毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

錦織圭の彼女観月あこが全仏で大恥!?招かれざる客か

 

 

 

ころもです。

 

全仏オープンが終わってしまいました。応援していた錦織圭選手のベスト4入りは叶わなかったものの、実力はもう世界一位のマレーと五分五分でしたね。

 

ただメンタル面がまだ実績に追いついてないかな、もったいないミスをしたあとの苛立ちや焦りなんかがすぐ顔に出ちゃうし、ラケットを投げて歪めちゃうなんていうのはもってのほか。

 

そこはこぶしを握って踏ん張って欲しかった。

 

大興奮のコート、それを見つめる大勢の観客。でも、その一角では試合前に別の闘いがあったようですね。

 

まさか苛立ちの原因の一つ?

 

現在の錦織選手の彼女である観月あこさん、気に入られてないんですね。関係者席へ座ろうとしたら錦織選手のマネージャに、

『君はここに座れない。一般席に移りなさい!』

と言われて追い出されたというじゃないですか。

 

関係者席へ座ろうとしていたということは、私は錦織選手の彼女よという自覚と自信、何より、錦織選手本人からの同意もあってのものだと思うだけに物凄い恥をかかされた感があります。

 

そんななか、錦織選手のご両親は何事もなかったように息子のウォーミングアップの様子を見守っていたというのですから、なかなかのアウェイっぷり。

 

ご両親が観月あこさんのことを息子の彼女として認めていたならば、あるいは好感だけでも持っていてくれてたなら、こんな恥ずかしい思いをさせなかったでしょう。

 

あなたは関係者席には座れない、座らせない、座らせたくない。

 

つまり、あなたは関係者じゃない。少なくとも私たちは認めないという宣言でもあるわけですから、場外バトルここに極まれりって感じでしょうか。

 

 

日本一稼ぐスポーツ選手である息子ですもの?

 

アメリカの経済誌『フォーブス』が6/8に発表した2016年版スポーツ選手長者番付によれば、なんと錦織圭選手が日本人では最高で、29位。

 

その年収は約35億8600万円。

 

それは何が何でも関係者になりたいわけですよね、観月あこさん。でも、だからこそ関係者席においそれと座って欲しくはないですよ、ご両親にしてみれば。

 

すべて憶測ですが、気に入っている息子の彼女に対して大勢の前で恥をかかせるような真似はしたくありません。

 

寛容に「どうぞ」と関係者席に座らせるには、あまりに錦織選手は偉大になってしまいました。

 

たかが関係者席、されど関係者席。

 

錦織選手に今後どんな彼女がいいのか、これからどれだけ稼ぐのかわからない彼が今後誰と付き合うにしても、ご両親の壁は厚そうですね。

 

それにしても錦織選手、すごい年収です。

観月あこさん、いつになったら関係者席に座れるのでしょうね。

 

私が両親なら、やはり相当彼女については下調べをするかもしれません。

 

ころもでした。