毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

電車で痴漢と間違えられ駅員に呼び止められたらどうするか

 

 

 

ころもです。

 

腹立たしい事件、事故が多発してますね。

なかでも、個人的にどうしても納得のいかないものに「電車での痴漢行為」の末路があります。

 

痴漢と間違われ、線路に逃走の挙句電車に轢かれて死亡などという結末に至っては、もう言葉がありません。

 

もちろん、痴漢を確実に行ったのなら受けるべき罰をしっかり受けるのは当然だけれど、それを誰がどうやって証明するのでしょう。また、できるのでしょうか。

 

言ったもん勝ち。

 

信じられないことに、結果として被害者と自称する女性が「この人痴漢です」と言ってしまえば、どんなに清廉潔白に生きてこようが、人助けだけの半生を送ってこようが全く意味がない、関係ないものになってしまうほど悲惨な現実があります。

 

無実なら堂々としていればいい。

 

そんな簡単な話ならどんなにいいでしょう。現実には、痴漢行為を疑われた時点で人生終了、キャリア終了、家族離散という未来だってありうるわけです。

 

被害者は嘘を絶対つかない前提がおかしい

 

以前、何かの番組で二人組、つまりカップルで結託して誰かを痴漢にしたてあげ、捕まえた挙句に示談金をせしめる、という内容の特集がありました。

 

冤罪はかなりの確率でありうる。なのに、一人の人間の人生を終了に追い込むのにもし「この人、痴漢です」の一言だけで成立するとしたら?

 

いつまでたっても、男性と女性車両をきっかりわけないJRにもその対策についてのすべてを聞いてみたいものです。

女性車両を形骸的に作ってみても、男女ともに乗車できる車両があるのじゃ全く意味がありません。

 

完全に分ける。

これをしないでいる理由は何なのでしょうか。

 

それはまた別の機会に取り上げるとして、とにかく、女性は嘘をつかない、あるいは、「痴漢です」と誰かがいえば、弁解の余地もなく駅員によって駅員室に連れて行かれ、警察に引き渡され取り調べを受けるという流れ自体本気で議論されなくては「明日は我が身」で到底安心して電車になぞ乗っていられません。 

 

痴漢と疑われたらどうするか

これから掲載する記事を読んだとき、一人でも多くの人にこの知識を伝える必要があるなと感じました。

 

選択肢がないばかりに命を落とす判断をし、選択に迫られる。それでは、本人はもちろんのこと、その家族や愛する全ての人が哀れすぎます。

 

何が正解なのか。どうするのが一番確実なのかは、コメンテーター、あるいはメディアによって食い違いがあるので、「オンリーワン」なことは伝えないほうがいいかもしれないという気持ちはあります。

なので、知識として知っていたほうがいいと思うから掲載するという主旨を汲み取って頂き、今後の生活で突如あなたや、あなたの愛する人が遭遇するかもしれない危機に使える知識のひとつとして覚えて頂くのがいいと思います。

 「駅員室に連れていかれると、ある種の定型的なマニュアルの対応のみがなされます。被害者と容疑者が別々にとどめ置かれ、その間、駅の事務員は最寄りの派出所に連絡する。被害者側の誤解だった場合も、駅員が当事者の間に入って最低限の事実確認をすることなどはなく、加害者とされた人の言い分は一切、聞いてもらえません」鳥海弁護士

(週刊現代より転載) 

 特筆すべき点を赤にしました。

誤解だった、つまりは冤罪であった場合でも、言い分を一切聞いてもらえないという事があるという事実。恐ろしいです。

 

また、

 

「被害女性らに取り押さえられたら『私人逮捕』、『常人逮捕』となり、現行犯逮捕という手続きで、駆けつけた警察官に身柄を拘束されてしまうんです。派出所あるいは最寄りの警察署に連れて行かれると、痴漢があったものとして取り調べを受けることになります。このルートに乗ってしまうと、なかなか逃れる術がありません」

(痴漢事件精通する裁判官出身の弁護士、井上薫氏)(週刊現代より転載)

 前述の鳥海弁護士はさらに、

「かと言って逃げた挙げ句に捕まれば、裁判では最大限に不利な証拠になります。当然、裁判官からすると『何もしていないなら、きちんと主張すれば良かった』となる。ですが、なにもしていないと主張しても解決しないから、社会問題になっているわけです」(週刊現代より転載)

と続けています。

 

弁護士がそう言っているのです。近所の井戸端会議での話でも、空想でもありません。それが現実なんだということです。

 

完全に冤罪ならば、いちかばちか逃走したくなる気持ちもよくわかります。そんな理不尽、不条理なことでこれまで築いてきたもの、こと、人の全てを手放さざるを得なくなると想像したら誰だって逃げたくもなります。

 

ではどうすればいいのか

 

これを知っておくのとそうでないのとでは、大げさじゃなく人生がまるで変わってしまうと思います。

 

「女性に疑いをかけられた時に一番やってはいけないのは、責任感から被害女性にきちんと説明したいと、ホームにい続けることわかってもらえません。むしろ第三者が来る前に、やっていないと宣言して毅然と現場を離れてください。暴力を使ってはいけませんが、出勤途中なら、そう言って仕事に行けばいいと思います。それは予定通りの行動ですから、逃げたことにはなりません。駅員室にもいく必要はありません。駅員には拘束する権利はありませんから、たとえ呼び止められても従う義務はないんです。現行犯逮捕でなければ、逮捕状を発行するために十分な証拠が必要で、警察も慎重に捜査することになります」(前述・井上弁護士)(週刊現代より転載)

 

これだけのことを、なぜメディアはしっかり国民に教えてくれないのでしょう。知っていれば、命を落とさずにすんだ冤罪の人間もいたかもしれないのに。

 

こういう、すぐにもできる告知をせずに、くだらない芸能人の不倫ばかりを報道しているから視聴者のテレビ離れも日々深刻になっているのだと確信します。

 

ころもとしては、この記事を読みながらもうひとつのことを伝えたいと思いました。それは、犯人かどうかもわからない人間を、女性が「捕まえて!」と叫んだからといって鵜呑みにして確保したりしないことがせめてもの正義だなと思ったということ。

 

もちろん、中には本当に痴漢を働いている人もいるかもしれないですが、疑わしきは罰せずを「痴漢疑惑」にも適用することは当然あってしかるべきと思います。

 

ましてや、あの通勤ラッシュ、あの通勤地獄のなかで、人の体に一切触れずに目的地につくことがいかに至難の技か。

 

一度でも満員電車、通勤ラッシュの体験のある人ならわかるはず。被害者にしても、自分のひとことで相手が命を落とすことまでは望んでいないはず。ましてやそれを証明もできないのであればなおのこと。

 

痴漢を疑われただけの人間を、女性の「捕まえて」の一言があっただけで、鬼の首をとったように、あるいは刺し違えるかのごとく命がけで捕まえる行為はいかがなものか。

 

ころもはどうしても解せないのです。