毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻央ブログ批判コメ殺到で炎上!アンチ急増もスルーの謎

スポンサードリンク

ころもです、こんにちは!

 

小林麻央さんの記事に関するヤフコメが連日炎上しています。策略かと思えるブログに加担したくないので、ころもはブログは極力見ません。

極力といったのは、たまに写真をどうしても見たくなる記事がYahooに掲載されてしまうので見てしまうときがあるからです。

 

反省、そして「やられた」感にさいなまされる瞬間です。

 先日、お昼の「バイキング」のなかでMCの坂上忍さんが「小林麻央さんは配慮の塊のような人」という暴言を吐いて、またヤフコメが炎上しました。

 

「何をバカなことを言っているんだ、あなたは」

 

代表して感想を一行で表現するなら、そういう言葉になります。

何もわかっちゃいない人しか、そんな言葉を鵜呑みにすることはないです。それほどに、配慮とは真逆の、配慮の「は」の字もない厚顔無恥で傍若無人なポエム的ブログ記事が、どんな圧力によってか毎日毎日、切り口だけを少し変えて各社から一斉にYahooに掲載され続ける異常。

 

もはや、日本は「小林麻央」の動向を知らずして一歩も前へ進めないんだといわんばかりの、狂信的なまでのかぶりつき感。

 

 

純粋は「鈍感」と同義語なのではないか

 

まともな人々はため息とともにヤフコメにせめてもの怒りを放ち、もっと傷つき疲弊した人々は人知れずYahooから離脱していっている。そんな現状です。重要人物が暗殺され、多くの不条理な事件事故が増え続ける、ニュースの絶えない日々にありながら、Yahooだけは連日連夜、馬鹿の一つ覚えのように「小林麻央劇場」を掲載し続けている。

 

どんな鈍感な人間でも、そこに「何か取り決め」的なものを嗅ぎ取ってしまうでしょう。実際、そうなんだところもは随分前から睨んでいました。

 

今や「ニュース記事は読まないけどヤフコメだけはオモシロクて読んでいる」と公言して憚らないほど、人々はこの小林麻央さんの記事を「奇々怪々なる日本の謎」として愛読しているようです。

 

見識ある常識人、あるいは小林麻央さんの純粋な支援、応援、ファンであった方々でさえ現在は「アンチ」にシフトしてしまっていることが、ヤフコメを読んでいるとわかります。

 

そりゃそうです。

 

拙い日本語、理解しがたい文章には「ピュアなだけ」と優しさを加味して読んでいた人々も、毎度毎度Yahooトップニュースになるどうでもいい食欲やショッピングネタに振り回され続けた挙句、ようやっと、「ピュア」だと思っていたブログ内容は、実は「鈍感」であることの証明以外の何物でもなかったのではないかと自分のお人好しさ加減に気がつくわけです。

 

そして、なぜか落ち込み、次に腹立たしくなるのです。

 

純粋に応援していた人のそもそもの動機は何だったか

卓越したアナウンサーであったわけでも芸能人でもなかった小林麻央さんがこれほどまでに注目されるようになったのは、おそらくかなりの確率で「余命わずか」と思わせるに十分な、あの市川海老蔵さんの昨年の「深刻なガン」「なかなかに厳しい」ガン闘病発言があったから。

 

現在二人に一人がガンになる時代。

 

身内でガン患者を抱えている人、自身がガン闘病中の人もどれほどの数にのぼるか。統計を知るまでもなく、心があれば容易に想像できることです。

 

ならば、テレビで見知っている芸能人が同じ病で闘っている、しかも同じ病の人間たちに励みになるようなブログを始めたいと大義名分まで掲げたのだから、「これは何か参考になることがあるにちがいない」と思ったことでしょう。

しかしいうまでもなくそんな当初の意気込みや宣言はあっさりと裏切られ、今ではブログのコメントの反響に呼応させる、仕組まれたようなネタの連続に辟易し、炎上の日々です。

 

このままでは闘病の末完治でもしようものなら、大ブーイングになってもおかしくないほど。

 

