毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

得する話題

週刊朝日2019「危ない食品リスト」公表!見分け方と選び方

ころもです。 どう考えても今日食べるもの、これから食べるものが自分の身体を作っていくことは確かなわけです。 お腹が膨れればそれでいい。 そういう人はそれもまた人生ですから、思うように人生を生きればいいです。 けれども、 せっかくこの世に生を受け…

医師が実名回答「本当に飲んでいる市販薬」トップ5発表!

ころもです。 目薬を買いにドラッグストアに行くだけでも、その数の多さに圧倒されます。 余裕のある状況での買い物ならまだしも、これがすぐにも欲しい市販薬の場合、的確なアドバイスがあればどれほど助かるか。 長雨で体調を崩しやすいこの時期。 ほんの…

週刊現代2019!納得できない「病院と薬」を替えて命を守る!

ころもです。 こと命に関しては遠慮など要らない。 わかっているつもりでも、相手が病院、医師、薬となるとなぜか遠慮気味になってしまう。 遠慮してはいけない「究極のもの」があるとするならそれは「命に直結する決断」をおいて他にないはず。 命を惜しみ…

体の不調は家のせい?「健康を害する家」の特徴とは

ころもです。 なんだか居心地の悪い家というものがあります。 何がどうなのかと言われてもすぐには答えられないけれど、なんとなくそこにいるだけで具合が悪くなるような感じ…。 ”家の基礎は健康の礎” ということで、今回は6/25号『週刊SPA』より、「病気に…

女性セブン2019発!食べてはいけない「加工肉食品」を見抜く

ころもです。 「加工肉や赤肉は、発がん性のリスクが高い」 これは、2015年10月にWHO(世界保健機関)の外部組織、国際がん研究機関により発表された調査結果ですが、多少なりとも食に知識のある人々にとってはもはや常識となっていることでもあります。 ま…

申請しなきゃ損!プロが勧める「国から貰えるお金」32選

ころもです。 「どうして教えてくれなかったの!?」 「だって聞かれなかったから」 そんな会話をしたことが誰でも一度はあるでしょう。 われわれは「自ら問う」ということにあまり慣れていないというか、必要なことは相手から通知なり報告があると根拠なく信…

週刊新潮2019公表!第2弾食卓の「発がん性」物質・商品公表

ころもです。 本日は『週刊新潮』2019の第二弾として、またまた悩める記事をご紹介します。 ちなみに皆さんは「アクリルアミド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 なんとなくそんな名前を「聞いたことはあるけど説明はできない」という方がほとんど…

週刊新潮2019食べてはいけない添加物ざんまい「お寿司」実名

ころもです。 お寿司。 回転寿司の普及もあってかなり身近なものとなりました。 安いし手軽、何より「ヘルシー」だと思わせてしまうところが大きい。 けれど、実態は果たしてどうなのか。 「食べてはいけない」シリーズで評判の『週刊新潮』からまたもや気に…

高齢者や頑固な父親に運転免許の返納をさせるテクニックとは

ころもです。 高齢者の交通事故が増えています。 アクセルとブレーキの踏み間違い、逆走… 自分から率先して免許を返納してくれる場合はいいですが、大抵は「自分の場合はまだ大丈夫」と高をくくって一向に返納する気配がない。 しかし事故が起こるまでは、何…

専門家が警鐘!「危険な食べ合わせ、薬の組み合わせ」リスト

ころもです。 単品では身体に良くても、組み合わせによっては毒になるものはあります。 好きだから、美味しいからと好き勝手に食べることは自由ですが、組み合わせによっては求めた栄養が得られないばかりか、栄養の吸収が阻害され、効果も半減、場合によっ…

週刊新潮2019公表!食べてはいけない「パン」の危険物質とは

ころもです。 「食べてはいけない」シリーズで好評の『週刊新潮』。 今回はそんな新潮の新たな特集となる、 「食べてはいけない『パン』の危険物質」 記事をご紹介します。 物事に「絶対正しい」ということがないように、「絶対後悔しない」生き方というもの…

必読!女性が飲み続けると危険な「市販薬と処方薬」実名公表

ころもです。 大型連休に突入することで、楽しみもあるでしょうが不安を感じている人も少なくないことでしょう。 たとえば持病のある人。あるいは慣れない場所や人に出会うとなんとなく体調が思わしくなくなりお薬が手放せない人など、それこそ千差万別、十…

アンチエイジングのプロに訊いた「老化が止まる」食品リスト

ころもです。 生きていればこそ。 いきなり何を言い出すのかと言われそうですが、 生きていればこそ これが今日も明日も明後日も変わらぬ人生の要(かなめ)であり、もっと肉薄した言葉を使うなら、「明日には、否、5分後には死ぬかもしれない自分」が肝に…

週刊新潮2019!継続的に食べてはいけない塩分基準値超え外食

ころもです。 料理の仕上げに塩を足す。 すると実にしっくりくる、こういう体験は多くの人が持っているもの。 しかしなんでも「過ぎたるは及ばざるが如し」で、健康を害するほどに塩分を増やしたのでは元も子もない。 厚労省の「日本人の食事摂取基準」(201…

知っとこ!「医者が飲まない市販薬と処方薬」実名リスト

ころもです。 医療番組を見ているといつも思うこと。 それは…、 説明している医師の日常をドキュメンタリー風に放送して欲しいということ。 そこまでわかっている医師本人は一体どのような日常を送っているのだろうかと多くの視聴者が興味関心を持っていると…

