毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

松居一代の逃亡理由が判明!?週刊文春が明かす出廷命令とは

スポンサードリンク

ころもです。

 

長い逃亡生活を送っている、渦中すぎる人物、松居一代さん。

今現在彼女はどこにいるのかとマスコミが追い続けるなか、それを楽しむかのように少しだけ足跡、ヒントを残しつつ、逃亡劇を続けているのは何故なのか。

居場所を教えたいのか秘密にしたいのか。

表に出たいのか出たくないのか、これがさっぱりわからない。

 

松居一代さん、一体何から逃げているの?

なぜ自宅に帰らないの?

 

これが、サスペンスが始まった当初から現在までの、多くの方々の”謎”でした。

 

 

決して受け取りたくない二つの通知?

7/27号の週刊文春によれば、松居一代さんが何から逃亡しているのか。なぜに自宅に帰らず、おばあちゃんと呼ばれている女性の自宅やカプセルホテルなどを転々としているかがわかりました。

 

それは、2つの通知書を受け取らないため、と見られます。

 

一つは‥‥ 夫の船越英一郎さんが裁判所に申し立てた離婚調整の申立書を無視する為。

これは7月10日前後に自宅ポストに投函されたといいます。

 

もう一つは‥‥ハワイ地裁からの「出廷命令」

 

(参考元:週刊文春7/27日号)

 

なるほど、自宅にいたら「受け取っていない」、あるいは「受け取らない」状態を主張し続けることは確かに困難です。

でも、見ていない、受け取っていないとしたら、通知の中身も存在も知らぬ存ぜぬという言い訳がたちますね。

 

「私を家族の前で貶め、精神的苦痛をもたらすこと以外の正当な理由なく、私と私の家族に対して一連のハラスメントを働いた」

(引用:週刊文春)

 

「出廷命令」の通知書の中にはそのような主張が記されているといいます。不倫女性と噂された女性の言葉です。

 

裁判所が作成した通知書の中にある、松居さんによる不倫相手への数々のハラスメント行為について週刊文春は「通知書に記されている松居の行動には一切同行していない」と記述していました。

 

それが真実ならば、松居さんは文春さんとハワイに行ったことはいったものの、不倫相手とされる女性やそのご主人、関係者へのアタックについては単独行動だったということになるのかもしれません。

 

確かに、週刊文春というのか、第三者がついていながら、接近禁止令が出されるほどの行為をみすみす見逃すというのも考えにくいし、現実味がないですね。

 

攻撃的、暴力的になることが恐い

今回の7/27号週刊文春の中で、不倫相手とされている女性はとにかく「事実ではない」と否定。

さらに、ご主人も松居一代さんの主張を信じていないといい、さらに、

「一代たちと関わる気は一切ない。やめてほしいと意思表示したにもかかわらず、彼女は私の家族や親しい人たちへの接触を続けた」(引用:文春より)

と訴えています。

 

 

呼び鈴を鳴らし続ける松居さん

 

通知書によれば、松居さんはその女性の夫の実家を二度訪問。帰るようにジェスチャーで促されても呼び鈴を鳴らしたといいます。

いきなりの訪問者、そして帰って下さいというリアクションを無視するという行為。普通に考えて怖すぎます。

 

そればかりか、翌日には不倫相手とされる女性のご主人の職場を訪れ、他の職員の人たちが手がつけられないほど泣きわめき、自殺願望や、手紙を渡す必要性を訴え続けたのだといいます。

 

何も言いません。(みなさん、ご自身がそういう場面の当事者になった気持ちになって見てください。その怖さがじわじわと迫ってきます)

 

女性は、

「一代は日本で情緒不安定の過去があり、他者に対する言語などでの攻撃的行為の記録が残っている。私は、私や家族の生活が心配であり、要求がかなわなければより自暴自棄になって攻撃的、暴力的になることを恐れている

 とも訴えています。

 

そんなこんなでハワイの裁判所は8月15日までを期限とした「一時的な接近禁止令」を松居さんに下し、公聴会への出廷を命じたのですが、なにせ、時すでに遅し。

 

そのときにはすでに日本に帰国していたので、松居さんに通知は届いていないというのです。もちろん、7/11に予定されていたという公聴会への出席もありません。

 

「接近禁止令は、被告が銃や刃物を持っている可能性を考慮してハワイ警察から送達することになっているが、被告が国外にいる場合ばその限りではありません。今後、被告に送達がなされない限り、一時的な接近禁止令は何度か延長されるでしょう」(引用:週刊文春7/27号)

 

何から逃亡していたのか。

 

今回の週刊文春によって、その理由がだいぶ鮮明になってきたように思います。何が真実か。誰が本当のことを言っているのか。

 

本来はそのことが焦点になるのですが、それら事実を何段階も飛び越えた領域でみな、何か底知れぬものと闘っている。

 

そんな印象を拭えない、今日のころもでした。

 

▶️小林麻央の個室代は1泊約5万円!治療費3千万円未払いの理由とは

松居一代「遺書9枚」全文公開!ブログは月5000万円の稼ぎに!?

▶️船越英一郎が週刊文春に真相激白!松居一代からの暴言暴力 

▶️船越英一郎が離婚を決意した2つの出来事!チーム松居とは 

▶️小林麻央の空白期間の治療が謎すぎ!? 1年8ヶ月何してたのか

▶️船越英一郎の不倫相手とされる女性が反撃か 辣腕弁護士の妻だった

▶️松居一代が船越英一郎のダブル不倫と裏切りを暴露!文字起こし 

▶️松居一代の陰謀論は炎上商法狙いか!?船越英一郎なぜ沈黙!? 

▶️小林麻央への賞賛の嵐が異常すぎ!?過熱報道もアンチは黙殺される

▶️市川海老蔵に三度の過ち!?週刊新潮が放つ気功疑惑とは!? 

▶️小林麻央の空白1年半は3人目妊娠願望で治療拒否だったのか!?