毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

板野友美が現在の水着写真集で豊胸疑惑再浮上!?毎回別人のよう

 

 

 

ころもです。

 

芸能人といえば整形。

 

整形といえばあの人、この人といった感じで必ずや名前が挙がる人たちがいます。

その中の一人といっていいでしょうか、元AKBの板野友美さんが久々に写真集を出しました。

 

毎回ですが、名前を見るまではそれが板野さんとは気づかないというのがなかなかに興味深い。

今回も、やはり誰なのかすぐには、というかタイトルで名前をちゃんと見るまでは気づかなかったほどです。

 美ヒップ披露も胸が小さくなった!?

「一朝一夕」という言葉はたまにききますが、一朝一夕とまでは言わないまでも、ちょっと見ない間に急激に変化するということが板野友美さんの場合は過去ありました。

 

胸です。

 

8月25日発売予定の3rd写真集に対し板野さんは、

 

「人はさまざまなことを吸収して、日々変化していると思います。その時の環境や、心の変化で表情が変わったり、同じ笑顔でも心情によって変化があらわれますよね。そんな細やかな変化や新しい私と出会っていただけたらうれしいです」 

 

とコメントしています。

でも、なぜでしょう。

どうしても素直に読めないのです。

 

新しい私と出会っていただけたら、という言葉ひとつをとっても、いやいや、毎回見るたびに新しい板野さんを感じています。毎回顔の印象が違うじゃないですかと思ってしまうのです。

今回の写真集では、人間・板野友美を重視して肉体の生々しさも追いかけた一冊と銘打っているのですが、幼児体型だし、飛び上がった静止画はあばら骨が見えていてとてもではないですが肉感的からは程遠いものに感じました。

 

でも何より違和感を感じたのは、その胸。

 

いつぞやは、78㎝Bカップがファンの間で定説だった板野さんの胸が急に巨大化してGカップかと思われるほどの大きさになっていて話題になりました。

 

豊胸疑惑が出るのが自然なほどの、急激な変化といっていいでしょうね。露骨すぎる。

 

けれども今回は、「そうだよね、そのぐらいが自然だよね」の大きさに戻っているのです。抜いたのかな!?

っていうことは、やっぱり豊胸してたのかな‥‥

 

ビフォーアフターがわかるような世界にいるのに大丈夫なのかとこちらのほうが心配になってしまいます。

 

そんなことを思いながら先ほどのコメントを読んでいると、公の場に登場するたびに整形疑惑や豊胸疑惑が出る自分への反響を予想して、先制攻撃をしかけているように思えてならないのです。

 

実際、本当によく顔の印象が変わります

 

特徴だった八重歯がなくなったり、顎が不自然なまでに尖りすぎたり、一時期流行ったアバターを思わせるような横顔にと、不安になるほどコロコロ変化。

 

顎が気になる芸能人ツートップは個人的には大竹しのぶさんと板野友美さんです。

 

板野はデビュー当時から顔立ちが激変し、特に不自然に尖ったアゴは「人体の構造上ありえない」とまで一部で指摘されている。同じく整形疑惑のある韓国の俳優チャン・グンソクと顔立ちが似ているため、同じ病院で施術したのではないかとの説まで浮上した。もし仮に彼女が"整形狂い"となっているのであれば、行き着くところまで行き着いた顔のお直しに続いてボディに目が向いたとしても不思議はなさそうだ。(引用元:メンズサイゾー)

あちこちお手入れをしている、あるいはお手入れをするのが好きなのだとしたら、その結果というのか、評価、評判というのも気になるところでしょう。

 

おそらく、「別人みたいだ」「整形だ」「豊胸だ」というネットの声は当然本人の耳にも届いているはず。

 

だとすれば、今回の3rd写真集に向けての先ほどのコメントも納得がいくというものですね。

 

ネットではこの7年ぶりの写真集発売の記事に祭し、

・もっと前、胸おおきかったような‥‥
・新しい私って、改造済みということ?
・アゴがシリコンのせいで尖りすぎて宇宙人みたい
・また、手を加えたということですね

とさんざんなコメントばかり。

 

サンスポなど「神ボディー」披露などという言葉をタイトルに使ってますが、見ればすぐにばれてしまう嘘をなぜつくのか。

かえって本人に失礼ではないのか。

 

ちらほら「神ボディ」ならぬ「紙ボディ」だという声のほうに、自然共鳴しているころもです。

あひる口、いいかげんやめたほうがいいですね。