週刊現代が実名公表!血圧を上昇させる花粉症薬とは

ころもです。 健康のためなら死んでもいい。 とても笑えないこの言葉、けれど多くの人が実は日々の生活のなかで似たり寄ったりのことをしているのですよね。 だからといって、アレもダメ、これもダメでは神経がおかしくなるわ!と言いたい気持ちも十分過ぎる…

食べてもいい「超加工食品」を見分ける方法とは!?実名リスト

ころもです。 食べてはいけないものが増えて買い物が憂鬱。そういう消費者、だいぶ増えているのじゃないでしょうか。 今回は本日発売『女性セブン』から、そんな消費者の助けになる記事をご紹介します。

米欧州では使用禁止!?発がん物質が入ってる外食の危険性とは

ころもです。 本日発売『週刊現代』に、今回も大変興味深い記事が掲載されていました。 医療健康大特集となっているその記事のタイトルは、 「あなたと家族を守る最新知識 第1部 「増粘剤」「トランス脂肪酸」「リン酸塩」「異性化糖」アメリカ・ヨーロッパ…

週刊現代2019!添加物の塊の「PB食品実名」リストを公表

ころもです。 「PB食品」とは何か。 ウィキペディアでの説明によれば「小売店・卸売業者が企画し、独自のブランド(商標)で販売する商品」ということになるわけですが、今回はこのPB食品の危険性をピックアップした記事をご紹介します。 取り上げてくれたの…

長生きリスク不安に保険は適さず!?入ってはいけない保険とは

ころもです。 新しい年になって、保険を見直しているという方も少なくないことでしょう。節約して少しは貯金もしなくちゃ。 そういう人にとって、固定費となって毎月必ず出ていく保険というものは見直すべき項目の最たるものかもしれません。 ただ必要な保険…

時間が経つのが年々早く感じる理由はそうだったのか!

ころもです。 わかっているようでわからない。 そんなもののひとつに「時間の経過」があります。 具体的に言うならば「時間の経つのが年々早く感じる」という、あの感覚です。 週が始まったと思えばすぐに週末がやってくる。起きたと思ったらいつのまにか夕…

危険!?な韓国産輸入食品の「食品衛生法違反」最新リスト公表

ころもです。 嵐の前の静けさならぬ、嵐のあとの大騒動。 おそらく今日の日本列島は「嵐」一色になることでしょう。 ひとそれぞれに想うところがあるでしょうが、ここではひとまず、今日これから口に入る、いわば自分という肉体を形成する食べ物の話をしてい…

危険な中国食品を回避せよ!国産と中国産を見分けるヒント

ころもです。 食にこだわらないでもすぐには死なないかもしれない。でも、微量とはいえ蓄積されていく毒がやがて自身や家族の健康を蝕んでいく。 そんな未来がたやすく想像できるのに、今が良ければそれでいい、すぐに発症しなければ別にいい、安いんだから…

降圧剤に発ガン性物質!?危険な中国製品最新リストがこれ!

ころもです。 メイド・イン・チャイナの危険性が改めて注目されています。 冷凍春巻きからは食品衛生法の基準値の3倍、中国産のくわいからは基準値の14倍の農薬が検出され、落花生からは発がん性のカビ毒が検出されるなどさんざん。 しかし近年さらに深刻…

早ければ来年にも日米で実用化!?「がん光免疫療法」への期待

ころもです。 2017年にガンで亡くなった人は約37万人。死因トップである「ガン」。 「万が一」どころか「2人に1人」がガンになる時代に絶望的な気分になる人も少なくないでしょう。 けれど…… がんに罹ったとしても、そのガンをいともたやすく治せることが…

年末年始がチャンス!?親の認知機能低下サインはこの10項目!

ころもです。 年末年始が近づくと憂鬱になる方も多いことでしょう。 久しぶりの実家、親や愛犬との再会。 本来なら手放しで喜びたいところでしょうが、現実はなかなかに厳しいもの。 否が応でもつきつけられる漠たる不安が一気に押し寄せる季節、それが年末…

要注意!組み合わせると危険な「薬と食べ物、飲み物」

ころもです。 なるほど確かに「くすり」を反対に読めば「リスク」となる。 言葉とは実に面白い。 しかし面白いと笑ってばかりいられないのが今日の話で、やはり薬につきものの副作用についてもっと知る必要があるわけです。 どんなに良い薬でも、食べるもの…

警鐘!海外で禁止または制限されている日本の「食品リスト」

ころもです。 海外で規制、あるいは禁止されている食品が日本では堂々と売られ食卓に並んでしまうことがあります。 日本と海外、住む場所は違えど同じ人間であることに変わりはないのにどうしたものか。 「国産だから心配いらないわよ」 そんな言葉が聞こえ…

知る得!?患者に出すのに医者が「飲まない・飲みたくない薬」

ころもです。 これいいよ。 そう言って他人に薦めはしても自分は使わないという「モノ」は決して少なくありません。 趣味や思考、信条や価値観… 見た目は似たような人間であっても「あまりに人それぞれ」なのだということが一番の理由といっていいでしょう。…

孤独の「健康被害」を数値化!?運動不足より危険なリスクとは

ころもです。 「孤独死」というワードが他人事に思えない。そういう人が増え続けています。 一人で亡くなっていく人を乱暴に「孤独」という言葉で一括りに表現することは完全に間違いだと思っていますが、「孤独であること自体が死の原因になる」という事実…