毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

夏目三久が卒業で番組も終了!? マツコや有吉も賞味期限切れか

スポンサードリンク

 

ころもです、こんにちは!

 

番組の改編期にあたる4月がやってまいりましたね!

今まで当然のように座っていた人々が入れ替わる時期。とはいえ、今年はのっけから激震が走りっぱなしの芸能界なので、多少の入れ替えぐらいじゃものともしないのですが‥‥。

 

 

さすがに、これはどうなのか?

 

というのが「怒り新党」にレギュラー出演していた夏目三久アナウンサーの卒業。

だってですよ、あそこはどう考えても有吉弘行さんとマツコさんとは違うテンポ、発想の人が必要なわけで、そういう意味ではあの噛み締めながらモノを言う夏目アナは最強だったわけです。

 

う〜〜ん、と真剣に考えたり、交わしたり。

 

あの間合いが毒舌を緩和し、軌道修正し、投稿者の質問に立ち返らせ、正気に変える最高のカクテルだったのに、もう酔えないじゃないですか!

 

夏目アナのあのソックスも見れなくなるぅ〜〜、って、そこじゃなくて、

 

やっぱりニュートラルな感覚で猛獣使いのように二人を冷静に操っていた夏目アナ目当てで見ていた視聴者も大勢いたわけです。

 

それが番組が終了するなら仕方ないにしても、続行するのに卒業させるとは‥‥。

 

もったいない。

 

そして、わかってない。

 

夏目アナだったからこそ、あの二人の奇抜さが際立っていたというのに、今度はあの席に誰が座るのだろう。

 

それにしても有吉さんは本当にマツコデラックスさんに気を使いすぎている。それが視聴者にあまりにも直球で伝わってきている。

 

よくないですねぇ

 

マツコさんが言えばすぐに同調。本当にそう? とこちらが眉唾に思ってしまうほどの見えてしまうものがあって、なんだか怖い。

 

お金を得るってことは魂を売ることだということを、なんだか売れすぎてMCが増えすぎたお笑い芸人を見ていると感じてしまう。

 

その笑いは営業ですね?

 

どんな毒舌もそのお愛想笑いで消せると思ってワンセットなのでしょうが、そのワンセットがそろそろ視聴者のチャンネル替えに拍車をかけていることに気づかないと、ベッキーのようにあっという間に過去の人になってしまうかもですよ。

 

そんなふうにハチャコはお節介いにも思ってしまうわけですよ。

 

夏目アナの後釜は、こうなったら「5時に夢中」をいきなり降板になってしまった岡本夏生さんではどうでしょ?

では。