読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻央ブログ批判コメ殺到で炎上!アンチ急増もスルーの謎

ころもです、こんにちは!

 

小林麻央さんの記事に関するヤフコメが連日炎上しています。策略かと思えるブログに加担したくないので、ころもはブログは極力見ません。

極力といったのは、たまに写真をどうしても見たくなる記事がYahooに掲載されてしまうので見てしまうときがあるからです。

 

反省、そして「やられた」感にさいなまされる瞬間です。

続きを読む

松本伊代「線路事件」の書類送検で見えた発達障害の噂

ころもです。

こんにちは!

今朝テレビをつけて一番に入ってきたニュースは、松本伊代さんと早見優さんが書類送検されたという話題でした。

かつてのアイドルだったこの二人と「書類送検」という言葉のミスマッチ。これが異様に耳に残り、そして「なんだかな〜」という少し疲れた溜息がもれたものです。

 

続きを読む

断捨離でカバンを減らしたいが捨て時や基準を教えて欲しい

ころもです、こんにちは!

人生なんとなく淀んでいるな〜と感じる時ありませんか。

 

そういうときは、きっとあれです。断捨離の時期が近づいているということです。

正直言って、いやいや、少しも大げさじゃなく「いつだって断捨離したい」と考えている自分がいます。

読者の皆様も実はそうなんじゃないでしょうか。

なにもかもがあふれている。情報からモノから雑事まで、追われ追われて座っているのに落ち着かない。お茶してるのに心ここにあらずという瞬間、きっとあると思います。

 

そろそろ、本当に向き合わないと限りある人生を心地よく過ごせない時間が長くなってしまうかも‥‥。

だから一緒に考えてみましょう。

本当に過ごしたい空間、時間、人生そのものについて。

続きを読む

福原愛のダブル披露宴に「嫌い」続出!ディズニー挙式値段は

ころもです、こんにちは!

何が話題といえば、卓球女子の福原愛さんですね。

 

通称「愛ちゃん」ですが、ウエディングドレスの谷間を見てしまってからはとても気軽に「愛ちゃん」とは呼べない雰囲気になってしまいました。

 

とにかく違和感満載の現在の福原愛さん。

 

これまで、どれだけストイックな生活を送ってきたらこれほど世間の空気を読まずに長きにわたっておのろけの日々を送り続けることができるのか。

脳内お花畑と言われても、かばってあげることも難しくなりました。

 

続きを読む

いきものがかり活動一時休止の理由は!? 放牧期間のなぜ

こんばんは!ころもです。

いきものがかりが解散!?

活動一時休止のニュースにSMAPの理不尽解散がフラッシュバックした方もいるかもですね。

でも慌てるなかれ。
活動一時休止であり、彼ら流に言わせれば「放牧期間」に突入させてね、というだけのことのようです。

続きを読む

小林麻央へのアンチ急増!ヤフコメでは非難集中でも報じられず

ころもです、こんにちは。

 

異様なムードが漂ってきました。小林麻央さんのニュース記事の頻度と持ち上げられ方の異常さのせいで、最初は応援ムードだった一般人の方々のエールの声のほとんどがアンチ麻央と化してしまいました。

 

がん末期、ステージ4の患者でありながら、ここまで批判、非難、アンチの多い芸能人をころもは知りません。

 

でも、なぜここまで嫌われてしまうのか、アンチが急増してしまったのかは、毎回掲載されるヤフー記事のコメント欄から十分に理解できています。

 

続きを読む

小林麻央の余命より退院より気になる医療費と治療法は!?

こんばんは!ころもです。

 

小林麻央さん、と言う名前を見ただけで今は様々なジャンルに感情が分かれていくんでしょうね。

 

不思議な書き出しかもしれませんが、もっと不思議なのは小林麻央さんの現状です。今どこでどんな治療をされているのか。なぜ毎日ヤフーではアンチが増えて行くことを推進するかのように小林麻央さんのブログを毎日毎日アップしているのか。

続きを読む

浜崎あゆみMステウルトラフェス2016で顔も歌も劣化の激変ぶり

こんばんは!ころもです。

 

いや〜書かずにいられない、書かずにいられますか、ってことで慌ててパソコンに向かいましたよ。

 

何がって、Mステウルトラフェス2016の浜崎あゆみさんです。

もう〜ひどい。なにもかもが激変、いや、わかっていたけど更に酷くなっているではありませんか。

続きを読む

木村拓哉と工藤静香の夫婦共演なら人気急落にとどめか

 

ころもです、こんにちは!

 

木村拓哉さん。

ずいぶんと名前から受ける響きが変わりましたよね。

もう「あのときの」木村さんじゃない。

誰がどう言おうと、もう「あの頃の」キムタクではない。

まさかの人気急落に歯止めはかかるのか。う〜〜ん、それは‥‥‥

続きを読む