読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

浜崎あゆみMステウルトラフェス2016で顔も歌も劣化の激変ぶり

スポンサードリンク

こんばんは!ころもです。

 

いや〜書かずにいられない、書かずにいられますか、ってことで慌ててパソコンに向かいましたよ。

 

何がって、Mステウルトラフェス2016の浜崎あゆみさんです。

もう〜ひどい。なにもかもが激変、いや、わかっていたけど更に酷くなっているではありませんか。

 

まず、顔が違う。

笑い顔はひきつり、まともに笑い顔になっていない。あれ、日本語までおかしくなってしまいました。

笑い顔じゃなく、笑顔がとにかくひきつっている。その激変ぶりをタモリさんに至近距離でみられたくないのかと勘繰りたくなるような、裾が広すぎる白いドレス。

それもまた痛い。

 

その直前に歌った久々登場の宇多田ヒカルさんが歌手としても女性としてもいい具合に熟して、でも適度に枯れていて、美しい年の取り方をしていただけに直後の浜崎あゆみさんの姿は厳しいものがありましたね。

 

近頃ではプライベートなことでしか話題性がなく、歌手なのかグラドルなのかわからないようなお仕事が増えていたこともあって、一体どういう方向に向かっているのだろうと不思議だったのですが、今夜のMステウルトラフェス2016の歌声を久々に聴いて悟りました。

 

もう、歌で勝負していくのは現実難しいのだなということ。

 

いい歌だったのに‥‥

 

披露した歌は16年前に大ヒットした『M」に「seasons」など。

 

いい歌だったのに、歌い出しから音程もおかしいし不安定でとても聴いていられない感じ。

どうしてこんなことになっちゃったの?

 

声も出ないから振り絞るときには、思い切りしゃがんじゃってるし。

 

昼間に歌っていたマイリトルラバーも声が震えて、街中を歩いているOLが無理やりステージに立たせられて震えて怯えて歌っている風だったけれど、それはそれでまだ可愛かったのかもしれない。

 

今に思えば。

 

だって、自分の歌が披露するほどのレベルじゃなくなっていることがわかっているからこその「震え」だったと思うし、実際、あれは緊張から云々という言い訳が成り立たないほどのひどい出来だったもの。

 

それでもまだ、自分のことが見えているという点においてはましだったと思えてしまう。

 

それほどに、今の浜崎あゆみさんは自分を見失っているのじゃないかと思えてならない。

 

レースクィーンの格好をしてみたり、下着姿でマドンナ風を装ってみたり、情緒不安定を絵に描いたらこうなるの?

 

というほどに迷走に迷走を重ねていると感じてしまう。

 

静止画よりは確かに動いていたほうがいいものだから

 

最近出演する音楽番組では決まって大げさに動くから、カメラも満足に静止画がとれないといった感じで、それがまた意図があるように思えてしまう。

 

眉間の感じも違う、目の感じ、表情もよく読み取れない。何より鼻が松雪泰子みたいになっている。こんな顔だったかな、こんな顔じゃなかったよな、歌の歌詞どころかそんなセリフばかりが頭を中を行ったり来たりで歌がまともに入ってこない。

 

ああ、あゆはもう違う「あゆ」になってしまったのねとやけに納得してみたり、とにかくパソコンに向かいたい、そんな衝動になってしまいました。

 

21歳で芸能界を引退した山口百恵さんの懸命さを想いながら、ふと、「去りどき」「消えどき」そんな四文字を考えていたものです。

 

歌姫といわれながら、そして実質本当の意味で「歌姫」であった中森明菜さんがずいぶんとおひさしぶりにディナーショーで復帰するという朗報が入ったかと思えば、浜崎あゆみさんは現役であるにもかかわらず、すでに「歌姫」の称号を剥ぎ取られたも同然の今現在を生きている。

 

どちらも辛い、どちらも生き地獄。

 

続けることも、やめることも、本当に難しい。

 

ただ言えることは、それが自然の「枯れ具合」ならいいのだけれど、無理なあがきによって間違った無人島に流れ着いたようになっている切なさといったらいいのか‥。

 

その点、同じ「歌姫」という称号を早々と授かってきたはずの宇多田ヒカルさんはとても素敵な歳の取り方、生き方をしているように感じましたね。

 

無理がない。無理を感じない。

 

なにより、しがみついてない。

 

それは若さ、歌、芸能界、すべてにおいて「見切っている」凄みがある。

 

そんなことを感じた今夜のMステでした‥‥。

 

たくさんいい歌があるのだから、浜崎あゆみさんにはボイトレを積んで欲しいと思いました。歌詞の才能もあるのだし‥‥ね。

 

 

ではでは、ころもの毒舌でした。おやすみなさいm(_ _)m