希望”のようなものが不謹慎にも感じ取れてしまうのはなぜか。

亡き妻に誕生日に送ったバラの花束は必死にアピールするのに、生きているその姉の誕生日に送った高級ブランドのプレゼントは一切ブログにもあげない。

何を育んでいるのだろうかと勘ぐりたくもなるというもの。勘ぐられるのが嫌なら、今すぐ麻耶さんにこれまでの看病の感謝を告げ、1日も早く麻央さんの築き上げた家庭という城から退場してもらうのが、本当の亡き妻への「愛ある決断」だと思います。

 

ここにきてしかし、やっぱりか‥‥の足音が聞こえてきましたね。

海老蔵さんの女性スキャンダルの噂です。

 

かわいそうな人と思われたくない麻央さんだったのに‥‥

 

麻央さんはとてもプライドが高く、負けん気が強く、頑固だという印象がありました。あれほどアンチに「金目当てか」と叩かれたブログであっても、どこ吹く風といわんばかりに継続。

それもこれも、良くも悪くも、目指す自分の理想の姿があったからでしょう。強い母であったこともそうでしょうが、読み手としてはそれ以上に彼女が一女性としてどれだけ幸福であったか、それを誇示したかった面のほうが大きいのじゃないかと思っていました。

命の継続よりも女性としての姿形を重視した部分も否めない結果となってしまった今だからこそ言えるのは、麻央さんは、ことに命の期限がチラつき始めてからの麻央さんにとっては、自分が最後の女性になる、最後の女性でありたい願望がどれほど強くあったろうかということです。

 

そのときにもっとも恐れるのは、海老蔵さんが愛する「新たなる女性」の出現ではないでしょうか。

 

もっと拡大すれば、自分以外の女性の存在です。

 

あれほど「かわいそう」と思われたくないと主張し続けてきた麻央さん。そのためにアップしたといってもいいブログであったのに、今読者の中に流れている空気は総じて、

 

かわいそう、麻央さん‥‥

 

になってきています。

 

「妹のためになら命を差し出せる」とまで豪語していた姉が自分の愛する夫と暮らし、子供たちの母親を気取り、それを理由にいつまでも後妻のようなふるまいでママ友とも楽しく語らいお受験や、その後のハワイ旅行まで計画、夢見ている。元気そのものにしか見えない。

 

夫である海老蔵さんは、偶然といってはいるけれども、本人が勘違いするだろう麻耶さんの誕生日に夜の部を休みにするという、歌舞伎界始まって以来の試みをする。

 

大好きな人が自分の誕生日にお休みを取ってくれた! 

 

摩耶さんの中ではそんな解釈がなされているかもしれないですね。悪い気など、するはずもありません。

 

麻央さん、かわいそう。さらに、

 

「海老蔵と”さる女性”を巡る情報をキャッチして、取材を進めているメディアがある。出せば大スクープになるのは間違いなく、世間から海老蔵に向けられている視線や評価も、ガラリと変わるのではないでしょうか」(芸能プロ関係者) 

 

(引用元:上下ともデイリーニュースオンライン)

 

「センシティブな内容だけに、麻央さんが亡くなったばかりのタイミングであることを考慮しているようです。現在は、海老蔵のマネジメントを担当している松竹や成田屋らが折衝を行っており、報道時期を調整している段階とみられます」(前述の芸能プロ関係者)

 

そのへんにしておいたほうがいい、愛している、愛しているとそんなに言わない方が身のため。みんなが心配していたことは、こういうことのためでした。

 

そして、何とはなしに感じていたこそばゆい感じ、「愛している」とブログでアップする海老蔵さんの胸の内を考えれば考えるほど、なにか不穏なものを感じずにはいられなかったのは、やはりこういう記事の到来に対する危機管理だったのかもしれない、そう思ったものです。

 

真実はわかりません。

 

わからないけれど、「胸がなくなろうが何だろうが、俺はおまえを一生守る」という言葉を言ってあげただろうかとふと思ったとき、そこにあったのは、本当に「愛」だったのだろうかと勘ぐる自分もいる。

 

愛するに値する女性を愛するのは至極簡単なこと。愛する姿形がそこになくなっても、魂でさえも、魂だからこそ深く愛せるなら、それは「愛」だと信じられる。

 

マスメディアが不自然極まりないほどに海老蔵さんを良き父、良き夫としてもちあげてきた日々は、一発の打撃をより大きくするための工作だったのかも?から、「絶対そう」と思える日が近づいている気がします。

 

ころもでした。

 

麻耶ついに馬脚を現す!?麻央逝去の年に夢・実現率70%と笑みNew♪ 

 

麻耶「妹の心を大切にしたい」虹の絵文字を多用する理由の答え

麻耶親子が計画か!?「また連れてってぇ」息子が海外おねだり

麻耶の思う壺に!?海老蔵「私達の健闘」表現に激しい違和感

 

海老蔵 二人の母へアンチエイジングの贈り物!?採血若返りか

海老蔵 麻央の愛犬を麻耶親子に返すために仔犬購入か!?

老蔵ブログに5人分のスイカ登場で麻耶親子同居確定か

 

麻耶ブログ写真で海老蔵親子と一緒と判明!イルカ講習で脚が 

麻耶 麻央への裏切りを自覚!?南国写真UPも母と2人強調 

 

麻耶ついに海老蔵と念願の海外旅行!子供と母は大義名分か  

小林麻耶と海老蔵が子供理由に夏休みはハワイ旅行か!?麻央無念

 

小林麻耶が海老蔵と再婚なら麻央への最大の裏切りでは!? 

小林麻央の個室代は1泊約5万円!治療費3千万円未払いの理由とは 

小林麻耶すでに通常モード!?後妻が麻央の遺言でないなら怖い 

 

小林麻耶の誕生日会より気になる膝上15㎝ミニスカートの怖さ 

市川海老蔵の再婚相手は摩耶か!?麻央「愛してる」は牽制か 

小林麻央の空白期間の治療が謎すぎ!? 1年8ヶ月何してたのか

市川海老蔵に三度の過ち!?週刊新潮が放つ気功疑惑とは!?