毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

浜崎あゆみ 付き人25人いて「あの仕上がり」にネット騒然

スポンサードリンク

ころもです。

 

7月6日放送の『今夜くらべてみました』を観ました。

ひどかったですね、浜崎あゆみさん。

 

体型も服装も化粧も仕草も私生活も付き人の人数も、なにもかもがひどかった。

 

ふくよかであるのが一概に悪いのじゃない。ヨガの先生までつけていながら、どうしてあんなだらしない体型になっているのかを皆んな疑問視しているだけ。

 

お金持ちだね、成功者だね、そう言って欲しいわけ!?

見苦しかったのは浜崎さんだけじゃなかったですね。仕事だから仕方ないといえばそれまでですが、出演者みんなが「よいしょ」し続けて気持ちが悪かったです。

 

過去の栄光にすがるのがみっともないというのは言わずもがなのはずなのに、見え透いたそのやり方を踏襲せずには今の浜崎さんを満足させられなかったのでしょうか。

 

放送作家もお気の毒ですが、気概がないですね。

 

みんなで神輿をかついで、過去の人を讃えて何が面白いのでしょう。第一、なんで今頃になって急にバラエティにポツポツと出演することになったのか。

 

チケットもなかなか売れず、声も出ず、アーティストとしては非常に厳しい状況に追い込まれている浜崎あゆみさんであることは、普通に日々エンタメニュースを目にしている人なら大方分かっていることばかり。

 

それでも、隆盛を誇ったときのCDセールスや歌を流してあの頃の気分を思い出してください、あのときのAyuの凄さを讃えてくださいといわんばかりのスタジオの空気は見ていてこちらのほうが恥ずかしくなったほどです。

 

25人の付き人から悪意さえ感じられる!?

青いシャドーにマイケルジャクソンのような奇妙なアイライン、真っ赤に近い唇といういつの時代かわからない、ただの厚化粧でしかないメイク。

付き人の中に数名いるメイク担当の方からよほど恨まれているのでしょうか。浜崎さんに好意を抱いている人がしてあげるメイクじゃないですね、あのメイクは。

 

まるで、ファンデーション担当、アイメイク担当、口紅担当と個別に担当が別れているような分離した、統一感のない散らばった感じのするあの化粧は頂けません。

 

愛情のある方たちがほどこすメイクではないです。

 

それはもちろん、ファッションにしてもそう。石田純一さんがセーターを首から下げてソックスを履かない姿をいつまでもさらして格好いいでしょ?

 

と勘違いしているのと同じ匂いを嗅いでしまいました。

時代遅れです。

 

『しゃべくり007』に最近出演した際も、豊満になってしまったボディが強調されるワンピースの色やデザインが話題になりましたね。

 

あれはデコルテが華奢な場合には似合うものですが、残念ながら今の浜崎さんには残酷なデザインでした。

 

特にファッションに詳しくない素人でさえ、あの衣装はちょっと‥‥と思うようなものを、付き人が25人もいてなんで気づいて、あるいは忠告してあげられないのか。

 

行き着く答えは、快く思われてないからだろうな、という個人的な感想です。お金をもらっている以上、仕事として割り切っているだけで、一個人としてはもしかしたら浜崎さんのことを「快い人物」として見ていないのじゃないかと、そう勘ぐりたくなるほどの仕上がりにしてしまってますね。

 

体型だってそう。

 

ヨガは痩せるためにやっているわけじゃないにしても、もう少し健康的な体型に修正できないものなのでしょうか。

 

『今くら』では、一ミリでも大きく見せたいのかしきりと目を見開き、みんなが豪邸のひとつひとつの説明に驚くたびに

 

「何がそんなに不思議なの?」と言いたげな、昨日今日生まれたようなぽかんとした表情で、浮世離れした自分に酔っているように見えました。

 

全盛期のときと同じかそれ以上の付き人を抱えたままでどこまでいけるのか、それはわかりません。

 

でも、今までは露出しなかったバラエティへのここへきての連続出演はなぜなのか。CDの売り上げが芳しくない、人気の凋落が目に余る、そんな噂が蔓延しているからお金には決して困っていない、最盛期のときと全く変わらない人気で、付き人の数ですよと強調したいのかと勘ぐってしまいます。

 

手を叩き、谷間を見せ、大口で笑っちゃダメダメよ

何かあるたびに誰よりも必死に手を叩き笑う姿は痛々しいものがありました。何がそんなにおかしいのだろうとも思ったし、本当におかしいなら顔をもっとくしゃくしゃにして笑えばいいのにと思ったり。

 

周囲にあれだけ気を遣わせて自分は気持ちがいいのだとしたら、あまりに悪趣味だし、裸の王様すぎる。

 

みんなはあと少しの我慢だ、仕事だからやりこなそう、と思っているのかなと視聴者が心配しながら見るというのもいかがなものか。

 

両脇が鏡になっている階段に、お雛様のようにずらり飾られたシャネルのカバンたち。そしてイメルダ夫人のような大量のハイヒールに何百あるのかと思わせるほどのサングラスコレクション。

 

 虚しい絵面です。

しかも‥‥

 

実際に使っているならいざ知らず、眺めているのが好き、絵のように見るのが好きという、世の中の貧富の何たるやを知っている人たちからは間違っても恥ずかしくて出てこないような発言が飛び出すあたり、本当に、すべてが「痛い」としかいいようがなかったです。

 

なんでも自分一人でできる女の子に憧れる、、スマホはうまく使いこなせないといい、冷蔵庫の中の食料も自動的に補充されていく生活といい、なんだか不器用自慢がまたどうしたものか。

 

自分がいかに大物か。

 

それを見せることが人生の最終的な目的だとしたら悲しすぎますね。あの頃、最盛期の頃の浜崎さんには少なくとも歌詞の中に、あの方だけが持つ独特の美学、哲学があった。

それが心地よくて、ころももCDを1枚買ったものです。

 

歌手なら、やはり歌で人の心を動かしましょう。それこそが、本当の財産になりますよ。

 

ころもでした。

 

しゃべくり浜崎あゆみが嘘連発!?スマホ苦手発言にファン呆然

しゃべくり浜崎あゆみのぶりっこがイタい!?佐藤仁美に似てる

しゃべくり浜崎あゆみが激太り!?インスタと現在が別人すぎる

船越英一郎が週刊文春に真相激白!松居一代からの暴言暴力

小林麻央の空白1年半は3人目妊娠願望で治療拒否だったのか!?