もっというなら、病に打ち勝てず召されてしまったとしても「やっとブログが掲載されずにすむ」という安堵の声のほうが悲しみの声より勝ってしまう可能性だってありえます。

もちろん、若いのだからまだまだ夢や希望もある。子供も旦那もいる。おしゃれもしたい。いろいろあるでしょう。

誰もそんなことをとやかくいっているのではないのです。アンチを責める人々は、嫌なら見なきゃいい、読まなきゃいいといいますが、これまでのYahooでの掲載方法、掲載頻度、これらを少しでも把握している人なら、それがいかに不可避なものかがわかろうというもの。

ほとんど暴力的なまでに飛び込んでくるあのニュースは、中を読まなくてもタイトルだけでも嫌悪する人々には気の毒としかいいようのないものばかり。

 

強調したいのは、ブログに何を書こうがそれは個人の自由。ましてや自分の生きがい、病人の生きがいならそれは大いにやっていいと思います。

しかし、小林麻央さんの場合は、初期設定がそうじゃないはず。ガン闘病中の患者さんたちの「ためになる」という大義名分で人寄せをしたのです。

 

なのに、集まった途端に知らんぷり。

 

子供の寝言や幼稚園の送り迎えやいつまでもちやほやされたい自撮り写真など何の興味もないことばかりで、ガンの経過、治療内容、副作用、日々どんな体調なのかといった一番知りたい、必要最小限、最低限の情報さえ載せない。

 

これはもう、自分だけ助かろうとしている。

と言われても反論できるのだろうかと思ってしまいます。実際、相当の高額治療が行われていることは想像に難くないですが、もしかしたら民間人の中にもそれだけの費用が支払えるガン末期患者さんがいるかもしれないとは考えないのでしょうか。

 

それとも、反感が買われる可能性があるほうが、それによって一人でも助かる可能性があることよりも重要だということなのでしょうか。

 

そうなのかもしれませんね。

 

もし小林麻央さんを本当に思う人が近親者に一人でもいるのなら、辛いでしょうが、絶交されるかもしれないですが、これ以上のアンチを増やして、負のエネルギーが病気をさらに悪い方向に誘わないよう、ひとこと「謙虚さと、想像力を忘れずに」といってあげてください。

 

せめて、限定記事をYahoo記事にされたならば「怒る」「注意する」といったアクションが必要でしょう。

 

そうでなければ、炎上商法といわれてもぐうの音も出ないだけでなく、今まで生きてきた評価されてもよかった部分さえ消えてなくなり、アンチ急増に精を出すという日々に貴重な人生を奪われてしまいかねません。

 

ころもは「小林麻央」さんの記事を読むたびに、生き方の反面教師としては大変意義のあるブログだなと思うことは多いです。

 

ヤフコメ批判殺到で悲しすぎるから、ブログ内容を見直して欲しいと小林麻央さんのブログコメに書いた人が「削除された」と悲しげにヤフコメに書いていました。

 

真実が届かない「裸の王様」になってしまったら、あまりにも悲しいですね。

 

ころもでした。

 

麻耶ウキウキで海老蔵宅で夕ご飯!姪っ子の初料理にお呼ばれNew♪ 

海老蔵 二人の母へアンチエイジングの贈り物!?採血若返りかNew♪

麻耶ミサイル発射も未だハワイ気分!?海老蔵親子は別行動!?New♪

海老蔵 麻央の愛犬を麻耶親子に返すために仔犬購入か!?New♪

海老蔵 小林麻央基金を断念か!?24時間TVでの発表のみ中止かNew♪

 

麻耶 海老蔵との不謹慎ハワイ旅行批判対策に愛犬利用か

麻耶ブログで「妹」のおかげ連発!再びハワイ旅行おねだりも

老蔵ブログに5人分のスイカ登場で麻耶親子同居確定か

麻央が不憫すぎる!麻耶のはしゃぎすぎブログに違和感の声急増 

麻耶と海老蔵 麻央の月命日に同じ夕陽をブログにUP!婚約報告か!

 

麻耶に麻央が憑依した!?ブログ写真の目が麻央そっくり

麻耶の天下か!?海老蔵とハワイ旅行の次の野望は永遠同居か

麻耶ハワイ大はしゃぎに「神経疑う、麻央が可哀想」の声続出

麻耶と海老蔵 ブログに同じ虹写真をUP!示し合わせたか

麻耶ブログに同じ髪型の小林母登場!不謹慎同居も納得の写真か

麻耶ブログ写真で海老蔵親子と一緒と判明!イルカ講習で脚が