読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻央へのアンチ急増!ヤフコメでは非難集中でも報じられず

スポンサードリンク

ころもです、こんにちは。

 

異様なムードが漂ってきました。小林麻央さんのニュース記事の頻度と持ち上げられ方の異常さのせいで、最初は応援ムードだった一般人の方々のエールの声のほとんどがアンチ麻央と化してしまいました。

 

がん末期、ステージ4の患者でありながら、ここまで批判、非難、アンチの多い芸能人をころもは知りません。

 

でも、なぜここまで嫌われてしまうのか、アンチが急増してしまったのかは、毎回掲載されるヤフー記事のコメント欄から十分に理解できています。

 

 

同じがん患者のために参考になれば‥‥

 

そんな始まりだったはずの、そんな動機だったはずの小林麻央さんのブログ記事は現在何を言いたいのか、初志貫徹の真逆の道に迷走中です。

 

現に闘病中の患者さんや身内の方が知りたいことはいうまでもなく、どうしたら病気に打ち克つことができるのか。

 

その一言に尽きるはず。

 

最初の想いはどこへやら

 

小林麻央さんの勇気あるガン公表、同じ病で苦しんでいる方への参考になればのブログは「励み」どころか「格差」を見せびらかすためだけのような稚拙なポエムとなってしまい、またそう評されています。

 

実際、多くの読者が目にするヤフーには連日連夜、ほぼ欠けることなく麻央さん、あるいは姉の麻耶さん、夫の海老蔵さんが登場し、一般人の我々にはある意味まったく関係のない日々の「独り言」がアメリカの大統領と同レベルで存在していますね。

異常です。

 

まるで日本でガン患者として闘病中なのは小林麻央さんただ一人のようなこの空気は異様としか言いようがなく、夫婦そろってブログ収入が莫大であることもさることながら、命に関わる、瀬戸際の状態を切り売りしながらのブログ更新に頭をひねるばかりの日々。

 

命のためにお金が必要だからブログをやる。

なるほど、そういうことなのでしょう。

 

けれども、そのブログ更新のために多くのアンチを作り、果ては鬱陶しいと非難を浴び、その負のエネルギーの膨大さが本人の病気に悪影響を及ぼしやしないかとそちらのほうが心配になるほどです。

 

ヤフコメのなかにある声で特に印象的で共鳴できたのは、これほどのアンチがいるにもかかわらず、好意的な意見しかないと世間に思わせるようなニュースばかりが流れること。

 

せめて、好意的な声ばかりじゃない「声」があることも等しく報じてくれればいいものを、すべての人が麻央さんのブログに心打たれ、感銘し、涙しているような印象を与え続けるのだから読まされるほうはたまったものではないです。

 

麻央さんは確かにお気の毒です。

 

けれども、それは麻央さんだからじゃなく、まだ年若いという、その「一点」においてそう思うのであって、誰にしても、どんな立場の人であっても苦しい状況であればそれは大変なこと。

 

特別に同情されること、特別な医療を受けられること、それが当たり前の人間がいては本来はいけないのです。

 

想像力が旺盛ならば、おそらく今のような強気なブログ内容にはなっていないでしょう。

 

生きたいという気持ちは当然持っていていいものだし、持つのが当然です。

 

しかし生きたくても生きられない、貧困によって満足に医療も受けられないという人々、現実があるということを少しでもわかっているならば、とてもではないが書けない内容ばかりが麻央さんのブログには多すぎるといわざるを得ません。

 

世の中には地を這うようにして病を隠し、生活のために通勤している人々もいます。生きるためには仮に病状を告白したほうが気が楽になるかもしれない場面であっても、ヒタ隠しにしなければならないことも現実にはあるのです。

 

すべてのがん患者が裕福で、最先端、最新の医療を受けられるわけじゃないのです。

ましてや、家族が一丸となって子供や身の回りの世話をしてくれるなど、願っても得られない。

 

そんな状況の方々のほうがほとんどと言っても過言じゃないでしょう。

 

アンチ麻央急増なのに、なぜどこもそれを報じないのか。

 

そんなヤフコメもありました。本当に不思議です。個人的なブログなのだからどんな稚拙な内容であろうと、ポエムだろうと、句読点が多過ぎようと、最先端治療の内容を書かなくても勝手じゃないかという声もあります。

 

そうです。個人ブログなら勝手です。

ただしそれが、ヤフコメの速報やニュースにならないなら、です。

 

知りたい人が求めてそこへ行く手段があるのに、脅迫的に日々目立つ場所に記事が置かれることのない個人ブログならそれも許されるでしょう。

 

しかし、麻央さんは明らかに違います。

 

 

もはやアンチの方が多いかも

 

ブログをお子さんたち、あるいは記録として残したい気持ちはよくわかるし、それを止める権利はないといえばないのですが、世の中の空気は決して一色ではないことを、本当に彼女を大切に思う人々の誰か一人でも勇気をもって伝えてあげたらいいのに‥‥

 

と、そう思うのは「ころも」だけではないはず。

 

自分自身のブログに残される好意的なコメントが世の中すべての声ではないことを知る必要があるのじゃないか。

 

毎日毎日、ヤフコメを見ながら、これほど多種多様な立場、意見が無視され好意的なコメント一色のみを現実の声として広めようとするマスコミの意図は果たしてどこにあるのか。

はなはだ疑問です。

 

麻央さんの病気が良くなる上で大切なことは、これ以上アンチを増やさない、負のエネルギーを増大させないことなのではないかと個人的には心配しています。