毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻央「癌の陰に隠れない」から「もう隠れて」ヤフコメ炎上

スポンサードリンク

ころもです!

「癌の陰に隠れないで」という医師の言葉で開眼した小林麻央さんの風向きが明らかに変化してきました。

 

というか、完全に変化しました。

 

もういいから「癌の陰に隠れて」という声も聞こえるほどヤフコメ炎上。

元気になったのはいい。子供を放置してどうなろうが他人はどうでもいいからそれもいい。

 

問題は、広げた大風呂敷の存在をまるで忘れたブログ内容に変化してにもかかわらず、そのことには一切触れることなく未だに「バナナジュースだ」「感動スイッチが入った」などなど、検討違いのポエムや空の写真を更新し続け「シラー」っとしていることでしょう。

 何がいいたいのかさっぱりわからない。

何が目的で始めたのかもさっぱりわからない。

そもそも、「なりたい自分になる」というのは、自分が享受している贅沢な暮らしをこれでもかとひけらかすことをさしていたのか。

 

高額なウィッグをとっかえひっかえ、高額の病室から高額のマンションと傷ついた病人をさらに奈落の底へ突き落とすような嫌な気分にさせることがそれほど楽しいことでしょうか。

 

みんなアンチにしたいのかな

 

そんなヤフコメの声を知ってか知らずか、むしろヤフコメをすべてアンチにするまでとことん書きまくる、更新し続けるのだ!と言わんばかりの厚顔無恥なブログに成り下がってしまったようです。

 

実際、ブログを読まずともわかってしまうヤフーニュースのおかげでというか、せいでというのか、引っ越し先のマンションの家賃から中身まで知ってしまうことになるのですから困ったもの。

 

擁護派は言います

好きで読んでいてよく言うよと。

しかし、おそらくこれら情報をキャッチしている人のほとんどはブログは見てません。意地でも見になど行かないでしょう。

それでも嫌になるほど目に付くヤフーニュースによって、タイトルが目に入ってしまう。目に入ってしまった時点で非常に気持ちがイライラする、もやもやする、そういった方々がいることも事実なわけです。

 

中身を読まずとも、小林麻央さんが本当ならばステージ4、癌末期ということを知っている以上、やはり心に重い陰をおとし、気分が落ち込んでしまう人というのは少なからずいるのです。

 

そうである以上、そしてその方々が「ブログを頼むからニュースとして記事にするな」と懇願している以上、少しは本家本元の張本人である麻央さんには他人を思いやる、それこそ「スイッチ」が入ってもいいのじゃないかと思うわけです。

 

一番いけないのはそんな一般女性のブログを皇室のつぶやき以上にニュースにする記者、ヤフーのほうですが、そんなヤフーのブログ誘導を「渡りに船」とばかりに限定記事にもせずに嬉々として更新し続けるのはやはり人としていかがなものか。

 

ころもなら、好かれる必要はなくとも嫌われて嫌われてあの世へいくのはいやです。