毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

高島礼子と高知東生が復縁してた!?現在は事実婚状態の謎

スポンサードリンク

ころもです。

 

高島礼子さんと高知東生さん、高高コンビがなんと現在、事実婚状態であると7/23号のサンデー毎日が報じています。

なんでまた戻るわけ!?

ちょっと、仲間由紀恵さんを思い出してしまいました。

有名売れっ子女優ほど実はモテず、一度掴んだお相手に対する執着が強い。そんな先入観が裏付けされたような気持ちになったほど。

なぜ、許せるわけ!?

 愛想が尽きてると思ってたのに

思えばまだ1年しか経っていないのですね。あれは昨年6月のこと。

 

高島さんにぞっこんかと思われた高知東生さんが、元レースクィーンの愛人と共に覚醒剤取締法違反で、あろうことか横浜のラブホテルで現行犯逮捕されたのでした。

 

懲役2年、執行猶予4年の有罪判決が下されたのがそれから3ヶ月後の9月。なんだか遠い昔の話のようですが、まだ1年ちょっとしか経っていないことに驚き。

 

当時「女たちの特捜最前線」が放送中だった高島礼子さんはCMやスポンサーへの影響を考え(高知さんが留置場から離婚届を送っていた)9月の判決を待つことなく離婚を決断したといわれました。

 

確かに当時の空気としては、もう一刻も早く別れたほうがいいという声一色だったように思います。

 

前々から高島さんのほうが惚れていたということはちょこちょこ耳に入っていましたが、薬だけでも許せないのに、自分を裏切って浮気をし、その浮気現場で一緒に薬をやっていて現行犯逮捕されたなど、一ミリの未練も持ってはダメだと他人事ながら思ったもの。

 

すっぴんではなく、ファンデーションと簡素なメイクで記者会見に挑んだ高島さんの思いのほか老けた様子にまだまだ未練のようなものも感じたけれど、さすがにこの浮気と薬のダブルパンチに「これは別れる以外の選択肢はない」と勝手に結論を出したものでしたが。

 

なのに、ああ、なのに‥‥

 

やっぱり惚れていたのだな、まだまだ、と思わせる今回の記事。怒りより、切なく、情けない気持ちです。

 

全くの他人であるけれど、あれだけのことをしておきながらたとえ相手に復縁をのぞまれても堂々と断ればいいものをと高知さんには思ってしまうし、あれほどの裏切りにあいながら、執行猶予中である高知さんが今年の4月に再度オープンさせたというエステサロンの資金の面倒を高島さんがみているなんて、ありえませんから!

 

しかもその会社の代表の住所登記も捕まる前まで二人が暮らしていた世田谷の高島宅だというではないですか。

 

ありえない。情けない。腹立たしい。

 

それって、全然別れてないし、ずっとつながりっぱなしじゃないのよ。

 

 

なんだかなです。

 

介護のために芸能界引退というのも嘘、おしどり夫婦を気取っていい夫を装っていたのも嘘、愛妻家どころか浮気をしていて、薬にまで手を出してしまった夫と縁を切れない。切ろうとしない。

 

う〜ん。愛なのか、情けなのか、悟りなのか。

 

孤独死が怖いという理由で高齢者の婚活も話題になるこの頃、まさか自分の最期を高知さんと共に‥‥なんて思ってるのだとしたら、お金があっても有名であっても、人生の末路はなんだか切なさ一色という感じがしてなりません。

 

ころもでした。

 

(参考元:7/23号 サンデー毎日)

 

▶️小林麻央の空白期間の治療が謎すぎ!? 1年8ヶ月何してたのか

▶️船越英一郎が離婚を決意した2つの出来事!チーム松居とは

▶️船越英一郎の不倫相手とされる女性が反撃か 辣腕弁護士の妻だった

▶️松居一代が船越英一郎のダブル不倫と裏切りを暴露!文字起こし 

▶️松居一代の陰謀論は炎上商法狙いか!?船越英一郎なぜ沈黙!? 

▶️小林麻央への賞賛の嵐が異常すぎ!?過熱報道もアンチは黙殺される

▶️市川海老蔵に三度の過ち!?週刊新潮が放つ気功疑惑とは!? 

▶️小林麻央の空白1年半は3人目妊娠願望で治療拒否だったのか!?